知の最先端 (PHP新書)

制作 : 大野 和基インタビュー・編 
  • PHP研究所
3.44
  • (16)
  • (46)
  • (56)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 454
レビュー : 65
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569815206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カズオ・イシグロとの文学談義は難あり。「最先端」と言い抜けるには、相当眠い内容だと思う。

  • フランシス・フクヤマ、ダロン・アセモグル両氏へのインタビューからは、今後の中国の姿、リチャード・フロリダ氏へのインタビューからは今後の東京の姿がイメージできて興味深い。

  • 知の最先端として7人の人にインタビューをした対談集。

    どれも名前の聞いたことのある人が、未来を予想している。知的好奇心の強い人、知的刺激を受けたい人には良い本だと思う。

  • 「知の逆転」同様、現代における賢者たちのインタビュー。逆転よりも聞いたことがある人物が登場し、読みやすい。ただし、総じて難易度は高い。

  • たまには手に取らなさそうな本も。優秀な人たちが優秀であるがゆえんは、理論ではなく、着想なのかなと思ったりする最近。視点がおもしろい。

  • 識者七人との対談。時流、軽量。

  • 主題が見えない。著名人の紹介集?

  •  現代の知性ともいえる7人のインタビュー集。情報過多の昨今で、一過性の事象に惑わされない知性に触れる契機となることを本書の目的としている。
     7人がそれぞれ日本をどうみているかを知ることができ、その考察は独特で興味深い。
     著者が多い分、内容は広く浅いが、それぞれの著者の思想にタッチする程度の気軽さが良い。著作も紹介されているので、気になる内容があれば、それを読むと良い。実際、この本を読むことで、読みたいと思える本がかなり増えた。
     ダロン・アセモグル氏のインタビューでは、「銃・病原菌・鉄」の著者ジャレド・ダイヤモンドの説明では不十分とした内容があり、自説を展開していたが反対意見というより、むしろ相補的と思われる内容なので、解は一つではないと再認識させられる。
     クレイトン・クリステンセンの3つのイノベーションの件は日本企業が陥っている状況を的確に捉えているように思えた。イノベーションを3つにシンプルに分類することで、会社の置かれている状況を客観的に評価できる。また、東京を控え目に「均質」と批判しているところは、自分も同感であり、自分の感性がアンバランスではないかもしれないと納得もした。
     偏った知識の危うさ、均整のとれた知性が求められている現代を、これらのインタビューから感じ取ることができた。

  • この分量では物足りない。インタビュアーと編集者の力量が問われている。識者のコアとなるコンセプトは示唆的ではあった。
    二種類の経済
    いま抹消的なものは将来コアに。その逆も
    未来をアウトソーシングしてはいけない

  • 世界のインテリの最新の意見をまとめて知ることができる良書。
    Webで毎週更新するサイトがあれば、有料でも素晴らしい価値が提供できると思います。

全65件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

カズオ・イシグロの作品

ツイートする