投資ミサイル

  • PHP研究所
3.70
  • (26)
  • (63)
  • (48)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 479
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569779072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公がフリーターの年下彼氏と付きあっている友達と重なり、他人事には思えない作品だった。

  • Associeか何かの読書特集に載っていたので購入。
    リスクに対するリターンの考え方についてをメインテーマにしているような気がした。
    軽ーい内容から、なぜポートフォリオ投資をするとリスクが下がるのか、固有リスクと市場リスクに分け、個々の株式の値動きの共分散の話も一瞬していた。
    個人で、本気を出す気がないなら不動産投資はしない方が◎とのこと。

    世界を変えるなんてできっこないから、自分が変わるしかない

  • 著者、竹内謙礼の信者(儲)の偏った意見ですが・・・。前作、会計天国より読みやすくて上手になったなぁという印象。

    自営業にとっては、避けては通れない「投資計画の考え方」について丁寧に説明された本です。

    こう書くと、専門用語ガチガチのビジネス書をイメージしますが、OLとロボットの上司という荒唐無稽な設定を取り入れて、コメディータッチで話が進むため、意外とすんなり内容が頭に入るという趣向がこらされてます。

    一言でいうと「プランの段階で、うまくいくかいかないかは決まっている」ということです。投資とリターンを厳密にシミュレーションせずに、「まっ、やってみないと分からないでしょ」で始めた事業がうまくいくかというと・・・。

    自営業者、ビジネスオーナーにとっては耳が痛い内容ではあります。

  • 投資についての基本的な考えかたが分かって良かった。

  • 内容は、すばらしいと思うが、なんかいろいろ詰め込んであって、題名とイラストと本文とバラバラな感じ。せっかくの話が、必要な人に伝わるのだろうか。著者が竹内謙礼さんだったので読んだが、普通なら直感的に手に取らないだろし、私向きでは無かった。

  • 投資に関しての理論を小説仕立てで説明した本。
    企業における事業計画の考え方、株式投資、不動産投資の3部構成。(おまけで人生における投資についても)
    投資に関する基本的な説明で設定がロボットが上司というところもおもしろくて読みやすかった。
    株式投資に関しては基本知識があるとなお理解しやすいかもしれない。

  • 面白く読めました!
    ためになる。

  • おもしろかった。

  • 銀行から出向してきたロボットと女性社員がコンビを組んで成功していく物語。「投資」についての基本的な考え方が理解できるような構成になっている。新規事業への投資、株への投資、マンションへの投資、自分への投資。売れっ子ミュージシャンになるのも投資だという考え方。ストーリーも意外とおもしろかった。

  • 読みやすさではかなりのもの。それゆえにご都合主義がなきにしもあらず。会社にとっての利益を考える上では有益な話ばかりなので何度か読み返してみようと思う。

全61件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

経営コンサルタント

「2018年 『相続仮面』 で使われていた紹介文から引用しています。」

投資ミサイルのその他の作品

竹内謙礼の作品

ツイートする