かわいがられる力

著者 :
  • PHP研究所
3.10
  • (2)
  • (4)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 101
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569818078

作品紹介・あらすじ

「仕事、人生において一番大切なことは、人にかわいがられること」と断言する著者が、その秘訣、その流儀を余すところなく披露する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 可愛がられたいので読んだ。
    私は内向的で表立って人に頼ったりできないたちなので、妹、弟キャラでかわいがられる人に憧れがある。
    私の求める可愛がられ像と少し違っていて、おもに仕事、営業上でのかわいがられ方だった。

  • 経営で一番大事な事は、自分の能力を上げる事ではなく、沢山の人の力を借りられる自分になる事だと教わってきました。
    この本は人の力を借りられる人になりたい!
    と思っている人にとって、ものすごく価値のある事が書いてあります。
    僕自身も、さらに魅力を上げて、かわいがられる存在になろうと思いました。

  • 大人になるって、こういうことを考えて行動できる事を言うんだろうな。

    呼吸をするように自然に、可愛がられる能力を身につけたいな。

  • かわいがられる力
    安田正

    かわいがられる力は自分だけでなくみんなを幸せにできる
    一流と二流の違い

    かわいがられると人生で得
    かわいがられたい気持ちを持ちかわいがられるアンテナを高くする

    ◆ピンチをチャンスに
    ・人は好かれると好きになる
    共感

    ・距離の縮め方
    人との距離の縮め方がうまい人
    会う
    ザイアンスの法則 接する回数が増えると好感度たかまる 
    印象よくなり、相手が何を求めているか理解していく

    ◆相手に尽くす
    ・かわいがられるのは人脈つくりの第一歩
    仕事は人と人のつながり
    人脈は自分の価値が相手に認められてできるもの

    上の人が引っ張り上げてくれる
    ギブを繰り返す

    ◆あきらめない執念
    ・ロジカルトレーニング
    3分間まとめ おもしろおかしく
    3つあります ポイントは・・・ 説得力

    熱意以外ももっている

    ◆相手に合わせる
    ・自分の第一印象は自分で決める
    声 表情 x 強み 人からかわいがられる

    CP強いと 理想追求
    厳格
    前向きさをアピール

    CP レスポンス早い 話の整理が上手 信頼
    第一印象と強みセット

    ◆言いにくいことをいう
    ・気遣いしても遠慮はしない
    相手に気持ちよくなってもらう

    ・ミスの指摘
    1つアドバイスしていいですか

    ・アポ取り
    神様にお願いするようにいう

    遠慮せず自分からアクション

    ◆社会人の基本
    ・若い才能と戦わない かわいがられる
    報連相 話を聞く方はスムーズな進行を期待
    受け取り方はそれぞれ 言葉を選ぶ

    いい言葉には神様が住んでいるし妖精も住んでいる

    別冊マーガレットを読んでモテる要素をみつける
    女性の視点

    言葉のストック集
    人生がわくわくしたりやる気になる言葉を集めたノート
    女の子にもてるためのノート

    ジェームズ・ボンドに学ぶ
    そのドレスのあなたが素敵

    クローズアップ現代 プロフェッショナル仕事の流儀でのセリフ
    自分のボキャブラリーにする

    人から好かれたい
    相手を好きになること

  • 「超一流の雑談力」で有名な著者、安田正氏の著書です。

    私は以前、「かわいがられる=媚を売る」というイメージを持っていたため、あまり良い印象を持っていませんでしたが、経営を始めてから、「かわいがられる=応援される」と気付き、かわいがられることの重要性を知りました。

    人の印象は、ものの数秒で判断されてしまうそうです。
    そのため、かわいがられる人は、出会ってからの「2秒」にこだわるそうです。

    私も、人に与える第一印象には非常に気を遣っています。
    本書を読んで、大切さを再認識しました。

  • 当たり前のこと、自分も自然にやっていたことなども分かりやすく書かれていた。
    人とのつながりを大切にしていきたいとても改めて思った。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授。1990年より法人向けグローバル人材育成研修を提供する「株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ」を設立。同社代表取締役に就任(現職)。英語、中国語のほか、ロジカルコミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応トレーニング、交渉術などのビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活動している。官公庁、上場企業を中心に1700の団体に研修を行い、一般社員のほかに役職社1000人以上の指導実績を持つ。また、東京大学、早稲田大学、京都大学、一橋大学などでも教鞭をとる。主著『超一流の雑談力』(文響社)は49万部を超えるベストセラーとなり、のちに『超一流の雑談力 超・実践編』(文響社)、『まんがでわかる超一流の雑談力』(宝島社)も刊行され、累計64万部を超えるメガヒットとなった。今回のテーマ「質問」は、雑談と双璧をなす「人生を豊かにする最重要スキル」として、長年、構想を温めてきたもの。完成した「過去最高の出来」の本書は、あらゆるビジネスパーソンに向けた「必読の書」と位置付けており、今後、自社における主力研修プログ

「2017年 『超一流 できる人の質問力 人を動かす20の極秘テクニック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かわいがられる力のその他の作品

安田正の作品

ツイートする