新版・実践経営問答 こうして会社を強くする (PHPビジネス新書)

著者 :
制作 : 盛和塾事務局 
  • PHP研究所
3.86
  • (26)
  • (29)
  • (26)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 342
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569794952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 盛和塾でのやり取りがベースになりますが、経営についての悩み事全般がまとまっていて、内容もリアルです。
    また、著者の回答もわかり易く経営者としての心得の書として、有効な一冊だと思います。

  • ・同じ目標へ
    経営者は、企業を単なる烏合の衆でなく全員が一つの目標に向かって突き進む集団、一つの意識、考え方を共有する集団にしていく使命がある。
    どういう会社にしたいのか?それが原点である。登山でも小さな丘に登るのとヒマラヤに登るのでは、準備も心構えも違う。

  • 困ったらここに戻る本ヽ(*´▽)ノ♪

  •  稲盛和夫氏が主宰する経営塾の盛和塾の勉強会の内容をまとめた本。その勉強会で「経営問答」というものがあり、参加者の質問に対して、稲盛和夫氏がアドバイスをする。

     大企業から中小企業、業種も様々な種類があるし、経営者にも創業者もいれば、二代目、三代目もいる。また、従業員との関係も多種多様で会社の数以上に経営者の悩みは存在し、すべての悩みが特殊ケースの様である。

     それらの質問に正解などないように感じられるが、稲盛氏の経験に裏打ちされた普遍的に通用するであろうアドバイスは、説得力がある。数字やロジックで説明する訳ではないのに、普遍性を感じられるのは、同氏の困難な経営課題を乗り越えてきた経験に、裏打ちされているからだろう。会社が生き物であるというのも実感できる。

     一方で数字による会社の把握、つまり損益計算書、貸借対照表などで計数的に管理することが経営者に必要な条件の一つだとしている。

     経営者の心構えが読み取れる内容であり、専門的すぎず読みやすく、しかしながら、稲盛氏の経営哲学に多面的に触れることができる。自分の勤める会社に重ね合わせながら読むこともできる内容も多く、あっという間に読んでしまった。

     個人的には「京セラのコンパとはどういうものか」が印象に残った。このレベルの飲み会ができれば、きっと、もっと仕事が楽しくなるに違いない。

  • ディフェンシブな経営手法に好感が持てる。もちろん道徳論にも。

  • 2012/09/01読了。

  • 稲盛和夫著「こうして会社を強くする」PHPビジネス新書(2011)
    *社長というのは最終決定をするため後ろがない。では決断するときに何を持って決めるかというと心の中の座標軸になる。社長業を全うする、つまり企業をおさめるには、判断、決断の基準となる心の座標軸を持っている事が一番大事だと考える。
    *実は人間が一番強くなるのは執着から解脱した時である。もうけたい、偉くなりたいこれはみんな欲です。もちろんこの欲望から完全に抜けだすのは無理ですが、人を喜ばすために、と考えればその分我欲が引っ込みます。心が高まって行くのは実はこれからです。
    *成功する人は、必ず死線をさまようような大病をするか、大きな挫折をしています。決して幸運に恵まれる事の連続というような人生ではなかったということです。
    *自分の仕事に大義名分をたてて、どういう意義があるのかを明文化し、その大義名分に対して皆で燃えて行こうとすべきです。
    *事業の多角化で問題なのは、多角化後3年を経て、なお赤字であった場合です。これは早急に見直さなければなりません。赤字事業と次々と創っているような多角化は非常に危険だからです。中業企業の場合には新規事業は3年がめどで、うまく行かないものは見切りをつけて行けるくらいの決断が必要です。
    *新しい場所に進出するために大切なことは3つあります。(1)低価格化に対応する仕入れをかんがえること。仕入れ、どの仕事にも共通するのですが「利は仕入れに有り」なのです。利益を得ようと思えばポイントは仕入れにある。だから大阪の船場では仕入れは旦那がするものでした。(2)店舗ごとに独立採算のシステムを構築すること。損益計算できるシステム、独立採算ができるシステムをつくることは重要です。(3)人材育成と人材管理をすること。人材を育成し任せられる人を養成する必要があります。
    *闘魂とは、もともと格闘家のように勝ち気な個性を持っている人は確かにいますが、そういう粗野な闘魂ではなくて、母親がもつ闘魂が大事。これが責任感を社会的意義を持てる闘魂。子供が教われようとした時、母親は怯まず外敵に挑んで行く事でしょう。これが本当の闘魂です。母親はどんな父親にも持たないような凄まじい勇気と闘魂をもって自分の子供を助けるのです。

  • 稲盛和夫の経営論の話で、作者が運営する盛和塾での稲盛和夫と塾生との質疑応答を紹介している話です。
    稲盛和夫の他の著書と同じくブレない信念がさすがで、稲盛流会社経営理論というのをうかがうことができます。
    現状、このような考え方で経営する経営者が1人でも増えることが日本の経済力を復活する鍵なようにも思えました。
    特に経営12ヶ条に関しては今、希薄になっていると思われる全ての日本の会社の社長に肝に銘じて欲しい考え方だと思います。

  • 京セラ創業者の稲盛 和夫氏が主催する盛和塾における、若手実業家の塾生と稲盛氏の対話形式の本。

    塾生が直面している実際の問題を題材に、稲盛氏がどのように対応したらよいか、考えが述べられている。

    稲盛氏によると、経営者は人の為(利他的)に行動する、財務に関しての理解を深める、酒の席を通して社員に自分の信念を叩き込むことが大切であるようである。

    私が感銘を受けた点として、利益を生まない新規事業は世の中にはないということ。利益がでないのは、始める前の入念なシミュレーションができていないことに尽きる。まずは明確な目標を定めること、そして目標に到達するための具体的な方法論に落とし込むという流れが定石。

著者プロフィール

1932年、鹿児島生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。また、84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年には日本航空会長に就任。代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年には稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。
著書に『生き方』『京セラフィロソフィ』(ともに小社)、『働き方』(三笠書房)、『考え方』(大和書房)など、多数。

稲盛和夫オフィシャルホームページ 
https://www.kyocera.co.jp/inamori/

「2019年 『心。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新版・実践経営問答 こうして会社を強くする (PHPビジネス新書)のその他の作品

稲盛和夫の作品

ツイートする