10年たっても色褪せない旅の書き方 (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
2.81
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 49
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569821658

作品紹介・あらすじ

老いては旅に出でよ。旅の風景、思い出、さまざまな出来事を文章に著す技術。人は旅を記すことで何度でも生まれ変わることができる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 旅の書き方というより、旅の方法に近い印象です。
    ・観光客でなく、旅行家のつもりで旅に出ること。
    ・何を書くか狙いをつけて旅行すること。
    ・出来れば「読む旅」を行って向かうこと。

    「見る人」から「観察する人」になる考え方やアプローチ方法がまとめられてます。

    文章を書くための技術や基本が載っており、本としては十分楽しめました。
    しかし、そもそも書くために"旅"をするのであれば、"旅"の根底が変わってしまうじゃないかという印象を受けました。

  • 旅するわたしたちに求められるのは、だれもが、見たり、聞いたりしている、ごく日常的な「当たり前」に、何かを感じる心の動きです。

  • 最初は良かったが途中からご自分の知識の披露が鼻についてきた。役に立つ部分は三分の一くらいかな。

  • 「『考える力』をつける本」のイメージが良かったので購入。最近は予習もせず、写真を撮って終わりの旅が多いので、これは一つ奮起してと思ったが、私には無理そうな感じ。
    もう一度ゆっくり読んでみたいと思う。旅に歴史の要素を入れたい方、風流な方にはおすすめです。

  • 視点を定める、等、初歩の文章読本。で、旅に絞ったところが新しいかというと、どうなんだろう。
    ベトナムいいの記録を作るのに役に立つといいなあ

  • 感想未記入。引用省略。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

轡田隆史(くつわだ・たかふみ)
1936年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞東京本社に入社。社会部デスク、編集委員などを経て論説委員となり、1996年までの8年間、夕刊一面コラム「素粒子」の執筆を担当。その後、編集局顧問となり、1999年に退社。テレビ朝日系ニュース番組「ニュースステーション」「スーパーJチャンネル」などのコメンテーター、日本大学法学部非常勤講師を務めたあと、現在は著作、講演などで活躍中。日本記者クラブ、日本ペンクラブ、日本エッセイスト・クラブ、日本山岳会会員。ポーラ伝統文化振興財団評議員。
著書に、『「考える力」をつける本』『100歳まで読書』(以上、三笠書房)、『60歳からの人生の整理学』『「考える力」をつける読書術』(以上、三笠書房《知的生きかた文庫》)などベストセラー、ロングセラーが多数ある。

「2021年 『快老生活のすすめ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

轡田隆史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×