あたらしいあたりまえ。

著者 :
  • PHP研究所
3.85
  • (50)
  • (88)
  • (68)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 639
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569776910

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何冊か弥太郎さんの本を読み続けることで一本の芯が見えたような気がします。毎日を新鮮にわくわくするためのスパイスというか、日常の調味料を教えてくれるような一冊です。

  • 人の悪口は言わないこと。
    自分に毒が回って来るから。

  • 私の仕事は、種をまく仕事だと思ってたけど、
    これまでにいろんな人が蒔いてくれた種の芽を出す仕事でもあるかもなぁ〜と気づけた。

    なるべくなるべくバランスよく、
    心の掃除もしながら生きていきたい

  • 漠然と頭の中にあった生きる上で大事にしていることが、とても丁寧な日本語で書かれていて、読むと心の整理ができた気がしました。

  • ③→②とシリーズを逆から読んでいます。「あたりまえ」という言葉に小さな抵抗がありましたが、③の「あなたにありがとう」が良かったので、手に取りました。

    松浦弥太郎さんは、松浦弥太郎さんらしさが常に文字に現れていていて、自分らしさを大切にしている。本作を通して伝わってきたのは、「僕の自分らしさを押し付けたい」ではなくて、「僕は僕らしく生きているから、あなたもあなたらしく生きてください」と優しく、時には厳しく語りかけられたような印象でした。

    あの人みたいに良くなろう。あの人みたいな習慣を身につけよう。と、他人主体で自立しようとしていた私でしたが、“自分が”誰かと幸せを分かち合い続けられるように、“自分らしく”成長していくということの大切さ、主体性を教えられました。

    さて、最初の1冊であり最後の1冊。「今日もていねいに」を次は読もう。

  • 静かで丁寧で本質を見極められるお方。
    憧れる。
    自分とは対極。

    テーマに沿った短い文章のおしまいに要点を箇条書きでふたつ載せられている。

    松浦さんの欠片だけでもあやかりたくて、手帳に言葉を抜き出した。
    何度も何度も読んで、少しずつでいいから自分のものにしたい。

  • 自分の足らないものにたくさん気づかされた。
    順不同
    種をまいて待つ
    今、おだやかでいるだろうか?
    大切なもの、好きなものほどたくさん求めないように
    「面倒くさい」を禁句にしましょう
    本当の楽しさは、面倒くさいことのなかにあるのです
    病気でもないのに、昼間から横になるのはやめなさい
    迷ったときは、しんどいほうを選びます
    たとえ失敗しても、チャレンジはできたのです
    すぐにできることは、今すぐすることです
    今日一日の中で、大切なこと
    どのような立場の人にも同じ態度で接します
    ユーモアは人と親しくなるための通行手形です
    気軽なプレゼントの習慣を楽しみましょう
    手入れした靴を履きましょう
    おしゃれのポイントは下半身の装いです
    人との面倒なかかわりの中にこそ、輝く宝がひそんでいます
    自分とは違う価値観で暮らす人を否定しない

  • チェック項目13箇所。約束の目的は守ることではなく、人を喜ばせること。普段の暮らしの態度は誰にも見られていなくても、画し切れはしない。大義名分は・・・人を幸せにすること。万年筆だと書いてすぐ出すことができない・・・心に余裕がないと使いこなさせない。お金は使う→扱う。人から貰った名刺と財布は心臓より高い位置に置く・・・大切にする。言葉遣いはマナーではなく気持ち。靴は上質なもの。手入れをしっかり。もので心が満たされない、何で満たす・・・学びで満たす。悪口は毒薬。お金に綺麗な人は歯が丈夫。運転に必要なのはブレーキをかけること。立ち止まるには勇気が必要。

  • 「暮らしの中の工夫と発見」シリーズの中では、一番好きな本です。
    何度も読み返していきたいです。これからも。

  • 「心の中のテーブル」…相手と丁寧に向き合いたいなと感じた。
    「特別なカレーライス」…大人になって、ほしいもの食べたいものがわりとてに入りやすくなった気がする。子どもの頃に感じた、待ち遠しい気持ちを大切にしたい。

  • 押し付けがましくなく、当たり前のようでなかなかできないことをさりげなく気づかせてくれる。

  • あたらしいあたりまえとはあたらしい夢。あたりまえの本質は夢と希望。
    ともだちという鏡
    しんどい道を選ぶ
    さかさまに考える、別の答えも用意することでゆとりが生まれる
    不潔感のあるもの、古びてよれよれのものは着ない
    まずは自分で考える
    身の丈にあったちょうどいいものを選びましょう
    ていねいに暮らすヒントがいっぱい

  • 「今日もていねいに。」に続くような内容。
    人と自分との間に適度な距離感を保ちつつ、社会性のある仕事をしている著者の姿勢に共感しました。

  • ここちよいとか、ちょうどよいバランスとか。
    あせることものなく、流されることもなく、
    自分にとって"ちょうどよい"ということを
    意識する。

    「特別なカレーライス」
    自分の好きなカレーライスはスペシャルな日に食べるものにして、
    あえて特別なものにしちゃう♪

    お金も地位も何も持っていないからといって、
    心まで貧しくなってはいけない。

    メモ:
    ・雨の日はお花を飾ろう
    ・無関係というものはない、あなたは社会のすべてにかかわっている。
    ・自分と違う価値観で暮らす人を否定しない

  • イライラしたらページを開きます。心が落ち着きます。

  • 合間時間に少しずつ読み進めています。

  • いいですね~、優しいですね~。
    この本を読むと生活が一段優しくできそうな気がします。

著者プロフィール

東京生まれ。エッセイスト。渡米後、アメリカの書店文化に触れ、日本におけるセレクトブックストアの先駆けとして「COW BOOKS」を立ち上げる。2005年から2014年まで『暮しの手帖』の編集長。その後、「くらしのきほん」を立ち上げ、株式会社おいしい健康・共同CEOに就任。「くらしのきほん」主宰。著書多数。執筆活動の他、クリエイティブ・ディレクターとしても活躍。

「2019年 『くらしのきほん 100の実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あたらしいあたりまえ。のその他の作品

松浦弥太郎の作品

ツイートする