132億円集めたビジネスプラン

著者 :
  • PHP研究所
3.75
  • (27)
  • (47)
  • (31)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 463
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569771908

作品紹介・あらすじ

ライフネット生命保険創業者が、1934年以来の独立系生保誕生のためにつくった市場分析、財務戦略、組織作りの計画を初公開。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 非常に実用的で実践的。
    読んでいて、MBAだなあという感想。
    理論を上手く使ってビジネスを進めているので、教科書を読んでいる感覚になる。そういう意味で若干拒絶反応が出てしまう。

    社会経験がない自分にとってはスムーズに理解することは難しかった。
    いますぐ実行に移せる部分がないため、また3年後くらいに読んだらよいだろう。

  • ライフネット生命 副社長の岩瀬大輔さんの著書。

    同年代で、これだけ一生懸命にがんばっている姿は、とても刺激的。

    本の内容は、ライフネット生命の事業計画書そのもの。

    先日紹介した、『すべては戦略からはじまる』の内容をベンチャー企業に当てはめると、本書のようになる。

    ライフネット生命を応援したくなりました。
    まさにライフネット生命の認知を高めるために有効な戦略ですね、出版が。

  • 「おわりに」を読むと、筆者は書き切った感満載に見えるんですが、何なんですかね、この読後感の悪さは。
    この本では、ライフネット生命の立ち上げ準備の様子が語られるのですが、それはそれとして、本文中にクドいほどくり返し出てくるように、この本では、HBS(ハーバード・ビジネス・スクール)では、どんなことを教えているのかが分かる本です。筆者は HBS 卒に誇りを持っているんですね。そのことが良くわかる本です。そうか、筆者はそれを自慢したいんですね。それを意識して書いているかどうかはわかりませんが、そういう臭いがしています。
    また、やっぱり HBS でこう教えているんでしょうかね。この人は、「典型的な起業家の生き方」をしたい、と思っているようです。自分で「まさに一人ひとりが異なる歩みを求められる事実を突きつけられます。」(165ページ)と書いているにもかかわらず。

  • 起業の三大要素はなんでしょう?そんなハーバードのMBAで培った要素が散りばめられていて面白い!さらっと読めるしね!

  • レビューby のり~

    【内容】
    ライフネット生命を立ち上げる際に、どのような市場分析をし、どのようなターゲティングを行ったのか。実際の図やアンケート結果等を用いて、とても具体的に記してくれている。ビジネスを立ち上げる際の考え方(プランの全体像)としてはもちろん、マーケティングの実例としても、大変参考になった。

    【感想・気づき】
    ・アントレプレナーシップの定義「自分が使えるヒトモノカネといった経営資源の制約は、一旦取り払って、何が世の中に求められているか、だけを考える」HBSで教わる内容とのこと。制約に捉われがちな自分の思考に気づけた。

    ・市場環境分析、STP分析、ペルソナ(子育てローラ)、実際のアンケート結果…どれも具体的で大変参考になり、またじっくり読み直したいところ。

    ・キャリアについて、著者がHBSで学んできた内容についても記載があり、「自分にとっての取締役会をつくる」(成長を定期的に確認する意味)など、参考にしたい内容が多数あった。

    【具体的行動】
    ・制約条件を一旦取り払って考える(クセ付け)
    ・自分取締役会を開く(メンターのような存在を考えてみる)


    P.S.うっしーありがとう!

  • 今あるツテから考えるのではなく、株主に迎えたい事業会社を考えそこに対してどのようにアプローチするかを考えるという点が非常に参考になりました。

  • 非常に実用的な書籍である。これから、企業をしよう、会社で新規事業を、やろうという人にはおすすめ。

  • ★「アントレプレナーシップの定義」
    自分が使えるヒト、モノ、カネといった経営資源の制約は一旦、取り払って、『何が世の中に求められているか』ということだけを考える。ヒト、モノ、カネはあとからついてくる。
    →"opportunity-driven"の発想

    ★大きく成長する事業の3つの条件
    1、誰もが日常的にやっていることを対象にせよ
    →市場が大きいこと
    2、そこで多くの人が不便や面倒に感じていることを対象にせよ
    →市場に大きな非効率が存在すること
    3、その不便さを解消する新しいソリューションが提供出来ること
    →技術のブレークスルー、規制緩和などの環境変化があること

    ★キャリアの考え方
    人に「天職」といったものは存在せず、自分が何をやりたいかを探し求めていく過程そのものがキャリアである。
    →スタンフォード大学クランボルツ教授
    たとえば、自分が60歳になったときにどうありたいかを考える。これが目標となる。

  • (1)40兆円市場の1%を奪取しても大きいマーケットの広さ
    (2)市場の非効率性
    (3)技術のブレークスルー、規制緩和などの環境変化
    ①「誰もが日常的にやっていることを対象にせよ」
    →市場が大きいこと

