あたらしいあたりまえ。

著者 :
  • PHP研究所
3.85
  • (50)
  • (88)
  • (68)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 639
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569776910

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あたりまえだと思ってただ過ぎてくのではなく、あたらしいあたりまえを見つけたい。

    「一度掘り始めたら、そのあとはひたすら同じ場所を掘り続けること。一途に継続し、そこに自分なりのよろこびを見つけ出すこと。一途さがその人の魅力になります。」
    「面倒くさいという言葉には、すべてを否定する強烈な打ち消しのパワーがあります。面倒くさいことのなかに、本当のたのしさがある。」

  • 松浦さんの本を読みすぎたことで、だいたいいつも同じようなことを一貫して書かれているために、★の数は少なくなってしまうけど、これは定番のごとく各論の最後に箇条書きでポイントを読者に語りかけるものがついているのが好き。(これが嫌いな人もいるだろう)
    変わらないために、自分を新しくしていくこと。そういうことがテーマでまとめられた本だったんだな、と、あとがきを読んで思い出した。

  • 仕事と暮らしにおいて、私たちが社会と分かち合うべきことは、自分が発見したり、工夫したり、気がついたりした「あたらしさ」なのである。昨日より今日を少しでもあたらしい自分で過ごすために、たくさんの「あたらしいあたりまえ」を収めたエッセイ集。

    今までに読んだ著者の他のエッセイは言葉がすっと心に沁みるように理解できたが、本書は抽象的、観念的な話が多くてなかなか馴染むことができなかった。しかしいくつかの話には、はっとさせられた。

    「約束の目的は守ることではなく、人を喜ばせることである。
     人を喜ばせるとは、その人の役に立つことである。」

    「ものごとには、功徳と福徳がある。
     功徳とは、まったく見返りを求めない無償の行い。
     福徳とは、品物の対価としてお金をもらうことや、すべての仕事である。
     あたりまえに暮らしていたら福徳は増えていく。
     だから意識して、功徳をしなければならない。」

    「『面倒くさい』という言葉にはすべてを否定する
     強烈な「打消しのパワー」がある。
     だから、どんなことがあっても絶対に『面倒くさい』と言わず、
     『面倒くさい』そのひと手間に本当の楽しさを見出すべきである。」

    「言葉づかいは、マナーではなくて相手への気持ちである。」

    こうしたことをちょっと意識して行動に移すことで、いつも通りの暮らしの中から新しさを得ることができるだろう。

  • 丁寧に暮らすことの大切さや、それによって襟の正される感じ、そういったことを思い出させてくれる一冊。
    読後、きちんとしようと思わせられる。

    けど、少しばかり文章や構成が宗教くさい感というか、自己啓発本っぽくて、書いてあることは胸を打つんだけど、大事な一冊にしたいなとは思えなかったのが、不思議、、、、、。

  • ●ゆったりするための1時間
    →秋でも冬でも1人サマータイム
    →1時間眠るより、1時間速く起きるほうが暮らしは心地よくなる
    ●心地よいリズム
    今日やることを、優先順位、効率を考えるのでなく自分にとって心地よいリズムでこなす
    ●手のきたない人は信用できない
    →文字通り「手入れ」する
    ●暮らしの引き算
    →増やしたら減らす
    →引き算し、毎日に余白をつくる
    ●一日一回さわる
    ●自分の使い道
    →自分という道具をえらんでもらうように手入れを怠らない。
    ●清潔なたたずまい
    →下向かない、斜めに立たない
    →正しい姿勢と素直な心

  • 余白

    というのが、キーワードとしてよくでてくるけど、例えば大好きなカレーだからこそ、たまーに食べる、とかお腹いっぱいにしすぎない、とか、好感が持てる。

  • 私には全くもって無理な生き方だが、こういう風に生きられたら理想的だと思う。
    余裕があるって素晴らしい。

  • 物質的にも精神的にも、いらないものを持ちすぎず、ていねいにおだやかに暮らすってやっぱりいいなぁと思います。バランスがとれているってだいじです。

  • 文章からも弥太郎さんの丁寧な暮らしが伝わってくるようだった。
    いくつか実践してみたいこともあった。

  • ずいぶん前に読んだけどあまり覚えてない。
    共感した項目(以下)をメモってたので読み返すけど、特に意識して実践していることはない。

    ・自分がうれしいことは人にも与える
    ・目を見て話すこと
    ・面倒くさいことの中に本当の楽しさがある
    ・迷ったときはしんどいほうを選ぶ(日常の中でも)
    ・日常の真ん中、近いところでワクワクを見つける・・外へ外へと求めない。
    ・いつもおなかに空間を残すことで身も心も軽くなる
    ・さかさま・・別の答えも用意しておく
    ・気軽なプレゼントの習慣を楽しむ。
    ・暮らしの中で不必要なものを見つける。
    ・落ち込んだときは、得意なことをしてみる。
    ・おだやかに暮らす・・一日に何回も難解も、まるで鏡で自分の顔を見るごとく確認してみる"

  • 図書館で長く待った割には期待はずれだった。目を見て話す、万年筆のすすめ、話しすぎない。

  • 暮しの手帖つながりで。

    どうせなら2冊読んでしまおうと思い読みました。

  • 「今日もていねいに」のほうが、救われたなぁ。でも松浦弥太郎さんの信者ってクリエイターに多いんだろうなぁ。

  • この人の芸風は割と好きだ。

  • 歴史ある婦人雑誌の編集長が書いた本。だから、台所グッズとか生活用品を紹介しつつ、ライフスタイルを提案する本なのかと思ったら、違った。啓蒙本というか軽いビジネス書というか。家庭、会社、社会における個人のありかた、生活の仕方を提案している本。うなずける内容だけど、目から鱗的な衝撃はない。

  • 日々きちんと暮らしたいな、と思い直しました。
    時々読み返したくなる本です。

  • ○誰に対しても同じ態度・
    「今日1日のなかで大切なこと」をみつける。
    などいい言葉はあったなぁ

    自分という木を大切に穏やかに、育てようって思った。

  •  「約束の目的は、守ることではありません。相手を喜ばせることです。」というこの思考は、きっと暖かい理想的なもの。期待以上の結果を出して、驚きと感動を与えることは、ビジネスにも生活にも通じる。
     「予定はなくてもたびの荷物をつくってみましょう」これから一人の時間がったら、どんなものを用意するか、手を動かして妄想しながら自分らしさを見つけていく。彼のアプローチはそこに集約されている。
     孤独が好きで、でも周りの人を幸せにするために人と絡まる。そいういうライフスタイルの人はなるほどと思うけど、My Way的な人にははてさて?となるかもしれないな。スピードが速まり続ける現在において、ドロップアウトしないで且つ敢えてまったりと生きようというメッセージが面白い。できるわけはないのだけど。

  • 友達がかしてくれた!じわじわ良さを感じるスルメのような本だと思った。

著者プロフィール

東京生まれ。エッセイスト。渡米後、アメリカの書店文化に触れ、日本におけるセレクトブックストアの先駆けとして「COW BOOKS」を立ち上げる。2005年から2014年まで『暮しの手帖』の編集長。その後、「くらしのきほん」を立ち上げ、株式会社おいしい健康・共同CEOに就任。「くらしのきほん」主宰。著書多数。執筆活動の他、クリエイティブ・ディレクターとしても活躍。

「2019年 『くらしのきほん 100の実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あたらしいあたりまえ。のその他の作品

松浦弥太郎の作品

ツイートする