伝える力 2 もっと役立つ! 「話す」「書く」「聞く」技術 (PHPビジネス新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.46
  • (64)
  • (180)
  • (216)
  • (50)
  • (10)
本棚登録 : 1854
レビュー : 221
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569800578

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旦那が会社の課題で購入したので読みました。
    しかしまあ、さすが旦那。
    前回は”相手に「伝わる」話し方”を買ってました。
    今回、伝える力2。
    何もいえないです。

    1を読んでないからって読めない本ではないでした。
    相手に「伝わる」話し方は「ふむふむ。なるほどね」と思いながら読めましたが、この伝える力。はちょっと苦痛でした。

    私自身、昔のことに興味ないからかもしれませんが、

    疑問を投げかけられる→そんなこともわからないのかと言わない→噛み砕いて説明する→自分が成長する

    の部分で、わざわざ歴史の話を持っきて、読めない漢字の羅列…。

    伝えるにはまず、相手に自分の話の興味を持ってもらわないと楽しくもないということを再確認できました。

    どうして今その話なのか、どうして八岐大蛇の話をしようとしたのか。意図がわからないと苦痛です。

    また、本書で「具体的に話すぎると結局何が言いたかったのか、相手には伝わらない」ともありました。

    まさに、池上さんが言ったことをそのまま返しちゃう本です。

    興味持ってないのに具体的に話進められても、池上さんのいう、他の人にも伝えたくなる。とはならないです。
    人間、表向きはそうなんですね!ほうほう!と聞くことはありますが、正直に、で、結局何が言いたかったの?とか、その話興味ない。とか言いません。

    投げかけられた疑問に対して、どれだけの量の説明を入れるかも、伝える力には必要だと思います。

    因数分解はとても共感できました。
    私も旦那に話したいことをまず紙に書いて、結局何が言いたいのかを先に考えてから旦那に話をします。


    旦那に毎度毎度、「どうせわからないと思って伝えなければ伝える力はつかないし、どう説明すればいいかわからないのなら、どう説明すればわかるかを試行錯誤しないと一生伝える力はつかない」と言っていますが、まあ、会社から出された課題で、惰性でやってるだけなので、今後も伝える力はつかないだろうなあ。と思ってます。

    このやり方は納得できた。
    でも自分に置き換えるとできない。
    っていう人間なのかもしれないです。

    これで大卒だからびっくりしたものです。
    本書でも学校は暗記だけの教科書で、自分で考える力はつかないってあったので、まさに。と思いました。

    国語も、正しい日本語が使えてないのに間違えた文章を解く問題をしたって力はつかない。
    間違えた文章を解く問題は、正しい日本語が使えてから。
    という部分はとても共感しました。

  • 1に比べると読み足りない感じがする。2はより分かりやすく書いたのかな?ただ話す内容を因数分解するくだりに関してはなるほどと感じた。

  • 図書館

  • 6章の気になる言葉、気になる表現は同意。〜のほう、〜になります、〜思います、はボカシの表現だなあ。

  • 著者の考え、意識があってこその伝える力だとわかる。
    自分もわかっているようでわかっていないことが、多いのでその点を注意したい

  • 話し方の参考までに。身につくかどうかは別の問題...。

  • 電子書籍購入(紀伊国屋オンライン)
    とてもわかりやすく、伝わってくる。1に比べるとちょっと散文的だが。
    ・和文和訳を意識して説明する
    ・谷川俊太郎「自分の詩が国語の試験問題に採用されたので解いてみるとだいたいゼロ点」
    ・自分の言葉でなければたとえ名文であっても人の心に届かない
     ⇒野田よしひこは自分の言葉で発信している
    ・文章は因数分解するとわかりやすくなる

  • 【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】
    第1章 東日本大震災と「伝える力」
    1 「ようめんに」と言われても
    2 和文英訳をして解説した
    3 人はわからないと不安になる
    4 自分がわからないことは相手もわからない
    5 理科系の話を文化系に翻訳する人が必要
    6 菅直人氏と枝野幸男氏の「伝える力」
    7 相手に「話の地図」を渡すことが必要
    8 東京電力と東京ガスの違い
    9 イギリスのリスク・コミュニケーションに学ぶ
    10 科学者と政府の見事なコミュニケーション
    11 画期的だった天皇陛下のエンペラーズ・スピーチ
    12 「どじょう発言」の伝える力
    13 同じフレーズを繰り返した野田総理の所信表明演説
    14 もう一つのアメリカ流

    第2章 テレビの現場から学んだこと
    ー「週刊こどもニュース」「学べるニュース」で培った伝える力ー
    15 ニュースの素人が作っていた「週刊こどもニュース」
    16 「水道」と「海峡」はどう違うの?
    17 「鎖国って何ですか?」
    18 受けた質問を仕事や勉強に活かす
    19 部下や後輩の問いかけに耳を傾けてみる
    20 相手の答えが違っていても
    21 なぜ地デジに移行したか知っていますか
    22 地デジを道路にたとえて説明した
    23 ゲリラ豪雨は、どうしてゲリラ豪雨?
    24 「押す」か「巻く」かわかりますか
    25 「その八百屋、わらって」と言われても
    26 業界用語は業界内だけで使うべし

