日本人はいつ日本が好きになったのか (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.61
  • (20)
  • (58)
  • (45)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 497
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569814407

作品紹介・あらすじ

日本人はなぜ「日本が好き」といえるようになったのか。占領政策や戦後外交の問題点を指摘しながら、全国民に自信と勇気を与える一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 歴史と神話を共有することは大事。

    カルタゴは経済だけに走り、国がなくなった。

    攻める側は、一点に戦力を集中できるが、

    守る側は分散してしまうのだ。

  • 確かに「国史」じゃなく「日本史」と表すのっておかしいよな。
    「国語」の授業が「日本語」の授業って呼ばれたら「外国人かよ!」って突っ込むとこだわ。
    ふつうに受け入れてたなあ。
    もはや戦後ではない、からさらに数十年たっても、実は戦争の影響に浸食されてるんだな…

  • 私たち日本人は日本を好きになってもいいんだ。

  • いつもの竹田先生です。
    タイトルの日本人は、いつ好きになったか。

    好きになるのに理由はいるのかい。

    至極当然のことであり、理由など無い。
    だが、言葉では簡単で、論理的に述べることができなければ学問ではない。

    しかし、タイトルに至るまでが、やや心が痛くなる内容で残念である。
    もっと好きな理由、魅力について述べていただきたかった。

  • 読んでおいて損はない

  • タイトルと中身があまり関係ない。なぜこの人は自分が日本人代表のような口ぶりでいうのだろうか。

  • 明治天皇の玄孫の末裔という著者が、日本と愛国心について記した一冊。

    多少著者のバイアスは感じるものの、概ね納得できた。

  • 息子が「日本が嫌いな日本人なんていてるん?」ってこの本のタイトルを見て言いました。
    この本が出たついこないだまで「日本が好き」っていうだけで「右翼」とか言われててんでって言うと驚いてました。
    うちの子供たちはちゃんと育ってくれてるなと思います。
    自分の生まれ育った国に誇りを持って好きになれないことほど不幸なことはないので。

    ただ僕も含めて今の日本人は戦後復興の恩恵を消費してるだけで、ちゃんと次代に受け継ぐ準備ができてるのか疑問があります。
    人を育てることも重要ですが日本という国を住みやすい国にすることも大切な義務やなと思います。

    悲しい出来事でしたが東北の震災と民主党政権と近隣3国の領土領海侵犯が日本人が日本を好きと言えるきっかけになったという論旨に賛同します。

  • 2016年3月29日読了。皇室の血を引くという著者による著書。日本人としての自尊心をくすぐる本ではある。アメリカ人も中国人も皆自分の国を愛しておりその歴史・神話を学んでいるのに日本人はそうではない、それは戦後GHQによる日本の統治に源流があるのだ、とする指摘には納得行くところもある。終戦に際した昭和天皇のマッカーサーへの発言など興味深く読んだが、「日本人が国を愛せば、必ず日本は光り輝く」と結論でトんでしまうところにはどうにも納得しかねるが・・・。それなら中国も韓国だって光り輝くんではないのか?

  • 日本人はいつ日本が好きになったのか 武田恒泰
    「日本のことが好き」という右翼というレッテルを貼られる。
    外国人は日本が大好きなのに、日本が大好きな日本人が少ない。
    平和で治安もよく物資にあふれてインフラも整備されているのに。
    →戦後日本教育におけるGHQの徹底した「精神的武装解除」政策。

    しかし、東日本大震災と領土問題と民主党政権により、
    日本という国を今一度好きになりつつ空気が生まれつつある。
    日本人は戦後はじめて日本に興味を抱きはじめた。
    (出雲大社や伊勢神宮の式年遷宮もいい機会になったね)

    GHQないし連合国による「物理的精神的武装解除」
    →自分たちの植民地政策は棚上げ
    →日本に対する恐怖心(特攻隊など)狂っている日本人
    硫黄島の戦いで勝利したのはアメリカ軍だったが、
    犠牲者戦死者負傷者は日本軍を上回る。
    捨て身となって部隊に突撃して全滅される「玉砕」
    →そんな日本人に配慮しながら、少しずつ精神的骨抜きにする、
    非軍事化と民主化という作戦。徹底的に自虐に満ちた教科書。

    マッカーサーは昭和天皇と対面して驚愕した。
    命乞いすると思ってたら、全責任は自分にあり、
    国民のことを第一に考えていた。この経験により、
    マッカーサーは皇族相続を強く意識した。

    GHQが新聞雑誌映画教科書や郵便や電話に至るまで、
    徹底して指導し、日本の歴史と神話を排除することで、
    日本の同一の民族意識を失わせる。
    →その結果、天皇について日本人はよく知らないし、
    日本がいつ建国されて、誰によって建国されたのか知らない。

    朝廷が編纂した公式な歴史的教科書「日本書紀」によると、
    紀元前660年に神武天皇が橿原宮に即位した年が建国。
    3世紀には巨大な前方後円墳が登場していることから、
    考古学の見地から見ても、建国から2000年かそれ以上。

    憲法9条問題
    ①戦争を放棄(戦争しないよ)
    ②交戦権を持たない(そのための武器持たないよ)

    侵略戦争はNGだけど、自衛権はOK。
    自分から攻撃するのは×、しかし防御のための攻撃は◯。
    攻撃してもよいその条件は3つ。
    1急迫不正の侵害があって
    2それを防ぐための他の手段がない
    3なおかつ必要最低限の実力行使にとどめるべき
    さらに集団的自衛権も行使しないという状態。

    弱腰外交は戦争への近道。

    【中国と日本】
    聖徳太子が遣隋使小野妹子に書簡を渡す。
    「日出づる処の天子、署を日没する処の天子に致す。つつがなきや」
    これで随の煬帝が激怒した。
    中華王朝に朝貢をしておいて、冊封をうけない。
    関係はご近所づきあい程度に。敬して遠ざける。
    大国だから無視できないけど。
    中国が尖閣諸島を欲しがる理由は「資源」「太平洋への入り口確保」

    膨張する中国から日本を守るためには、
    台湾やインドをはじめとするアジアの国々と連携を保ちつつ、
    中国包囲網を形成することが大事。

    【韓国と日本】
    韓国は法治国家風人治国家。
    仏像返還差し止め事件とか中国人靖国放火犯人中国送還事件とか。
    ルールはあれどもガンガン破る。
    そして伊藤博文を殺害した安重根を英雄視する。
    歴史認識とか理屈が通らないから、他の国々に、
    正しい歴史認識を伝えてまわるしか方法がない。

    小国だから無視していいんじゃないか?

    【いかに日本がすごい国か?】
    戦後の焼け野原から経済大国となり、
    もはや東京だけでメキシコ分のGDPとか
    もはや福岡だけでエジプト分のGDPとか
    ASEANのGDPの合計が、日本のGDPの3分の1。
    (GDP:日本の国内で1年間に生み出された生産物やサービスの総和)

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

昭和50 年(1975)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。作家。
平成18 年(2006)に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15 回山本七平賞を受賞。
著書はほかに『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』『日本人はいつ日本が好きになったのか』『日本人が一生使える勉強法』『アメリカの戦争責任』『天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか』『日本の民主主義はなぜ世界一長く続いているのか』(以上、PHP新書)、『現代語古事記』(学研プラス)など多数ある。

「2020年 『天皇の国史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹田恒泰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
竹田 恒泰
百田尚樹
三浦 しをん
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人はいつ日本が好きになったのか (PHP新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×