132億円集めたビジネスプラン

著者 :
  • PHP研究所
3.75
  • (27)
  • (47)
  • (31)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 462
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569771908

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 緻密なビジネスプランの立て方は今後の勉強になりました。

  • ライフネット生命の設立の経緯が実際の企画書のサンプルを交えて説明されている。企業設立の進め方だけでなく、ライフネット生命の企業コンセプトを理解できる。

  • 起業にあたり投資家から資金調達するために描いたビジネス
    プランの描き方をまとめたもの。起業せずとも、仕事で参考
    になりそうな要素がいくつかありました。
    以下、この本の後半に出てくる言葉です。うん、そのとおり
    だなぁと思います。

     ・人を説得するために欠かせないのは、「納得」と「共感」
      です。
     ・「楽しい仕事」「つまらない仕事」という区分はない、
      あるのは「与えられた仕事を楽しくできるのかどうか」
      です。
     ・人に「天職」といったものは存在せず、自分が何を
      やりたいかを探し求めていく過程そのものがキャリアで
      ある。

  • できることではなく、あるべき姿を定義し、それに必要なリソースを揃えると言う考え方は、非常に励まされる。
    全体的に、内容も分かりやすい。

  • 彼を形容するなら、日本で最も優秀な若手ビジネスマンという感じでしょうか。

    仲間たちに勧められて読んでみました。PHPというあまり硬派ではない出版社の本であり、しかもソフトカバーの薄い本であるため、舐めてかかってしまいがちだが、想像以上にすばらしい内容。東大卒、ハーバードビジネススクールをTOP5%の成績で修了し、BCG出身といった輝かしい肩書きもさることながら、なによりも説得力があります。簡潔で力強く表現力豊かな文章にやられた。本書のタイトルに納得。

  • 「ビジネスとは、社会に足跡を残すことだ。」
    この本の帯に書かれたコメント。

    東大→ハーバードとエリート道を歩んできた著者が、
    生命保険業界という大きな業界に、ネット生命保険というモデルでチャレンジをしていく、
    そのビジネスプランのノウハウが詰まった本。

    起業を考えている若者にぜひ贈りたい。

    中でも、非常に重要なのが大きく成長するベンチャーの3条件 。
    ①「誰もが日常的にやっていることを対象にせよ」
    →市場が大きいこと

    ②「多くの人が不便や面倒を感じていることを対象にせよ」
    →市場に大きな非効率が存在すること

    ③「不便さを解消する新しいソリューションが提供できること」
    →技術のブレークスルー、規制緩和などの環境変化があること


    ③に関しては、最近のIT系のスタートアップ企業を見ていると、
    ソーシャルメディアを中心とした多様なソリューションが提供されているように感じる。
    だが、②の多くの人が不便や面倒を感じていることという部分が弱いサービスも多くみられるのではないかと。
    たしかにあったらいいけど、そこに困っているんだっけ?と思うサービスも多いのではないかと。

    単に技術を使ってこんな新しいことができる!というものだけではなく、
    ○○が困っている○○をこのサービスで解決出来る!という視点を大事に事業を興してほしい!
    ※自分自身も新規事業を開発する上でこの視点を大事にしたいと思う。

  • 戦後初独立系生保誕生のためのビジネスプラン。
    要諦は、世に「求められること」に着目し、徹底的に顧客像の調査し、
    自社を活かす場を見つけ100%のニーズ充足を目指さず、
    財務に目を配り、ブランドを築き上げること。
    まとめると『大市場 参入阻む 高い壁 挑むベンチャーの 熱意とロジック』といったところでしょうか?

  • この本自体がビジネスプラン作成の
    参考書として役立つわけではないが、
    作成の具体的プロセスを見学している
    ような感じ。
    他の書籍の例よりもわかりやすく
    イメージが湧いた。
    啓蒙書として読んだり、他の参考書を
    メインにしておくのがよさそう。

  • 起業の方法論
    コンサル的

  • ライフネット生命 岩瀬副社長の著書。
    保険会社を設立するにあたって必要な資金をどのように調達したか、
    ロジックの組み方をはじめ、どういう箇所を重点的に調査・分析をしていくかがとても具体的に理解できる。
    《事業計画の作り方》という観点で捉えるとあまり活用できなさそうだが、ロジカルに物事を考えるという点ではとても良い参考書になると思う。

全42件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

ライフネット生命社長兼COO

「2014年 『楽しい仕事はない。だから楽しくやる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

132億円集めたビジネスプランのその他の作品

岩瀬大輔の作品

ツイートする