今できることをやればいい

著者 :
  • PHP研究所
3.72
  • (15)
  • (18)
  • (19)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 190
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569806952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとつ。
    そんなにバランスの良い食事なんか取らなくたって、そうそう不健康にはならない、と。
    粗食が結局、体に良いんだろうなー、と思った。

  • #70 「がんばらなくていいんだよ」と同じ著者、比叡山の住職。
    語り口調が心にしみる。
    今この人に会えたら、なにも言えずに足元にくずおれてしまいそう。

    自分なりに一生懸命頑張ってるけど、世の中の役にたつまではなかなかだぁ…

    神様仏様、
    生かされていることに感謝。

  • この本を読んで早起きできるようになった。生きる事の苦しさが和らいだような気がする。

  • 羊の役割のエピソードが面白かった。
    鹿をかばって羊が猟師の鉄砲で撃たれた。羊は自分を犠牲にしてでも他の動物を助ける生き物。「義」というじは羊と我

  • 一気に読了しました。

    前作の「ムダなことはひとつもない」に続けて読みましたが
    同じ人が書いた?と思うぐらい文章が読み易くまとまっていました。

    病気で人生というか生き方について迷っている自分にとって
    何度も読み返したい1冊になりました。

    簡単にいえば、孔子・莊子の現代語訳という感じでしょうか?

    大局的なものの見方で考えたりすることの必要性や
    それをすることにより、自分へのプレッシャーの外し方など
    参考になる考え方が満載の1冊です。

    自分は病気療養中で、8年続けた自分の会社もダメにしてしまい
    現状として、全く働けない状態で、今日を生きることに
    疑問や不安を感じ、生きる意味が分からなくなり
    そのプレッシャーに押しつぶされそうな中読ませて頂きました。

    読了後、真っ暗なトンネルの先に小さな光が指し
    そこに向けて前進していくための勇気をいただけなような気がします。

    混沌とした今の時代だからこそ、多くの日本人の心の拠り所となる
    仏教や密教といった考え方に、一筋の光が見いだせるのかもしれません。

    私自体の信仰は著者の宗派とは違いますが
    全く関係なく、道徳の本としても最適な良書だと思います。

    様々な悩みを抱えた方に、良き1冊となるのではないでしょうか。
    是非、一読されることをお勧めいたします。

  • 2013.10.15

  • 天台宗大阿闍梨、「行き先を決めると、迷わなくなる」「自然の摂理に逆らわない」「今日のことだけ、まず考えてみる」「今日の朝、目が覚めたことに感謝する」

  • 酒井さんってとても偉い方のはずなのに、ずいぶんざっくばらんに書いているなーというのが今回ももった感想です。
    過去何冊か酒井さんの本を読んでいますが、どの本を読んでも、ざっくばらんに書いてある。でも、心にふれることも書いてあって、毎回色々刺激を受ける本です。
    ちょっと悩み事を抱えている方などが読めば、世の中の見方が変わってよいと思います。

  • 一人一人の生き方を肯定するような、優しさに溢れていて、なんだかホロリときました。自分のおかれている状況に感謝していきてゆきたいと思った。

  • 身口意三業
    三つの要素のバランスがたれて初めて人は成り立つ
    →動中の静 体は動いているが心が静まっている。集中力が最大限の状態
    静(内省)があるからこそ、動次の世界()がある。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■酒井 雄哉(サカイ ユウサイ)
天台宗の僧侶。1926年、大阪府生まれ。
太平洋戦争時、予科練へ志願し特攻隊基地・鹿屋で終戦。
戦後、職を転々とするがうまくいかず、比叡山へ上がり、39歳で得度。
7年かけて約4万キロを歩く荒行「千日回峰行」を1980年、87年の2度満行した。
天台宗北嶺大行満大々先達大阿闍梨、大僧正、比叡山飯室谷不動堂長寿院住職を務めた。
2013年9月23日、87歳で入滅。

「2019年 『人生を楽しく過ごしなさい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今できることをやればいいのその他の作品

酒井雄哉の作品

今できることをやればいいを本棚に登録しているひと

ツイートする