是枝裕和 対談集 世界といまを考える 3 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569765693

作品紹介・あらすじ

世界には、他者との対話からしか見えないものがある。日本を代表する映画監督が学者・漫画家・演出家と大いに語らう好評シリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  気鋭の映画監督が何を考えているのかが気にかかって読みました。1巻から3巻まで、出会っている人も面白いのですが、やはり、是枝という人の話し方の「生真面目さ」に、彼の作品に感じていた「雰囲気」の根拠を見つけた気がして嬉しかったですね。
     3巻の森達也との話とか、社会に対する立ち位置を吐露していて面白いのですが、漫画家山下和美や吉田秋生との話に一番惹かれました。
     特に、知らなかった山下和美を発見したことは、ぼくにとっては大収穫でした。
     ブログにもうだうだ書いてます。そちらもよろしく。
      https://plaza.rakuten.co.jp/simakumakun/diary/202112010000/

  • 「少女はその道の大家(=宮崎駿)がいるのでね」ジブリ入社試験に落ちた細田守が果たした‟偉業”《『おおかみこども』地上波放送》 | 文春オンライン
    https://bunshun.jp/articles/-/46575?page=1

    世界といまを考える 3 | 書籍 | PHP研究所
    https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76569-3

  • 778

  • 鴨下信一さんとの対談だけもっと読みたい。これだけで1冊分欲しい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

著者)是枝裕和 Hirokazu KORE-EDA
映画監督。1962 年東京生まれ。87 年早稲田大学第一文学部卒業後、テレビマンユニオン に参加し、主にドキュメンタリー番組を演出。14 年に独立し、制作者集団「分福」を立ち 上げる。主な監督作品に、『誰も知らない』(04/カンヌ国際映画祭最優秀男優賞)、『そ して父になる』(13/カンヌ国際映画祭審査員賞)、『万引き家族』(18/カンヌ国際映画 祭パルムドール、第 91 回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート)、『真実』(19/ヴェネ チア国際映画祭オープニング作品)。次回作では、主演にソン・ガンホ、カン・ドンウォ ン、ぺ・ドゥナを迎えて韓国映画『ブローカー(仮)』を 21 年撮影予定。

「2020年 『真実 La Vérité シナリオ対訳 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

是枝裕和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西川 美和
本谷 有希子
恩田 陸
ヴィクトール・E...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×