知の最先端 (PHP新書)

制作 : 大野 和基インタビュー・編 
  • PHP研究所
3.44
  • (16)
  • (46)
  • (56)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 454
レビュー : 65
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569815206

作品紹介・あらすじ

最先端を走る俊英たちは、何を考えているのか。経営学、都市社会学、安全保障、そしてITの未来等について、7人の世界的知性が語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カズオ・イシグロやクレイトン・クリステンセンのインタビューが入っているので買ってみたが、全体的にはイマイチ。

  • これだけの面々と対話をしながら、勿体無い、というのが印象。夫々にキャッチなテーマを確認するような中身で、正直、個々の著作を読んだ事のある人であれば、何を今更?という感が拭えない。詰まらないとは言わないが、勿体無いのだ。相手が相手だけに、知の最先端と大仰に構えても、それぞれの分野に精通していないと、その分野での最先端を掘り下げられないのだ。そして、これだけのメンバーにそういったインタビューをするのは、簡単ではない。

    イノベーションについての著作は、読んだ事が無かったので、以下、備忘録。

    クレイトン・クリステンセンの章にて。エフィシェンシー・イノベーションとは、既に製造し、販売されている製品をさらに効率のよい、手頃な価格にするためのイノベーション。

  • IT、国際政治の専門家など、一流のまさに知の最先端を
    行く天才7人との対話。
    たくさんの刺激を受けた。
    特に、作家のカズオ・イシグロ氏のインタビューでは、著書「わたしを離さないで」のバックグラウンドについて触れられている。
    そこで、私自身再読したいと思った理由が明確になった。
    ミステリーのような雰囲気になったのは、意図的ではなかった。
    「われわれは子どもがかわいいと思ったり、見下したりします。子どもがわかっていないことをわれわれはわかっているからです」だから、それらを大人の読者でさえも、分からない変わった世界を作り出したかったということと、「大人の読者にも同じ奇怪さや恐怖のプロセスを体験してほしかった。子どもや若い読者が経験するのと同じようなことが、徐々にわかっていく過程です。子どもが知る以上に読者に知ってほしくありませんでした」ということ。その結果、ミステリー感がつきまとう作品になったわけだ。
    それから、小説を書くプロセスだとかとても面白いかった。

    気になっていた内容だったので、カズオ・イシグロの話ばかり引用してしまったが、全体的に私でもついていける内容で、読みやすかった。
    最先端の人々は、輝いていて生命力に溢れている。
    その活力を私も少し得た気がする。

  • 最先端なんて言うからよっぽど尖ってるのかと思ったら、意外とわかりやすくて面白かった。ブレない知性。「知の逆転」と似てるけど、どっちがパクったんだろう。

  • 元々はクリス・アンダーソン氏の最新のインタビュー内容が掲載されるということで、期待して買いました。
    読み始めると、他の6名のインタビュー記事も面白く、新書という性格上カタログ的な要素が強いが、その分内容は濃く薄い本だが読み応えのあるインタビュー集であった。
    特に印象に残った3人の言葉を紹介したいと思います。
    クリス・アンダーソン氏の考え方として
    これから21世紀に成長していく企業はどんな企業か?に対して、今の時代の企業に最も必要なのは、Communityを作らなくてはならないということ。またプラットフォームを作り、それが賛同できるものなら、いろいろな人が自らこちらへやって来てくれる。
    シーナ・アイエンガー氏の考え方
    大胆な決断をするときはリスクを取る能力を必要する。つまり失敗を恐れないということ。
    決断の際は「間違った決断VSより正しい決断」と考えてはいけない。これから行う選択には限界があるかもしれないが、その限界が具体化した時にさらに決断して対応することが出来ると考えればよいのだということ。
    クレイトン・クリステンセンの考え方『イノベーション・オブ・ライフ』より、今末梢的なものは将来、コアなものになる。今コアなものは将来、末梢的になる。従って全てのことをアウトソーシングしないこと。
    特にまた読んだことのないシーナ・アイエンガー氏やクレイトン・クリステンセン氏の本は読んだことがないので、これをいいチャンスとして読みたくなりました。

  • 蔦屋
    ●クリステンセン
    ●エンパワリングイノベーション
    高価なものを手頃な価格に変える;T型フォード
    ●持続的イノベーション;古い製品が新しい製品に置き換え
    プリウスが売れると、カムリが売れない、ゼロサムゲーム
    ●エフィシェンシーイノベーション;すでにある製品をさらに効率よい、手頃な価格にするためのイノベーション;会計ソフト,ネット保険など
    ●未来をアウトソーシングしてはいけない

  • すんごいメンバーにインタビューしてる割には、そんなに面白くない

  • 自己啓発

  • ・民主主義国家に欠かせない三つの柱…「統治能力」「法の支配」「説明責任」
    ・国家が持続的に繁栄するためには「収奪的」ではなく「包括的」な政治制度が必要
    ・「収奪的」な社会…「少数の人に政治権力を集中させる政治制度」「政府の統治が行き届かない無法状態」
    ・日本経済はマクロ政策に頼りすぎる。それより、新規事業が生まれやすい環境の整備が重要だ
    ・クラウドコンピューティング…かつては手元で管理していたハードウェア、ソフトウェアやデータを、インターネットなどのネットワークを通じて利用するサービス
    ・すべてのことをアウトソーシングしないことが重要。自社が将来成功するために必要な能力は必ず社内に残しておく、といったような判断が必要
    ・報酬や企業方針、管理方針などの「衛星要因」を改善しても不満が少なくなるだけ。仕事に対する真の満足をもたらすのは、自己成長、他社からの評価、仕事への貢献度といった「動機づけ要因」
    ・人はたとえ苦痛であったり、悲惨であったり、あるいは自由でなくても、小さな狭い運命のなかに生まれてきて、それを受け入れるもの。大きな視点をもって、現状から脱出する勇気をもった状態で生きていない

  • 【由来】
    ・確か図書館の新書アラート

    【期待したもの】
    ・「知の逆転」が結構面白かったので、似たような面白さを期待した。

    【要約】


    【ノート】

全65件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

カズオ・イシグロの作品

知の最先端 (PHP新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする