挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.64
  • (64)
  • (113)
  • (98)
  • (27)
  • (8)
本棚登録 : 1004
レビュー : 134
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569791968

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・学ぶ姿勢としては、ある意味で謙虚さが必要であり、そういう姿は日本人的には美しいかもしれない。だが悪く言えば相手に合わせるために、自分を押さえ込んでいる。これは答えのない問題を考えたり、あるいは問題設定さえ自分で行い、自分なりの答えを創造していく際には、マイナスに働くことが多い。
    ・必死に自分の頭で考え、自分で仮説を生み出して、挫折を繰り返しながらたどり着いた「自分流」こそが正解なのだ。そしてその過程において生まれた「勉強不足」の意識こそ真の学ぶ姿勢である。そこからの学びこそが、真の知識や知恵を私たちに与えてくれる。まずは、「正解は一つではない」いや「正解は誰も持っていない」と考えてみることだ。そのことが自由で新しい発想を生み、新たなチャレンジを生む。もちろん新たなチャレンジは失敗、挫折を呼び込むだろうが、それをしたり顔で安全な場所から批判する優等生評論家などくそ食らえ。
    ・ただ生意気ならばいいというものではないが、生意気でなければ伸びないことも確かだ。まずは上の人間を恐れず、空気も恐れず、どんどん食ってかかる。
    ・あるときは、事実と論理に立脚し、またあるときは情に訴えて。押し問答や小競り合いも続けながら、ごまかしごまかしやっていった。そうやって従来のやり方を「大きく逆戻りさせない」ということに力を注いだ。
    ・自分は明らかに正しいと信じていても、「白黒つけよう」と短気を起こすのはむしろ逆効果のようだ。議論に勝っても状況が変わるわけではないし、負けたらそれで終わりだ。
    ・改革のために人の心をつかもうと思ったら、きれいごとばかりでは通用しない。
    ・生活のリアリズムなきインテリ優等生たちは、国内にも海外にも「普遍的正解」がみつからないと、今度はタイムマシンに乗って「あの頃はよかった」という話になってしまうのだ。
    ・自分の仕事の「成果」とやらを、自分が持っている「肩書き」や「地位」とやらを、一度客観的に眺めてみよう。それは本当に守るに値するようなものだろうか。一回きりの人生において、いかほどの価値を持っているモノなのか。
    ・権力作用がもっとも難しく、かつ重要な意味を持つ局面は、組織の有事、すなわち組織構成員組織内の既得権者に痛みをもたらすような改革が必要なときである。 「自分が力さえ持っていればこうするのに」などと単純に考えずに、なぜできないのか、なぜ失敗するのかをしっかり観察することだ。逆にうまくいっているケースと何がちがうのか。
    ・経営力をあえて単純化すると、的確なタイミングで正しい意思決定を行う能力(意思決定力)と、それを迅速かつ適切に実行する能力(実行力)の掛け算となる。前者は経営陣を中心とする経営インテリジェンスに関する組織能力であり、後者は現場やミドルを中心とするすり合わせや指揮命令系統に関する組織能力だ。
    ・この両者を高めるのが理想だが、この間にはトレードオフが起きやすいという問題がある。
    ・本来、逆方向に作用するものを折り合わせるのに、一般的な正解はない。リーダー自身が、どちらからも逃げず、二つの力の板ばさみになりながら、必死にやり繰りしていくしかないのだ。そこからその状況で機能する固有の答えが見つかるはず。とにかく逃げないことである。
    ・そもそも「こうすればこうなる」という解の公式のようなものがあれば、ビジネスマンは苦労しない。人間の消費行動が読めないから、失敗を繰り返しているのだ。結局のところリーダーは、トライアンドエラーで学んでいくしかない。
    ・人が人に対するときは、最後はいかに人の心に作用できるかが問われてくるのだ。
    ・より多く失敗し、挫折したリーダーほど人の心を推量しやすい。
    ・今以上でも今以下でもない、ありのままのあなたにとって、今の生き方はあなた自身の人生なのかを問い続けていくことが、これからますます大事になると思う。

  • 挫折力をどう生かすか?

    →人間は失敗からしか学べない生きもの
    小さな成功体験に囚われてはいけない
    挫折は外部環境に起因する運命であり、他人のせいにして人生のしがらみをリセットできるチャンス

  • 黒川先生のブログに確か紹介されていて、本屋で衝動買いをした本。通勤電車の中で30分あれば骨子は分かる。こんな読み方して著者には申し訳ないけど。

    そうだなあ、と思ったこと。

    挫折の経験は大切である。

    自分で考えない受験エリートは多い。試験が一意的な正解選択と暗記ゲームになっているから、正解が一つでないリアル/ワールドとの齟齬を来している。

    人は善意でもって悪行を行うことはある。裏切り者にも三分の理

    合意形成には時間がかかる。ドブ板選挙的に少しずつ見方を増やしていく。51対49まで時間をかけて合意を得ればよい。挫折を知らない人はこれが苦手(これはナッシュ均衡にも当てはまりますね、チュニジアやエジプト、リビアの動乱にも)。

