書店ガール 3 託された一冊 (PHP文芸文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.69
  • (116)
  • (322)
  • (273)
  • (33)
  • (4)
本棚登録 : 2299
感想 : 271
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569761848

作品紹介・あらすじ

東日本エリア長となった理子が東北の書店で見たものとは。一方亜紀は出産後、慣れない経済書の担当となり……。大ヒットシリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 亜紀の従姉妹の舞のような優秀な人が仕事を続けられる社会にしたい。でもどうすればいいのだろう。現場の現実解は難しい。

    東日本橋大震災が残した心の傷は、当事者でない私には計り知れない。10年以上経った今、どのような支援が出来るのかも分からない。ただ、こうして時々本を読んで思いを馳せることしか出来ない。

  • 変わらず好きなシリーズ。
    主人公の二人とも、大人になってきた(生意気な表現だけど)ってことなんだろうなぁ。
    もちろん元々大人なんだけど、さらに。
    離れ離れになってしまうのは少し淋しいな。
    まだシリーズ7まであるから、きっとまた一緒に働ける!

  • 本屋の意義、それぞれの家庭や職場での立場に、震災に合った人達との本を通じての関わり。
    本屋さんの仕事の奥深さと登場人物の抱える悩みに惹き込まれてしまう。
    単純な感想だけれども自分も一緒に働いている職場のような気にもなる、本当に面白い小説。

  • 吉祥寺の本屋、新興堂書店の店長として働いていた理子が、この巻では、エリア・マネージャーに昇格し、東日本の店全部を担当することになっていた。
    そして、新たに新興堂書店に統合された、仙台の櫂文堂書店を訪れ、その店の看板スタッフの沢村に会う。仕事はできるが無愛想な沢村は、実は東日本大震災で元妻を亡くし、今でも被災地の図書館にボランティアに行く度に義母を訪ねていた。
    理子は、沢村に被災地を案内され、震災後3年経って震災が忘れられかけていること、被災した人たちは、複雑な思いを抱きつつも前向きに生きようとしてしていることに気づく。
    そして、その春のフェアを"震災フェア"として仕掛けたところ、関東の他の支店も同時開催することとなり、震災関係の本の紹介とともに、沢村の義母たちが手作りしている雑貨を書店で販売し、好評を得る。
    今年が被災から10年ということもあり、震災の記憶が語られるシーンには一層涙を誘われた。

    また、母になった亜紀は、職場に復帰してからも、新しい部署で戸惑いつつ、仕事と育児の狭間で悩み、子供の麻疹をきっかけに、しばらくは書店の現場より新宿本店で事務をする決心をする。

    震災3周年が主題ながら、書店ガールたちは着実に成長していた。

  • 東日本エリアマネージャーになった理子が仙台の老舗書店をリニューアルオープンさせるところから始まる。被災地や被災者の現状も展開するので、大して影響がなかった私でもチリチリするものがある。

    ちょうど仙台旅行へ行く新幹線とアンパンマン ミュージアムとホテルで読んだのが偶然にしてはタイミングがよい。

    震災当日何をしていたか、直後に行った東北出張、あちこちの家でブルーシートがはられた屋根、岩手県で見せてもらった更地となって何台もの重機が動く海岸など、いろいろな物を思い出す。

    何の支援もできないけど、本文にもあった、東北に行くことだけでも支援になるという言葉を信じて旅行します。
    市街の本屋さんには寄れないけど、新幹線構内の本屋さんには寄ってみようと思う。

    亜紀と理子の絡みが減ってしまうのかな。さみしい。

  • 私は本を読む時の感情移入が尋常じゃないぐらい激しい(と思っている)ので、どちらかと言うとエンターテイメント性が高い本を読むことが多い(感情を何日か引きずるので)。

    このシリーズの1、2は、割とテンポのいい働く女子の日常の話だったので、それに続けと3も勢いよく読んだのだが...。
    全般、東日本大震災に関わる書店さんの目線の話で、読み進めていくにつれ段々心が苦しくなっていることに気づいた。きっとこれは現実の話に近いだろうし、軽々しく言葉を紡いではいけないが、今更ながら自分の無力さとか、何も出来なかった自分への罪悪感がムクムクと湧いてきて...。どのような状況の中でも、この本の中の人たちのように自分の出来ることをちゃんと見つめて行動に移せる人がいるのに。本当尊敬しかない。

    本がその人の人生に与える影響というものは、予想外に大きいものなのだろう。この本の中でも沢山の本が出てくる。言葉が心に与える希望は計り知れない。

    私は若輩者ながら常々、デリケートな心にぴったりと寄り添える言葉を上手くかけてあげられる人になりたいと思っている。そのためにもこれから沢山の本を読んで、自分の中に沢山の言葉を蓄積していきたいと再確認させてもらった本でした。

  • シリーズ第三弾。

    子育てと仕事への意欲の間で悩む亜紀。
    出世して仙台の書店リニューアルを任された理子。

    あいかわらず読みやすくて良かったんですが、
    今回は理子と亜紀の周囲の人達がとても魅力的でした。

    仙台の店長・沢村が強く印象に残りました。
    大切なお客様にハガキを送った熱意もさることながら、
    震災後、一度も泣けなかったという苦しみの深さを思います。
    震災のお話はやはり胸が締め付けられます。
    「仙台の人間はとりあえず前を向いて歩こうとしている。
    いつまでも被災地扱いされたいとは思っていない。」
    という言葉が印象的でした。

    他にも、
    亜紀に憧れてバイトを始めた愛奈。
    偏屈だけど、案外亜紀を気に入っていたおじいさん・広瀬。
    次は愛奈におちょっかいを出すのね(笑)

  • 理子と亜紀の関係がとても素敵。1巻では距離があって意見が合わない者同士だったはずが、いろんな困難を乗り越えて信頼できる関係になっている。
    そういった書店員の成長過程がとても面白いし、今回は震災の事も絡めてとても読み応えがありました。
    「愛のゆくえ」いつか読んでみよう。

  • 好評の「書店ガール」シリーズも3作目。
    このシリーズ、いいですね。
    もうすぐドラマ化されるのも楽しみ☆

    書店員の若手で目立つ存在だった小幡亜紀も今や30歳。
    産休が開けて半年後という。
    新興堂書店・吉祥寺店の朝礼から始まります。
    決まっている挨拶を皆で唱和するのですね。
    ささやかなようでも、大事なことをさりげなく。

    一方、店長の西岡理子は、昇格して、東日本地区を統括するエリア・マネージャーを兼任しています。
    仙台の櫂文堂が吸収合併されたため、店名はそのままだけれど、そちらの指導へも出かけなければならない。
    こちらを敵視しているかもしれない店員たちの中に乗り込む難しさ。
    しかも、カリスマ的なほど有名な副店長・沢村稔もいた。
    最初はよそよそしい沢村だが、実は互いに会う前から認めている存在だったとわかってきます。
    震災の影響が大きかった仙台で、理子が見聞きしたこととは‥

    亜紀は担当が替わって、知識のないジャンルの質問にも答えなければならないが、自信喪失気味。
    働く母親としての悩みもリアルです。
    幼い子供がいて働くのは大変なこと。
    保育園に預けていても、ちょっと熱が出ればすぐ呼び出され、引き取りに行かなくてはならない。
    夫は協力する気が全くないわけではないけれど、仕事が忙しくて結局頼りにはならない。実家が近くて、母親が協力的だから成り立っているとはいうものの‥
    定時には帰り、遅番も固定と、何かと優遇されている亜紀に対して、冷たい視線もあるとは大変ですねー。

    震災後3年がたち、離れているところではやや風化しかかっているかもしれない。
    書店で何が出来るのか?
    理子たちの企画に、亜紀や、後輩のバイト生・愛奈が協力し、書店の一角に特集コーナーを設けることに。

    日常的だけど決して離れられないリアルな悩みにあくせくする日々に、震災という大きな出来事が突きつけられます。
    自分たちのささやかな体験を振り返るのも大事なことだという気がしました。
    おそらく綿密な取材から選び抜いた表現であるのでしょう。
    震災を扱った本が多数上げられているのも、参考になると思います。
    震災は今後日本のどこで起きるかわからない、どこで起きてもおかしくないのだから‥
    小さなことでも何かを心がけていかなければ。

    言葉の力、それをまとめておくことのできる本の力。
    非常時にも人は本を必要としたという。
    本を人に届けようとするさまざまな努力に胸を打たれる心地がしました。
    最後はいつもの仕事場で、晴れ晴れと挨拶するシーンで、よかったです☆

  • 今回は東日本大震災のあった東北の本屋さんとの関わりがテーマになっている。
    そこで理子はとても辛い経験をした
    書店店長沢村さんと出会い
    東京でイベントを企画する。
    とても重いテーマだけど
    みんなきちんと向き合って
    真剣に取り組む姿に
    やっぱり彼女たちは素晴らしいと思った。

    他にも亜紀の子育てとお仕事のことや
    元気なバイトちゃんが登場したり
    3巻もいろんなお話がうまく同時進行して
    読み応えがありました。

    書店ガールが7巻まであることを知り
    びっくりするとともに
    「しゃばけ」の次は
    書店ガール読破だな、と
    また楽しみが増えました。
    頑張りまーす♪

全271件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。フリーライター、出版社勤務を経て、2006年『辞めない理由』で作家デビュー。大人気シリーズ作品「書店ガール」は2014年度の静岡書店大賞「映像化したい文庫部門」を受賞し、翌年「戦う!書店ガール」としてテレビドラマ化され、2016年度吉川英治文庫賞にもノミネートされた。他の著作に「銀盤のトレース」シリーズ、「菜の花食堂のささやかな事件簿」シリーズ、『スケートボーイズ』『1939年のアロハシャツ』『書店員と二つの罪』『駒子さんは出世なんてしたくなかった』『跳べ、栄光のクワド』などがある。

碧野圭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×