いっきにわかる新選組

著者 :
  • PHP研究所
3.47
  • (2)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569796574

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中盤以降は写真も多く、時系列に沿っていてわかりやすい。
    前半の多摩時代は時系列順ではないので、頭で整理する必要があった。

    沖田総司の生年や結核にかかった時期、吉村貫一郎の死にまつわる逸話など、小説の創作である可能性が上げられているものや諸説あるものについて、他の説には一切触れず、断定口調で記述されていることが気になった。
    検定の参考書であるので、これから新撰組について学ぼうという人が最初にこれを読み、書いてあることがすべて本当であると信じてしまわないか不安になる。

  • 「新選組検定」公認参考図書

  • 新選組の流れを知るには良いと思いますが、文章メインなので、イメージしにくい部分もあり。

  • 第一回新選組検定公認参考書なのだそうです。確かにいっきに新選組の事がわかると思います。入門編にはぴったりかも☆所々気になる部分はありましたが、歴史には諸説ある為ざっと説明するには仕方のないことと解釈することにします。他にも本書に登場していない色んなエピソードがありますので、興味が湧いた方はぜひまた別の本も手に取ってみられると面白いと思います♪
    さて次は群像シリーズの方も読んでみよー。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

幕末や戦国時代を中心に歴史本を出版する歴史作家。大河ドラマ、時代劇や映画の時代考証も多数手がける。著書には『世界一よくわかる幕末維新』『世界一よくわかる新選組』(ともに祥伝社)などがある。

「2021年 『最新科学で探る日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山村竜也の作品

ツイートする
×