    第3章 世間にあふれる「わかりにくい表現」「伝わりにくい表現」
    27 歴史の教科書が面白くない理由
    28 わかりやすい教科書では困る人がいる
    29 筆者が答えに困る国語の試験問題
    30 悪文を読解させるよりも
    31 TPPは海外の企業を「裨益させる?」
    32 小泉純一郎氏と小泉進次郎氏の「伝える力」
    33 鳩山元総理の「いのちを守りたい」は国民に伝わったか

    第4章 もっとわかりやすく伝える方法1
    ー話をコンパクトにまとめるー
    34 「因数分解」を覚えていますか
    35 伝えたいことを因数分解すると、わかりやすくなる
    36 因数分解して相手に地図を渡す
    37 カタカナ用語を考える
    38 ツイッターの140ジで「伝える力」を磨く
    39 企画書はA4用紙1枚にまとめる

    第5章 もっとわかりやすく伝える方法2
    ー話し方や話題を工夫するー
    40 スピーチをするときには
    41 具体的な話で聞き手の気持ちをつかもう
    42 報告書は簡潔に、一文を短く
    43 わかりにくいニュースの語源もある
    44 英語の関係代名詞は日本語の話し言葉に似ている
    45 「戦場カメラマン」渡部さんがゆっくり話す理由
    46 相手と話すスピードを合わせる
    47 視線を同じ高さにすると話しやすい
    48 滝川クリステルさんに学ぶ座り方
    49 九条はアイディアの宝庫
    50 社名や地名の由来で相手の心をつかむ
    51 グルジアはジョージア?
    52 竜を退治したゲオロギウス
    53 ジョージ・ブッシュもゲオロギウスだった?
    54 興味を持つ→学ぶ→伝える「知の循環」

    第6章 気になる言葉、気になる表現
    55 敬語が苦手な若い人が増えた背景には
    56 相手を思いやる気持ちがあることが大前提
    57 尊敬語と謙譲語の区別はできていますか
    58 「部長は出かけていらっしゃいます」はおかしい
    59 「させていただく」も過ぎたるは及ばざるがごとし
    60 「ご被害者のみなさまへ」はまさに慇懃無礼
    61 「〜〜したいと思います:は自信のなさの表れ
    62 「応対品質を確保するため」とはどういうこと?
    63 ぼかした表現が増えている
    64 「こちらはコーヒーになります」はまだコーヒーになっていない?
    65 「頭痛が痛い」表現に注意しよう
    66 そのツィッターの内容、街中で叫べますか?
    67 自分の個人情報にも留意する

    第7章 日本語は乱れているのか
    68 「ヤバイ」のはやばい?
    69 気が置けない人は油断ができない?
    70 漢字の「正しい読み方」と「間違った読み方」
    71 「アナウンス読本」も変わっていく
    72 麻生氏と菅氏、二人の総理大臣経験者の誤読
    73 徒然草にも書かれていた言葉の乱れ
    74 未来h「ゲンゴ道断」が正しい読み方に!?
    75 豊かで美しい日本語で伝えるために

    第8章 かつて私も「伝える力」に悩んでいた
    76 引っ込み思案で、目立たなかった少年時代
    77 警察担当の記者にはなったものの
    78 ガサ入れの瞬間をカメラに
    79 「おばちゃん」気質に学ぼう
    80 専門用語の使い方は苦い経験から学んだ
    81 丸谷才一氏に学んだ「ね」

  • 相手が答えが間違ってた時、ブーって言わない。
    そこから、一言添えてあげる

    文章を因数分解してあげる

    知らない人が悪いって思ってたら、伝える力はつかない。
    →人にわかりやすく伝えるのは、人を育てることと同じ。わからないことを、世の中は教えてくれた。その恩返しでもあるのでは。

  • ベストセラー「伝える力」の続編
    伝える力のノウハウもさることながら、池上さんの人柄そのものがにじみ出てくるように伝わってくる本。

    東日本大震災で伝える側が何が足りなかったのか、マスコミ、さらには当時の菅首相、枝野さんの「伝える力」にも切り込んでコメントしています。さすが池上さん。

    さらに、本書では、具体的に伝えるということを本文中で語っていることもあり、本当に具体的に名指しでその人の伝え方を解説しています。
    先の菅さん、枝野さんをはじめ、小泉さん、進次郎さん、鳩山さん、野田さんと、さらには戦場カメラマンの渡辺さん、滝川クリステルさん、などなど、それぞれの伝え方についてをコメントしています。

    本書で明日からもできるノウハウは
    「同じフレーズを繰り返す」
    「因数分解」
    「地図を渡す」
    「話すスピード」
    さらに
    変な日本語を使わない

    本書は、あまりにわかりやすく、伝わりやすく書かれているため、さらさらっと読めてしまい、逆に心に引っかかりにくいという欠点もあります。

    しっかり復習しないと..(笑)

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

伝える力 2 もっと役立つ! 「話す」「書く」「聞く」技術 (PHPビジネス新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする