怪物商人 (PHP文芸文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.80
  • (8)
  • (26)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 168
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569766607

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一代で財閥を築き上げた大倉喜八郎の生涯は、なかなか痛快でした。
    長州・薩摩、三井・三菱が実績とかに関係なく上がっていくのを悔しい思いで見ているというのは、いつの世も同じと感じました。

  • 実在の人物だそうですね。
    当時を想像しながら読みました。ちょうど祖母が生まれる前、生まれてからあたりなのですが、みんなが国の成長のためにいろいろな方面からがんばっていた時期で、命がけで国を成長させてきて、みんなが貪欲で、夢があったんだなぁと感じます。
    文体も古臭い感じですが、読みにくくはなく、むしろそれも時代の雰囲気として楽しみながら読み進めることができました。他の人物の伝記も読んでみたいです。

  • 大倉喜八郎の生涯を語った本。乾物屋から武器商人を経てアジアの商人とまでなった凄い人が居たんだなあと知りました。多少の損をしても後から利益は付いてくる。三井、三菱と渡り合った凄い商人だったんだなと思った。

  • さくっと読めた。
    もっとドロドロした内容が多いのかと思ったが、ドロドロしような部分はあっさりと流して書かれているように感じた。

  • 大倉喜八郎の物語。死の商人と言われながらも、中国革命の孫文らを助けて資金を出し続けたことはただの商人ではないことだと作者は言う。本当にアジア全体が欧米から独立して、生活レベルのアップを願っていた人だった。今の世にこんな人はいるだろうか。目先の利益だけ目指して挙げ句の果てに会社を傾けた東芝の経営層に喜八郎の赤でも飲ませたい。

全16件中 11 - 16件を表示

著者プロフィール

江上 剛(えがみ ごう)
1954年、兵庫県生まれの作家、コメンテーター、実業家。本名、小畠晴喜(こはた はるき)。元日本振興銀行取締役兼代表執行役社長。元(旧)みずほ銀行築地支店長。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、1977年から2003年まで旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)に勤務。2002年『非情銀行』で作家デビュー。2004年から2010年までは日本振興銀行に関わっていた。 
代表作に『隠蔽指令』、『庶務行員 多加賀主水が許さない』、『ザ・ブラックカンパニー』、『ラストチャンス 再生請負人』など。それぞれドラマ化されている。

怪物商人 (PHP文芸文庫)のその他の作品

怪物商人 Kindle版 怪物商人 江上剛

江上剛の作品

ツイートする