超訳 ゲーテの言葉

  • PHP研究所
3.56
  • (6)
  • (11)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 108
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569795485

作品紹介・あらすじ

懸命に生きれば、必ず何かを残せる。時代をこえて読みつがれてきた大作家ゲーテが教える実りある人生を送るヒント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自己コントロールは自由に出来る
    自分の感情を自由に処理したり扱ったりできる。

    短期は人生を厄介なものにする

    考えは言葉の質と量で決まる

    自分しか証人のいない試練をかけることで、本物の自尊心が手に入る

  • ゲーテの言葉。
    分かるところは多いに賛同出来るけど、
    時代が変わったのかな。
    ん?それは違くない?って
    言葉もチラホラあった。

  • ちょっと期待はずれ・・・。

  • 時折、ぱらりとページを繰って読んでいます。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1749年ドイツ・フランクフルトに生まれる。小説「若きウェルテルの悩み」などにより疾風怒濤(文学革新運動)期の代表的存在となる。政治、美術研究、自然科学研究の分野でも活躍。他作品に戯曲「ファウスト」「エグモント」小説「ウィルヘルム=マイスター」「親和力」自伝「詩と真実」「イタリア紀行」詩集「西東詩篇」などがある。1832年没。

「2021年 『ゲーテショートセレクション 魔法つかいの弟子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの作品

超訳 ゲーテの言葉を本棚に登録しているひと

ツイートする
×