ほんとうの株のしくみ (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.82
  • (6)
  • (13)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569760643

作品紹介・あらすじ

企業価値を引き出せれば、株式投資でもう迷わない! たった5分で株の割安度がわかる「ざっくり企業価値評価」を伝授する実用的入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わかりやすく、どういった株が狙い目になるのか、本質的なところからわかりやすく書かれている。

  • シンプルに書かれているので、腑に落ちた。
    これなら自分でも取り入れられそう。

  • 【5分で弾く株の価値】
    ステップ1: 「事業価値」を見積もる。
    ステップ2: 「財産価値」を見積もる。
    ステップ3: 負債(借金)を引く。
    ステップ4: 発行済株式数で割って1株の価値を出す。p68

    ⇨実例 p75

  • とてもいい!コレ買う!

    割安株の判断についてシンプルに書かれています。

  • 買ってもいいと思う。
    とってもわかりやすかった。

    5 第五段階

    17宝くじは、1回のギャンブルでもっとも損なかけ。
    胴元が52%も徴収するから

    ★22 不動産には、合計10種類以上の税金が課せられる

    23 株、外貨預金のコスト比較

    ★40マンション投資なら6-9%の利回りを求める

    ★44妥当価格を割り出す計算式

    ★46 利益1万なら、株価は14万が妥当

    48価格の下落は、買い

    71 必要情報 インターネット集

    95,96 割安株の探し方 ネットアドレス

    156 株価上昇の原因9つ

    157 カゴメ

    193 割安かどうか?が、大事

  • 中盤にかけて身内の運営する投資家向けサービスのステマかと思いきや、後半には他の本に書いてありそうで書いていない心構えについての記載があり、タメになりました。

  • 株式投資で利益を出すシンプルな考え方を叩き込まれる。「割安な時に買って、高くなったら売る」
    そのための具体的な算出方法も解説されている。
    投資の専門知識がなくてもわかるように優しく解説されているので読みやすかったです。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

早稲田大学政治経済学部卒業。1999年より大手コンサルティング会社でM&Aに従事し、カネボウやダイエーなどの企業再生に携わった後、独立・起業した。企業の実態を可視化する「シェアーズ」を運営、2010年に一度売却するも、2012年に買い戻した。現在はコンサルティングなど複数の事業・会社を経営する傍ら、執筆・講演を行っている。専門は貨幣論・情報化社会論。

「2015年 『10年後世界が壊れても君が生き残るために今、身につけるべきこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口揚平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デールカーネギ...
トマ・ピケティ
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ほんとうの株のしくみ (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×