    ②「多くの人が不便や面倒を感じていることを対象にせよ」
    →市場に大きな非効率が存在すること

    ③「不便さを解消する新しいソリューションが提供できること」
    →技術のブレークスルー、規制緩和などの環境変化があること

    から設立に至った、という経緯が論理的で解り易い

  • 緻密なビジネスプランの立て方は今後の勉強になりました。

  • ライフネット生命の設立の経緯が実際の企画書のサンプルを交えて説明されている。企業設立の進め方だけでなく、ライフネット生命の企業コンセプトを理解できる。

  • 起業にあたり投資家から資金調達するために描いたビジネス
    プランの描き方をまとめたもの。起業せずとも、仕事で参考
    になりそうな要素がいくつかありました。
    以下、この本の後半に出てくる言葉です。うん、そのとおり
    だなぁと思います。

     ・人を説得するために欠かせないのは、「納得」と「共感」
      です。
     ・「楽しい仕事」「つまらない仕事」という区分はない、
      あるのは「与えられた仕事を楽しくできるのかどうか」
      です。
     ・人に「天職」といったものは存在せず、自分が何を
      やりたいかを探し求めていく過程そのものがキャリアで
      ある。

  • できることではなく、あるべき姿を定義し、それに必要なリソースを揃えると言う考え方は、非常に励まされる。
    全体的に、内容も分かりやすい。

  • 彼を形容するなら、日本で最も優秀な若手ビジネスマンという感じでしょうか。

    仲間たちに勧められて読んでみました。PHPというあまり硬派ではない出版社の本であり、しかもソフトカバーの薄い本であるため、舐めてかかってしまいがちだが、想像以上にすばらしい内容。東大卒、ハーバードビジネススクールをTOP5%の成績で修了し、BCG出身といった輝かしい肩書きもさることながら、なによりも説得力があります。簡潔で力強く表現力豊かな文章にやられた。本書のタイトルに納得。

  • 「ビジネスとは、社会に足跡を残すことだ。」
    この本の帯に書かれたコメント。

    東大→ハーバードとエリート道を歩んできた著者が、
    生命保険業界という大きな業界に、ネット生命保険というモデルでチャレンジをしていく、
    そのビジネスプランのノウハウが詰まった本。

    起業を考えている若者にぜひ贈りたい。

    中でも、非常に重要なのが大きく成長するベンチャーの3条件 。
    ①「誰もが日常的にやっていることを対象にせよ」
    →市場が大きいこと

    ②「多くの人が不便や面倒を感じていることを対象にせよ」
    →市場に大きな非効率が存在すること

    ③「不便さを解消する新しいソリューションが提供できること」
    →技術のブレークスルー、規制緩和などの環境変化があること


    ③に関しては、最近のIT系のスタートアップ企業を見ていると、
    ソーシャルメディアを中心とした多様なソリューションが提供されているように感じる。
    だが、②の多くの人が不便や面倒を感じていることという部分が弱いサービスも多くみられるのではないかと。
    たしかにあったらいいけど、そこに困っているんだっけ?と思うサービスも多いのではないかと。

    単に技術を使ってこんな新しいことができる!というものだけではなく、
    ○○が困っている○○をこのサービスで解決出来る!という視点を大事に事業を興してほしい!
    ※自分自身も新規事業を開発する上でこの視点を大事にしたいと思う。

  • 戦後初独立系生保誕生のためのビジネスプラン。
    要諦は、世に「求められること」に着目し、徹底的に顧客像の調査し、
    自社を活かす場を見つけ100%のニーズ充足を目指さず、
    財務に目を配り、ブランドを築き上げること。
    まとめると『大市場 参入阻む 高い壁 挑むベンチャーの 熱意とロジック』といったところでしょうか?

  • この本自体がビジネスプラン作成の
    参考書として役立つわけではないが、
    作成の具体的プロセスを見学している
    ような感じ。
    他の書籍の例よりもわかりやすく
    イメージが湧いた。
    啓蒙書として読んだり、他の参考書を
    メインにしておくのがよさそう。

  • 起業の方法論
    コンサル的

  • ライフネット生命 岩瀬副社長の著書。
    保険会社を設立するにあたって必要な資金をどのように調達したか、
    ロジックの組み方をはじめ、どういう箇所を重点的に調査・分析をしていくかがとても具体的に理解できる。
    《事業計画の作り方》という観点で捉えるとあまり活用できなさそうだが、ロジカルに物事を考えるという点ではとても良い参考書になると思う。

  • 難しい。まずは、最終章から

  • 主題ではないが、仕事に対する意義について考えさせられた。

  • 出版記念セミナーに参加したので、そのときの岩瀬さんの熱い話を思い出しながら読みました。話を聞いてから読んだのでより理解が深まったと思います。チャンスを自ら掴んだ岩瀬さんはすごい!

  • ライフネット生命設立に至るまでの起業話。(1)40兆円市場の1%を奪取しても大きいマーケットの広さ、(2)市場の非効率性、(3)技術のブレークスルー、規制緩和などの環境変化から設立に至った、という経緯が論理的で解り易い。メモ。(1)納得、論理的にデータの裏付け(事実)を基に伝える事(担当者が他者に簡単に伝達出来る事)、共鳴、聞いた人が好きと思ってくれるか、には納得。(2)自分にとっての取締役会を作る事。一歩一歩前に進むこと。(3)自社戦略、ローラセグメントに対して安価良質な継続的サービスの提供の為のCPA(Cost Per Action)、ライフプランに即した買う手伝いという立場のブランド構築。生々しさが教科書的でなく、 3Y(philosophy,story,history)があると思う。

  • ビジネス(ネット生保)を立ち上げるにあたり、どのような分析を行ったのか、その内容(概要)が記載されている。
    自分には、読者に何を伝えたいのかが、伝わってこない内容であった。

  • その商品を買う人の趣向まで分析する

  • ライフネット生命の岩瀬さんの本。
    その名のとおり、投資家回りのときに使ったビジネスプランがそのまま載っているらしい。
    原案は社長の出口さんの中にあったとはいえ、これをほとんどひとりで短期間で作ったのだからすごい。

    ビジネスプランの本はよくあるが、本物のビジネスプランが書いてある本は、まずないので、これは貴重。
    コンサル上がりのロジックの詰めはやはり秀逸。
    論理派でありながらも、人のつながりをかなり重視しているところも、面白い。

    他のめも
    ●大きく成長する事業の条件
    1)市場が大きいこと
    2)市場に大きな非効率が存在すること
    3)技術のブレークスルー、規制緩和などの環境変化があること

  • 岩瀬大輔氏によるライフネット生命の立ち上げ記。

    波乱万丈のベンチャー立ち上げ物語というよりも、いかに正攻法で起業するかのガイドブックに近い。これは、生命保険会社という、事前に資金を集め、国から事業許可をもらわないといけない会社の立ち上げ方法として当然かもしれない。

    その意味では、自分でネットベンチャーを立ち上げてみようという人よりも、大企業の中で新しいプロジェクトを提案する人にとって、より参考となる本かもしれない。

    個人的な一番のtake awayは、最初に出てくるアントレプレナーシップの定義:
    Relentless pursuit of opportunity beyond resources currently controlled.

  • ライフネット生命立上げのビジネスプランをとても分かりやすく書かれたビジネス書でした。
    さらに単なるビジネス書と言うだけでなく実際に起業する時のモデルプランとして大変参考になるエッセンスが凝縮されている実践の書です。 アントレプレナーシップ=経営資源を取り払って何が世の中で求められているのかという機会に着目する考え方はとても参考になりました。 今の自分の仕事でもこの考え方は当てはめられます。
    そしてもうひとつ浮かんだのが、今もし失業したら、この本のロジックで新しいチャレンジができるだろうか?ということです。新しい発見はできる気がします。

  • 生命保険はお好きですか?私は基本的に大嫌いです。。
    何故なら、保険のおばちゃんのしつこさと、払ったお金がどこに使われているのか分からない仕組み。
    ものの本によると、なにせ原価の3割から6割は、おばちゃんの給料やなにやらに消えてしまう。
    貯蓄なら、現金でするワイ。
    そして、不払いなんかされた日にはきっと気がくるってしまうでしょう。


    ビジネスプランを立てるという作業は非常に難しい。
    色々頭を捻ってみて考えてみても、もう世の中には全てのビジネスが生まれているんではないかと絶望感を感じてしまう。せいぜい出てくるのは、うまくも、面白くもないプランばかり。。。。


    著者は、大学時代には現役で司法試験に合格し、ボストンコンサルティングに就職、その後日本人で数名しかいないハーバード・ビジネススクールを最優秀の成績で卒業。。。。
    この時点で頭の出来が違うと感じてしまうが、その実最初ビジネスプランを構築する際には、同じような悩みにぶち当たったらしい。
    そこからのブレークスルー、対面販売でしか売れないといわれてきた生命保険をネット専業で販売するという。


    ビジネスプランの書き方を学べる本はいろいろあるが、この本は著者がどのように悩み自分のビジネスプランを構築したかが、文章から透けて見えてくる。


    本書に対して、また立ち上げたばかりのビジネスを、成功してもいないのに本にするなどという批評もある。ただ、132億を集めたことがすごいのではない。
    知恵の限りを尽くして、自分のビジネスを軌道に乗せようとしたこの姿勢がこの本からは学べる。

全42件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

ライフネット生命社長兼COO

「2014年 『楽しい仕事はない。だから楽しくやる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

132億円集めたビジネスプランのその他の作品

岩瀬大輔の作品

132億円集めたビジネスプランに関連する談話室の質問

132億円集めたビジネスプランを本棚に登録しているひと

ツイートする