「Why型思考」が仕事を変える 鋭いアウトプットを出せる人の「頭の使い方」 (PHPビジネス新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.47
  • (22)
  • (64)
  • (59)
  • (15)
  • (7)
本棚登録 : 655
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569790787

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Why型思考(なぜなぜくん)とWhat型思考(そのままくん)の対比の構成となっており、はっと気づかされることが多い一冊。

  • ほとんどの本は知識を提供してるけど、細谷功さんの本は知識ではなく考え方を提供してる本が多い。頭の中に道具をもらったみたいな読書体験。

    知識なんて調べれば無料で速攻出てくる時代だからこういう本を求めていた。

    この本の内容は、次に生かすために物事が常になぜそうなったのかを考える癖をつけましょうという話

    現在の具体的で目に見える物事とか現状はWhat、その物事に至った理由がWhyというらしくて、常にその状況になった理由を突き詰めて考えることが次の成功に生かせるようになるらしい。What型思考の人は常に物事がどうしてそうなったかを考えずに目に見える表面しか見ないから、成功体験はその理由を考えずそのまま次に試そうとし、失敗体験は状況が変われば成功になったかもしれないという可能性を考えず、二度とやらないという考え方をして失敗するらしい。一方でWhy型思考の人は成功体験も失敗体験も常にそうなった理由を考えるから、次に状況が変わっても生かす(応用する)ことができるらしい。だからWhy型思考の人間になれという話

  • 背景を考えようって本
    なぜなぜ思考的なそれはどういう背景・理論で起きているかをつかもうという内容で納得感はある。
    ただ内容はちょっと薄い感じがある。同じような話に見えるし。
    whatとwhyの教育は両立できないとかもわかるけどもう少し考えてほしかった。
    あと作者がwhy側にいすぎてなんか気持ちよく読めない

    非定型業務ではそもそもどういう理由で行うのか本質の議論が求められる
    大企業:what、ベンチャー、傍流:why
    what:平均点、why:二極化

  •  地頭力で有名な著者の新書、オススメです。疑問を持たずに言われたことをそのまま受け入れる「What型思考」と対比させて、疑問をぶつけて物事の本質を見ようとする「Why型思考」の大切さを教えてくれます。

     what型思考は、一言で言えば思考停止の状態です。自分で考えずに言われたことをそのまま行動に移すスタイルです。著書では「そのままくん」と呼んでいます。一方why型思考は、言われた言葉を表面的に捉えずに、言葉に潜む背景を見抜き、相手が言いたいことは何なのかを考えようとします。著書では「なぜなぜくん」と呼んでいます。

     前例主義や形骸化したマニュアルがはびこる職場、知識偏重で詰め込み主義の教育現場など、what型思考が広まっている現代社会で、疑問を持ち、なぜを言えるwhy型思考の転換を指摘しています。

     why型思考とは、簡単に言えば「自分の頭で考える」と表現できます。自分で考えて、本当のところはどうなんだと質問する習慣を作る必要があると思います。自分で考えるためには下地の知識も必要なわけで、そこはwhat型思考で頭に知識を蓄える出番です。著書でも指摘するように、what型とwhy型をバランスよく使い分けることが大事だと思います。

     why型思考とは、数学の証明問題や推理小説と似ていると思います。目の前に現れている断片的な手掛かりから物事の本質(答え)を導く、と例えることができると思います。証明問題や推理小説では、手掛かりを覚えるだけでは答えを導けません。答えを導くプロセスで、必ずや「自分の頭で考える」所作を行なっているはずです。

     数学や推理小説のように答えが用意されているのであれば、比較的取り組みやすいですが、現実では答えが必ずある保証は無いのでやっかいです。そのため骨折り損を避けるため、多くの場合において表面的なwhat型で安住しやすいのかもしれません。

     why型思考は、これからの時代に必須スキルであると思います。問題に立ち向かった時に、なぜなぜと考えて仮定を立てて攻略する。what型思考であれば、自分の手に負えないと悟った瞬間、すぐに立ち向かうのを諦めてしまうでしょう。what型思考だけでは、変化の激しい現代社会で生き残れないと思われます。what型思考とwhy型思考、両方兼ね備えた人材になる必要があると著書を読んで気付かされました。


    目次
    第1章 イントロダクション―あなたは「そのままくん」か「なぜなぜくん」か?
    第2章 職場にはびこる「WhyなきWhat病」
    第3章 Why型思考とは何か?
    第4章 WhatとWhyを切り分ければ「世界が変わって見える」
    第5章 Why型思考のビジネスへの応用例
    第6章 「そのままくん」の原点はWhat型教育にあり
    第7章 Why型思考を鍛えるために
    第8章 Why型思考の「使用上の注意」

  • WhatとWhy型で顧客の課題に理解を深める手法。コンサルタントならではの実用的な内容となっている。
    特にITでシステム提案を行っているSEや営業の方必見、ですね。
    ご本人の講演も最近聞かせていただきましたが、とても役に立ちました。

  • 「なぜ」を考えることによって、「背景」や「理由」を掴むことの重要性を説いた本。

  • 楠木さんの文脈思考と重なる部分多し。

    ◯whyとwhat思考の違い
    Why型思考 なぜなぜくん
    What型思考 そのままくん

    ◯whyとwhat型思考教育の違い
    Why型思考の教育は思考回路を刺激して考えさせる→成長曲線は指数的
    伝統芸能の世界。
    効率が悪いが自分より上が育つ可能性あり

    What型思考の教育は知識差を利用して教える→成長曲線は線形
    自分より上は育たない

    ※濱口さんの教育理論と近い

  • そのままくんとなぜなぜくん
    What型とWhy型

    為になる本。読んでよかった。

  • 成功経験のある人はそれをもとに話すが、それだと伝わらない場合がある。
    whatやwhyのバランスが重要であるがなぜが圧倒的に足りていない。また目的によって使い分ける。
    成長曲線があったがwhyをいかに引き上げるかが気になる。

  • いわゆるなぜを5回繰り返す、を丁寧に解説した良書

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ほそやいさお
1964年、神奈川県生まれ。東京大学工学部卒業後、東芝でエンジニアとして勤務後、アーンスト&ヤング・コンサルティング(クニエの前身)に入社、ビジネスコンサルタントの世界へ。2009年よりクニエのマネージングディレクター、2012年より同社コンサルティングフェロー。現在は問題解決や思考に関する講演やセミナーを国内外の大学や企業などに対して実施している。 『地頭力を鍛える』(東洋経済新報社)、『具体と抽象』(dZERO)、『メタ思考トレーニング』(PHPビジネス新書)などベストセラー多数。

「2020年 『問題発見力を鍛える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細谷功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
J・モーティマー...
阿部 紘久
神田 昌典
有効な右矢印 無効な右矢印

「Why型思考」が仕事を変える 鋭いアウトプットを出せる人の「頭の使い方」 (PHPビジネス新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×