    「昔はよかった」「今の若いものは」と言い出したら、それはヤキが回った証拠である。昔のほうがたいていのことは、悪い。

    読むべきは文学、哲学、歴史学、政治学、経営学の本(岩田は経営学の本はあまり読まなくてもよいと個人的に思うけど、、、)。

    内向きなのは若者ではなく、むしろ上の世代。

    なるほど、挫折は人を育ててくれる。さて、問題は挫折は狙ってできない、、、ということである。若いうちの苦労は買ってでもしろ、、、というが、苦労は挫折と同義ではない。計算された失敗も挫折ではない。失敗を見込んでプロジェクトを立ち上げて、それがうまくいかなくても「想定範囲ない」だからだ。3割目標のバッターが3打数1安打でも、2つのアウトを「挫折」とは呼ばない。

    挫折とは、挫折したくないと心から願っていて、それでもする挫折を言う。これを狙ってすることは原理的に不可能である。

    それに、挫折が成功の糧になるのは一部の成功者だけであり、これが失敗のスパイラルのきっかけになる人だって多い。ベンチャー企業を立ち上げるアメリカ人の大半は失敗する。刑務所に入った経験が人を大きくする美談はあるが、たいていのひとはそうならないから美談なのである。

    僕は挫折から立ち上がるメンタル・タフネスの涵養の仕方に興味があるが、まだ分からない。本書の著者は最初から挫折を克服できる人だから、克服できたのだ。というわけで、帯にある「打たれ強さ」の鍛え方、というのは本書では分からない(と僕は思う)。さて、どう考えるべきか。悩みは続く。

    どうでもよいが、「なんとか力」とかいう陳腐な本のタイトルはもうやめたらどうか。どうせ編集部が考えたのだろうけど。「一流になれる50の思考・行動術」というタイトルもいかにもPHPらしくて面白くない。これも著者の文体からはちょっとずれていると思う。

  • なるほど、冨山ほどの人にも挫折はあったのか。挫折は避けるものではなく、成長のために欠かせないuncortableな経験だと実感した。

  • はじめに―若者(及び若き心を失っていない中高年)たちへ
    第1章 挫折こそが成長への近道
    第2章 ストレス耐性を高め、挫折と折り合う技
    第3章 人間関係の泥沼を楽しみ、糧にする法
    第4章 捨てる覚悟を持つための法
    第5章 リアルな「権力」えお使いこなす技
    おわりに

  • 著者の実体験からの、挫折に関する見解は説得力があるし、参考になる。

  • #読了メモ

    どれだけチャレンジしたのか?
    失敗してもそこから何を学んだのか?
    大きいことを経験していれば、チャレンジするハードルが下がるので、色々と新しいことができるようになる。


    挫折をしない人生ほど窮屈でつまらないものはない。挫折をした人だけが実り多い豊かな人生を送れる。積極的に挫折を体験し、それを乗り越えることで、これからの時代に通用する力を身に着けることができる。

    挫折を生かす=挫折力

    変化の激しい時代には企業は常に出血を強いられる。修羅場を乗り越えていく能力

    挫折こそが成長への近道=人を最も成長させるのは挫折である

    優等生の脆弱さ
    高学歴の政治家の優柔不断
    高等教育が生んだ驚異の害毒種
    運命を受け入れることの大切さ

  • チャレンジするきにさせらせた

  • ビジネス書で買う価値のあるものは少ないと思ってましたが、これは良い本ですね。情理をいかに整合させるかが定型の解もなく難しいものだと感じました。あと、「3人寄れば文殊の知恵」3人であることも意義がある見方にハッとした。大勢集めりゃ良いってもんじゃないんですよね。(民主党の人らには解るまい)

  • 若者へ向けた強いメッセージが書かれています。
    挫折によって、打たれ強くなり、豊かな人生を送れる。
    若いうちに挫折せよ、いずれその挫折力が活かされるはずだ。
    そういうことを前提に前向きに書かれています。
    後半はリーダーについて書かれています。

    何度でも読み直したい本です。

    気になったポイント
    ・若いうちに捨てることに慣れておくこと
    ・捨てる覚悟こそリーダーに必須
    ・内村鑑三的人格とマキャベリ人格の共存
    ・人は性格とインセンティブの奴隷

全134件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

冨山 和彦(トヤマ カズヒコ)
株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO
1960年東京都生まれ。東京大学法学部卒業、スタンフォード大学経営学修士(MBA)、司法試験合格。ボストン コンサルティング グループ、コーポレイト ディレクション代表取締役を経て、2003年に産業再生機構設立時に参画し、COOに就任。2007 年の解散後、IGPIを設立。パナソニック社外取締役、東京電力ホールディングス社外取締役、経済同友会副代表幹事。財務省財政制度等審議会委員、内閣府税制調査会特別委員、内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者、内閣府総合科学技術・イノベーション会議基本計画専門調査会委員、金融庁スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議委員、経済産業省産業構造審議会新産業構造部会委員などを務める。主な著書に『会社は頭から腐る』(ダイヤモンド社)、『AI経営で会社は甦る』(文藝春秋)、『なぜローカル経済から日本は甦るのか』(PHP新書)などがある。


「2019年 『両利きの経営』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冨山和彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
落合博満
池井戸 潤
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×