がんばっても報われない本当の理由

著者 :
  • PHP研究所
3.74
  • (19)
  • (26)
  • (19)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 298
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569817101

作品紹介・あらすじ

がんばってるのに認められない、幸せじゃない……それは“がんばっている”から。話題のカウンセラーが、もっと楽に生きるコツを解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フォトリーディング
    がんばらない

  • こういうのも良いんじゃないかなぁ。結局は上昇志向のためにどうすれば良いと書かれているので。

  • 2014.5月 市立図書館

    義実家で休憩させてもらいながらこの本を読んでて、「私もずいぶん人に甘えることができるようになったな~」と感慨にふけった。
    もう無理に「いい人」にならなくてもいいし、がんばらなくてもいいし、かっこ悪くてもいいと思えるようになってきた。
    自分が幸せに生きることに対して罪悪感はもういらない。

  • がんばっても報われないなー、認めてもらえないなー。いつもそう思ってる。がんばれば認められるわけじゃない。がんばらなければ、うまくいくって言ってるけど、本当かな? がんばらないのはこわいけど、自分は何もしなくてもすごいって「ことにする」ことから始めよう。

  • がんばりすぎていてダメになりそうな部下のためにチョイス。

    「がんばるから報われない。」
    こういう、常識を覆すような考え方、逆転の発想というのは面白い。

    確かに、がんばりすぎている人ほど、常識にとらわれている気がする。こういう考え方があるのか、ということに気がつくだけでも、楽になるのではないだろうか。

  • "自分で、「自分はすごい、素晴らしい、ことにする」。"
    "幸せに条件をつけません。何もなくても、何かあっても…。"

    この言葉達がとても印象に残りました。
    神社ミッション、またやってみよう♫

  • 心理カウンセラー心屋仁之助氏の2014年の著作。

    この作品以前の著作にも、心理カウンセリング本というより自己啓発本、という雰囲気がありましたが、これは完全に自己啓発本。

    要は潜在意識を変えて、自己を肯定する、という内容なのですが、言葉の選び方が巧みなので、古典的な自己啓発本を読むよりも心に刺さる文章が多かったです。
    例えば、以前の著作には、「どうせ+自分を褒める言葉」というのがありましたが、それでも自分を褒めることに抵抗がある人のためなのか、今作では「自分を褒める言葉+ということにしておく」、という言葉がありました。これが自分には、一番、心に響きましたね。
    「スケジュール帳は、お休みの予定から決めていく。」というのも、休みの日の予定をずっと立てていなかった自分には衝撃的でした。

  • 金脈

  • がんばってほしいものを手に入れる

    なんか知らんけど、そうなる

    これにシフト

    自分は美人、ということにする
    自分は売れる、ことにする
    自分はすごい、ことにする

    がんばらないコツ
    -断る
    -サボる、怠ける、ちゃんとしない
    -人に迷惑をかける
    -助けさせてあげる
    -テキトーにやる
    -人に任せる
    -他力を発動させる
    -期待にこたえない
    -ダメな自分を隠さない
    -マイルールを破る
    -いい人をやめる
    -思いきって働くのをやめる
    -計画を立てない

    そしていまを生きる。

    だよね。
    そうそうその通りって思う。
    んで、
    わかるのとやる
    これがまたジレンマ

  • 頑張ってもなぜうまくいかないのか、と言うことがわかりやすく書いてあります。これまで何冊か心屋さんの本は読みましたが、この本は読みやすいなあと思いました。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理カウンセラー。兵庫県生まれ。「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォーム心理カウンセラー」として活動。19年間大手企業で働き管理職まで務めたが、自分や家族の問題がきっかけとなり、心理療法を学び始め2007年にカウンセラーとして起業、現在は京都を拠点として、全国各地での講演活動やカウンセリングスクールを運営。2012年から約3年間、テレビのお悩み解決テレビ番組で多くの芸能人をカウンセリングし泣かせ、一躍話題になったその独自の「魔法の言葉」カウンセリングスタイルは、たったの数分で心が楽になり、現実まで変わると評判。
著書に『いい人をやめればうまくいく』『神様をめぐる旅』(以上、セブン&アイ出版)『心屋仁之助 最初で最後の講演録~人生を大逆転させるには~』(かんき出版)などベストセラー多数、累計で600万部を超える。また、2014年より音楽活動を本格的に開始し、2017年2月には初の日本武道館ライブを行い、5,500名以上の観客を動員。現在も音楽活動を積極的に行っている。

「2020年 『心屋仁之助のずるい生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

心屋仁之助の作品

がんばっても報われない本当の理由を本棚に登録しているひと

ツイートする
×