鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(四) (PHP文芸文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.69
  • (8)
  • (17)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 126
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569768175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4巻にもなると飽きそう。
    でも、少しづつキャラ関係が変わってきているので、
    飽きずに楽しめる。

  • 2019.1.7読了

    今回の鯖猫長屋は

    サバ、さくらを心配する
    サバ、拾楽に加勢する
    さすがは成田屋

    の3本です!

    お楽しみに!

  • 購入。

    積ん読より、ようやく。今回はキツネですか。
    やっぱり猫は素敵ですね~。

  •  サバとさくら、かわいい。特にさくらの天真爛漫さには、やられました。

     結局、悪い奴はいなかった。なんともいえぬラストです。

  • サバの大将、すっかり掛井を振り回してる(笑)
    ほんと、子分その2って感じだ。
    で、思いがけない強みも傑作。今後もそれがいきてくるだろうな。
    しかし、あの呪い師がそういうこととはびっくり。
    でも、結果オーライかな。
    続きが楽しみなシリーズ。

著者プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和の作品

ツイートする