老子と猫から学ぶ人生論 だいじょうぶ。 ニャンとか生きていけるよ

  • PHP研究所
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569818139

作品紹介・あらすじ

あるがままに生きる外猫たちは、「無為自然」という老子の教えを体現している。迷ったときに手に取りたくなる老子と猫から学ぶ人生論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2014年4月13日
    かわいい猫の写真と一緒に、老子の教えを、わかりやすい言葉で教えてくれる本です。
    心安らぐ言葉が沢山載っていました。

    ●「こうしたい」「ああしたい」ともがけばもがくほど、思うようにはいかない。

    ●賢くなれとか、金持ちになれとか、それって、心が乱れるばっかりだ。そんな欲望や、野心を持たず、身の丈で生きていこう。

    ●強いばかりの木は必ず折れる。強くなろうと考えずに、弱く、たおやかであることを、一番大切にしよう。

    まぁ概して、「がんばらないで、自然体でいこう」というかんじ。定年後でない限り、これだけで現代社会を生きていくのは難しいかもしれないけれど、学ぶところはたくさんあると思う。

  • 【あらすじ】
    あるがままに生きる外猫たちは、「無為自然」という老子の教えを体現している。迷ったときに手に取りたくなる老子と猫から学ぶ人生論。

    【感想】

  • 文はエッセイスト伊藤淳子さん、写真は南幅俊輔さんの「だいじょうぶ。」(ニャンとか生きていけるよ)、2014.3発行です。左ページが元気に生きてる猫の姿をうたったエッセイ、右ページがそのエッセイのテーマに沿った可愛い猫の写真で構成されています(^-^)

  • 老子のやわらか現代語訳…にしては物足りない。
    猫の写真集として見るなら、吹き出しが邪魔。
    本としての価値を高めようとしたのか、下の方の空きスペースに猫がつく言葉の豆知識が載っているけど、それも蛇足だ。
    ニャンとも中途半端な一冊。

  • このニャンコ、何となく老子に似てるような気がする。。。

    PHP研究所のPR
    https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-81813-9
    伊藤淳子@だいじょうぶ。
    http://ameblo.jp/shibuya1/

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

プランナー、エッセイスト

「2014年 『だいじょうぶ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤淳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
「猫侍」製作委員...
スペンサー ジョ...
タムシン・ピッケ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×