かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち (PHP文芸文庫)

著者 :
  • PHP研究所
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569769691

作品紹介・あらすじ

心に傷を抱える人々が集う「かなりや荘」。母親が失踪した茜音は、そこで新たな夢を見つけていく。優しく力強い回復と救済の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵を描くことが大好きな少女と、その周りの、とてもやさしい人たち(と、幽霊)の話。

    主人公の茜音は、色々と、かなり不幸な筈なのだけれど、人との縁にとても恵まれているおかげで、何とか幸せに生きています。
    でも、それは、何かの加護があるからという訳ではなく、茜音のやさしさと笑顔が引き寄せるご縁。
    そして、幸と不幸があっても、幸の方をより強く感じられる、心の持ちようではないかと。
    どれだけ幸せが寄ってきてくれても、それまでの不幸に縛られていたら、幸せがまた離れていってしまうような気がします。

    そんな茜音が、ふとしたご縁で住む事になった「かなりや荘」は、大家のマダムを始め、何かしら心に傷を負った人たちが暮らしています。
    四号室に入居する事になった茜音は、この部屋で亡くなった天才漫画家や、他の住人に支えられ、漫画家を目指す、までが、「廃園の鳥たち」。

    そして、集英社オレンジ文庫版に加えて、PHP文芸文庫版には、新たな番外編が!
    『桜風堂ものがたり』を読んだ事のある人にとっては、とても嬉しいお話です。
    この二つの物語が、これからも交錯してくれたらなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作家

「2019年 『かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村山早紀の作品

ツイートする