情緒と日本人 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.55
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569763620

作品紹介・あらすじ

人と人との間にはよく情が通じ、人と自然の間にもよく情が通じます。これが日本人です――憂国の数学者が日本人に伝え残したこととは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岡潔、入門書。

    ①善行 人のためにする行い。
    自分のために、という匂いを
    少しも出さないように。
    日本人は敏感。

    ②教育は意欲の方に目をつけて
    することだと思います。
    意欲を見る。はげます。
    ある程度まで来てから、理想を掲げる。

    ③岡潔の祖父の教え。
    人を先にし、自分を後にせよ。
    これ、かなり難しい。
    定期的に思い出さないと、まだ全然
    身についていない。

    ④いいことしましょう×
    悪いことするな。
    いいこと、って難しいよね。
    いいこと、ってなんだろう。
    でも、使っちゃうんだよね。安易に。

    読みやすいので、繰り返し読みたい本。
    その時の自分によって、立ち止まるところが
    違うと思う。

  • 著者の箴言の詰まった名著。ただ、いくつか内容が重複している箇所があるので、編集さん、もうちょっと頑張って削ぎ落したらどうでしょう。
    おや?と思うところもあるが、時代性を勘案することで納得できる部分もある。巻末の松下幸之助との対談がなかなか面白い。SNS全盛の現代においては、自分に近い考えや価値観のグループ内での遣り取りに慣れ、意見の違う個人同士の対話の場や機会が失われている状況である(一方的な攻撃はよく見かける)。こうした時代であるが故に、対面の対話場が求められるのであろう。

  • 読了。日本の大数学者の各種エッセイからの抜粋分で構成。あまり詮索することなく本屋で手にとったこともあり、よい選択をしたとは思えなかった、ふつうにエッセイ等を読めばよかった。エッセイ内容に数学の文字はほぼ無く、約1万年、あるいは10万年の歴史を持つ国としての日本観を主軸に、現代(といっても50年以上前)を憂い、批判するもの。現代人も馬鹿ではないので(とわたしは思っている)、考古学的発見と学者による正確な統計の整理等を無知ながら傍観して見る限り、それほど岡潔の言うことが的を得ているとはわたしには思えない。それは少年の犯罪の凶悪化や、言葉の通じなさに見る脳波の異常等の発言。実際にはここ100年で少年犯罪は激減しているし、穏やかになっている。欧米化によって変わり失ったものは大きいだろうが、脳波云々の話ではないだろう。というわけで、疑問に思うことは多いが、読むなかで自分が付箋を貼ったページの多さから見て良書の可能性はある。繰り返すが抜粋元を手に取るべきだった。

  • 世界的数学者であり憂国のエッセイストである岡潔氏(1901~1978)が描く情緒(人の心)の世界「情緒と日本人」、2008.2刊行、2015.4文庫化です。箴言集でもあります。情緒と日本人、日本民族、数学と芸術と文学と、教育の4つの章立てです。読み応えがありました。なるほどと感じることばかりでした。①人の中心は「情」であって、情の根底は「人の心の悲しみを自分のからだの痛みのごとく感じる心である。②人は情緒(心)を形に現わして生きている。その情緒が形に現れるとき、喜びを感じる。それが生きがい。真善美みなそう

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1901年大阪生まれ。京都帝国大学卒業。フランス留学を経て、帰国後、広島文理科大学、北大、奈良女子大で教鞭をとる。後年、多変数解析函数論の分野における超難題「三大問題」を解決し、数学者としてその名を世界に轟かせた。1960年に文化勲章を、1963年に『春宵十話』で毎日出版文化賞を受賞。1978年没。多くの名随筆を残した。

「2016年 『一葉舟』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡潔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ジャレド・ダイア...
エーリッヒ・フロ...
松下 幸之助
三浦 しをん
遠藤 周作
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

情緒と日本人 (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×