夜ふかしするほど面白い「月の話」 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.09
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 242
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569767758

作品紹介・あらすじ

のぼったばかりの月はなぜ大きく見える? 月にも水がある!? 月は地球から遠ざかっている? 身近なのに意外と知らない月の秘密に迫る!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったー!
    月についてのたくさんのトピックが満載でした。
    月の砂の話や、他国で影がどのように見えているか?
    アポロ計画の捏造疑惑まで拾い上げた内容でした。
    神秘的なもの月のことがよくわかるけれど、さらに謎が深まってしまったような気もします。

  • 2018年7月22日購入。

  • 図書館で借りた本。小中学生向けの月に関するQandA。月が最も美しく見えるのは秋、月の満ち欠けで半月を上弦の月、下弦の月と言う事、月の砂、他にも月に関する歴史から謎まで簡潔にわかりやすく解説している。2018年は民間の宇宙ベンチャー企業のスペースXが、民間人2名を月の周辺を周る旅行に連れていくらしく、費用の100億円は前払い済みらしい。ドラゴン2に乗船する人は誰か?気になるわ。

  • 本題名の通り、とても面白い「月の話」ばかりでした。
    生まれたときから目にしている月について、"なぜまるいのか"、"なぜ満ち欠けがあるのか"かなどなど、ごく当たり前のこと・常識として捉えていたことを理路整然と説明されていて、まるっと納得した。
    世の中で起きている物事、常識として鵜呑みにしていないのか?物事の味方が多少なりとも変わった。

  • 簡単な疑問からスタートして割と難易度高めなことまで説明してくれる良書。
    月について学問的、ゴシップ、慣習的なことまで広くカバーしている。
    読むと無性に月を眺めたくなる。

  • 分かりやすく、且つ面白くかかれてて読みやすい。
    ちょうど、スーパーブルーストロベリームーンだったのでさらに興味深く読めた!
    何てタイミング(≧∇≦)b

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

会津大学准教授

「2018年 『夜ふかしするほど面白い「月の話」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夜ふかしするほど面白い「月の話」 (PHP文庫)のその他の作品

寺薗淳也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
エラ・フランシス...
塩田 武士
恩田 陸
今村夏子
塩田 武士
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

夜ふかしするほど面白い「月の話」 (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする