型破りのコーチング (PHP新書)

  • PHP研究所
4.06
  • (23)
  • (26)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 218
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569774770

作品紹介・あらすじ

はたして基礎は重要なのか-有無を言わさず型にはめたがる日本的指導法。しかしそれでは一線を越えた創造力ある人材が育つはずもない。職場の息苦しさはどうすれば解消できるのか?日本ラグビー界の牽引者が語る現場の理論を、企業研修でも人気の経営学者が解読。見えてきたのはコーチングの常識を覆す教訓の数々。「指示待ち部下は上司がつくりだしている」「自分の教え方の前に相手の聞く力を高める」「やる気は裏切りから生まれる」…。「やらなければならない」から「やれる」「やりたい」へと人を導く法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 反応速度
    日本人はこれが遅いそうです。
    たしかに息子のプレーを見ても自分の仕事を思い出しても誰かがやってくれるやろって一瞬が遅くなることがあります。
    これは傍観者効果と言うそうです。

    反応をよくする
    やっぱり受ける方が受け入れやすく伝えることって大切ですよね。
    コーチングは相手の受信機が受け入れる周波数で投げてやらないと受信してもらえません。
    これは送信側の工夫なんですよね。

    僕自身またラグビーに携わりたいなと思いますがコーチは本当に難しいと思います。
    良かれと思ってやっても伝わらないこともありますし。
    相手の耳ではなく心に届かないと意味ないんですよね。
    コーチも日々精進やなと思います。

  • 相手側の受信装置に敏感になること。こちらの発信機ばかり強くしても解決にならない。(平尾さん)

  • 教える相手の受信器の精度を高める。そのためには、教える側の受信機をまず高める。守破離。チームのビジョンと個人の目標が共有できるような「湿り気」のあるチームを。

  • 自分の言葉で端的に刺さるように動かすコーチングスキルの重要性。

  • 自分の考えを言語化する大切さ

  • ラグビー日本代表監督の平尾氏へのインタビューをまとめたような作りの本。

    「個の弱さを組織力で補うという発想では世界では勝てない。強い組織には強い個が必要である。」
    「精度の高い技術だけではなく、状況判断ができる自立した個人を育てるべき」

    すぐに読める本なので、たまに読み返すが良し。

  • 読了

  • 守破離

    恥の文化

    傍観者効果



    いい!
    教えることについてよく学べる。
    疑問を感じるところも少ない。

  • あんまり印象に残っていない

  • 「三種類のリーダーシップ、チームリーダーは見切りと仕切り、ゲームリーダーは仕組みと仕掛け、イメージリーダーは危うさと儚さ」

    特にイメージリーダーの危うさと儚さに思いを馳せる

    なにいってんだこの人とか、時代の流れで一瞬で消えさってしまう。そんな感じだろうか。

    でも、いつも目は皆が見えない遠くをみている。

     

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

平尾 誠二(ひらお せいじ) 
1963年1月21日 - 2016年10月20日
元ラグビー選手、元ラグビー日本代表監督、元神戸製鋼ラグビー部GM。現役時代、主にスタンドオフ及びインサイドセンターのポジションを務めた。
京都府京都市南区出身、伏見工業高校、同志社大学商学部商学科卒業。同志社大学大学院政策科学総合研究科(修士課程)修了。
伏見工業高校で活躍し、初優勝時の主将となる。1982年史上最年少で日本代表に。同志社大学ラグビー部でセンターとして史上初の大学選手権3連覇を果たす。神戸製鋼に入社後、日本選手権7連覇達成に貢献。2016年10月20日、胆管細胞がんにて53歳で逝去。
著書に、『人は誰もがリーダーである』『求心力 第三のリーダーシップ』など。山中伸弥との共著に、『友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」』があり、闘病生活の様子やエピソードが綴られている。

平尾誠二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

型破りのコーチング (PHP新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする