「オバマの嘘」を知らない日本人

著者 :
  • PHP研究所
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569820279

作品紹介・あらすじ

ワシントンの専門家が「ウクライナの次に危険なのは日本」と明言しはじめた。アメリカの劇的な変動が招く危機を知らぬは日本人だけだ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 米国の状況が米国在住者の視点で赤裸々に書かれていて良い。

  • アメリカの軍事力や政治力がなくなっても、雨理kあの努力と犠牲によって作られた民主的で人道的な世界はアメリカ無でも機能し続ける。

    アメリカ海軍が世界からアメリカに引き上げた後に、その真空を埋めるのはロシア海軍。

    オバマ政権は登場以来、朝鮮半島問題を全て中国に任せ、中国との関係を強化することで、朝鮮半島に対するアメリカの影響力と抑止力を維持しようとしてきた。

    欧州諸国はアメリカと安全保障上の取り決めを結ぶことを嫌っている。NATOのような集団安全保障条約に基づく行動を除けば、アメリカはもはや軍事同盟国として信用しがたいと考えている。

    かつてアメリカは民主主義という雨理kあの理想を世界に拡大し、世界秩序を守るという建前を持っていた。しかし、今や自分たちが安全なら、よそのことに口をはさむ必要はないという本音の国になってしまった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1935年、愛知県生まれ。東京大学英文科卒業。59年、NHKに入局。外信部、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長、米国総局長を歴任後、ハーバード大学客員教授に就任。現在はハドソン研究所客員研究員として日米関係の将来に関する調査、研究の責任者を務める。著書に、『アメリカは中国を破産させる』(悟空出版)、『米中時代の終焉』(PHP研究所)、『習近平の核攻撃』(かや書房)など多数。

「2022年 『破れたアメリカの「核の傘」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日高義樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×