平気で冤罪をつくる人たち (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.00
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569776316

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    菅家利和さんの無実が確実になった足利事件。
    男性にとって決して他人事ではない痴漢冤罪。
    これらの悲劇はなぜ起こるのか。
    「起訴された刑事事件の有罪率―九九%」という驚くべき数字は、本当に妥当なものなのだろうか。
    実は日本の裁判官には、誤判を必然的に生んでしまうある心理傾向が存在する、と著者は指摘する。
    元裁判官だからこそ告発しうる冤罪の根源から、日本の司法の「建前」と「現実」の甚だしい乖離が見えてくる。

    [ 目次 ]
    第1章 有罪率九九%の疑問
    第2章 足利事件に見る誤判の原因(足利事件の概要;DNA鑑定の光と影  ほか)
    第3章 痴漢冤罪の場合(典型事例で考える;水掛け論でも有罪 ほか)
    第4章 冤罪は必然的に起こる(告告人無罪推定の原則;裁判実務上の原則逆転 ほか)
    第5章 冤罪蔓延がもたらすもの(裁判所の暴走;国民の基本的人権が有名無実化  ほか)
    第6章 冤罪根絶のために(裁判腐敗の現実を知ってほしい;裁判所信仰を断ち切る   ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 元裁判官による、司法制度の問題、特に冤罪に対して警鐘を鳴らしている。

    足利事件の冤罪と、痴漢冤罪の二つを例に挙げて、冤罪が生じるプロセスをわかりやすく説明されている。

    冤罪というよりも、足利事件について概要をわかりやすく知りたい人向けという感じがしました。

  • 元裁判官による、現在の司法の在り方を問う新書だ。
    大部分を、有罪確定し服役した後に無罪判決が下された足利事件について割いている。
    マスコミでは捜査を誤ったとして警察、検事を批判する論調が強いが、著者は裁判官にも責任があったと指摘する。
    「グレーは無実ではなくとも無罪である」という、有罪を確定するためのハードルがいかに高いか、そのハードルを軽んじる風潮が現在の司法にはある、という話は興味深い。
    ただ、こういう新書の著者って、どうして「自分だけが正しい、あとはみんな駄目」というスタンスなんだろう。
    なんか好きになれない。

著者プロフィール

同朋大学大学院人間福祉研究科・社会福祉学部准教授。臨床心理士。
名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程(心理学専攻)修了(文学修士、1982)。愛知県児童相談所に勤務(1983〜1999)。1999年より同朋大学社会福祉学部専任教員。家族援助論、児童福祉臨床研究などを担当。児童家庭相談、特に児童虐待防止ケースマネジメントを研究。
主な著書等:『児童虐待へのブリーフセラピー』(共著 金剛出版 2003)、『新生児医療現場の生命倫理』(共著 メディカ出版 2004)、「サインズ・オブ・セイフティ・アプローチ入門」(共著 そだちと臨床vol.2 明石書店 2007)。訳書として、『安全のサインを求めて』(ターネル、エドワーズ著 共監訳 金剛出版 2004)、『児童虐待を認めない親への対応』(ターネル、エセックス著 共監訳 明石書店 2008)

「2008年 『子ども虐待防止のための家族支援ガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上薫の作品

ツイートする