なぞとき <捕物>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

  • PHP研究所
3.39
  • (1)
  • (13)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 145
感想 : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569767963

作品紹介・あらすじ

いま大人気の女性時代作家による、アンソロジー第二弾。親子の切ない秘密や江戸の料理にまつわる謎を解く、時代小説ミステリ傑作選。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女性作家の捕物時代小説アンソロジー。

    「五月菓子」(和田はつ子)、「煙に巻く」(梶よう子)、「六花の涼」(浮穴みみ)、「人待ちの冬」(澤田瞳子)、「うき世小町」(中島要)、「鰹千両」(宮部みゆき)の6篇収録。

    どれも人情味溢れる作品ばかり。江戸下町舞台の作品もいいし、「人待ちの冬」のよう京の舞台の作品も趣が違ってなかなかいいな。

    この6作品の中で特に面白かったのは、「うき世小町」かな。仲の良い幼馴染み3人娘。その心の底には鬱屈した闇が隠れていた、というありそうな怖い話だった。

  • 肩を張らずに読めました。

  • 時代小説アンソロジー。謎解き編。「五月菓子」は、謎解きとしてはちょっと驚きだけど、さと香のヒントが安直な気も…でも季蔵さんがいい感じなので、まあいいか。「煙に巻く」はちょっとまどろっこしい。「六花の涼」はテンポが良くて読み易いけど、うまく知り合いだったり、継母だったり…。「人待ちの冬」は衝撃シーンが。「浮き世小町」めっちゃ女のドロドロだった。ここまで好きな人がいるのもすごいけど、そんな小さい頃から妬むとか…はあ、女子は大変だ。宮部みゆきはやっぱりすごい。物語への導入が半端なく上手い。ふと読み続けてしまう。茂七がおせんに横っ面張られるシーンは読んでて気持ちいい。それにしても稲荷寿司屋は何者?それを易々と出さないのがまたそそる。

  • パンダは多くの確率で双子を産むが、野生の母パンダはそのうち1匹しか育てない。そこで飼育下では、定期的に、母親が目を離した隙に赤ちゃんをすり替えて、2匹を交代で育てさせる。で、ある程度育ったところで2匹とも母親の元に戻す、らしい。
    そんな話を思い出した。(2021-06-26L)

  • 時代小説傑作選、「あやかし」に続く第2弾。

    和田はつ子「五月菓子」:料理人季蔵捕物控シリーズ
    梶よう子「煙に巻く」:商い同心シリーズ
    浮穴みみ「立花の涼」:こらしめ屋お蝶「寒中の花」
    澤田瞳子「人待ちの冬」:京都鷹ヶ峰御薬園日録シリーズ
    中島要「うき世小町」:六尺文治捕物控シリーズ
    宮部みゆき「鰹千両」:回向院の茂七「初ものがたり」

    やっぱり宮部みゆきがいい。茂七親分、カッコイイな。

  • やはり時代物の代表的な「捕物」はなかなかの作品ぞろい。この傑作選シリーズで必ずトリを取っている宮部みゆきは別格としても梶よう子、澤田瞳子などが読ませる。澤田瞳子は直木賞候補に何度もなっているだけあってじっくりと読ませる。京都鷹峯の薬園が舞台というのも面白い設定。最後が少々凄惨で後味はあまりよくないけど。

  • 女性作家6人による時代推理小説アンソロジー

    どれもシリーズの中の1作らしく、若干読みずらい部分もあるけれど、それでも楽しめます

    宮部みゆきはやっぱり群を抜いて面白い

  • 話題の女性作家6人の捕物に特化したアンソロジーです。捕物帖というのはシリーズになっているものが多く、好きなのですがなかなか手に取れないものの一つです。こちらもシリーズの中から一編を選んでいますが、それだけを読んでも問題はありませんでした。話題作家さんだけありどれも良かったです。私は宮部みゆきさんの「鯖千両」が読みやすくて一番好きでした。収録元の「はつものがたり」を読んでみようと思います。再録ばかりなので女性の描く捕物帖を普段から読んでいる人よりも、これから発掘したい人向けなのかもしれません。

  • 澤田瞳子さんの作品以外は読んだことがないお話だったので楽しめた(^^)♪どの作品も他の話が読みたくなったけれど、一番読みたくなったのは「こらしめ屋お蝶花暦」(^o^)

  • どの人の物語も面白かった!
    初めて見る作者も多かった中で結構面白かったから他のまも読んでみたいなーと思いつつ、やっぱり時代ものは読みづらさがつきまとう、、、笑笑

    名前が読めないとか、、、笑笑

    プチストレスです。

    でも、内容はなかなか面白く江戸っ子たちが次々と解決する様は見ていてスッキリもするし、シリーズで出ているらしいから周りの関係も気になってきちゃう。宮部みゆきの時代シリーズは読みやすいしやっぱさすがだなぁ。の一言。

    宮部みゆき贔屓です。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。日本女子大学大学院修了。「料理人季蔵捕物控」「口中医桂助事件帖」「鶴亀屋繁盛記」「余々姫夢見帖」「お医者同心中原龍之介」「鬼の大江戸ふしぎ帖」「はぐれ名医」シリーズなどの時代小説を精力的に執筆するとともに、現代ミステリー「青子の宝石事件簿」シリーズ、『わらしべ悪党』も刊行。

「2021年 『花人始末 出会いはすみれ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田はつ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
宮部みゆき
宮部みゆき
宮部みゆき
辻村 深月
宮部みゆき
宮部みゆき
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×