米中軍事同盟が始まる

著者 :
  • PHP研究所
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569774558

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中国はもはやアメリカにとって日米安保条約の仮想上の敵ではない。経済的にはとっくにアメリカの同盟国である。
    中国の敵はまずはインドである。
    地政学上、脅威に取り囲まれているのが中国。
    あめりかは大西洋と太平洋に囲まれているから、世界あkら孤立していると感じてきた。、そして大西洋と太平洋にそれぞれの同盟国を作ってきた。大西洋側はイギリス。
    インドは中国の核の脅威に対抗するために核兵器の開発をはじめた。

  • 2012/03/26:読了
    アメリカ民主党オバマ政権は、中国べったりで、
    日本に害という内容。
    2010年1月5日初版。あれから状況変わったので、
    日高さんの次の本が楽しみ。

  • 基本的に現在のアメリカの国家戦略や日弁関係についてまとめられているので、日米安保50周年を考える基本資料の一つにしてもいいとは思います。

    感想としては、日高氏はオバマ大統領が嫌いなんだなぁということがよくわかったという感想。また、たぶん僕とは考えていることの立ち位置は違うと思うのだけど、米国が我が国を防衛する動機付けが弱まっており、その中で自国の防衛と日米同盟の見直しが必要という点では、今の僕の考えと同じだと思った。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1935年、愛知県生まれ。東京大学英文科卒業。59年、NHKに入局。外信部、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長、米国総局長を歴任後、ハーバード大学客員教授に就任。現在はハドソン研究所客員研究員として日米関係の将来に関する調査、研究の責任者を務める。著書に、『アメリカは中国を破産させる』(悟空出版)、『米中時代の終焉』(PHP研究所)、『習近平の核攻撃』(かや書房)など多数。

「2022年 『破れたアメリカの「核の傘」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日高義樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大前 研一
日高 義樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×