[最新版]家庭でできる食品添加物・農薬を落とす方法

著者 :
  • PHP研究所
3.73
  • (3)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569822518

作品紹介・あらすじ

中国からの輸入食品の問題、TPPによる規制緩和など、昨今の食の不安に対して家庭ではどのようにすれば安心か、対処法を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 露地栽培とハウス栽培、和牛と国産牛の比較。
    ソーセージやお揚げなど添加物が気になる食品を少しでも不安を減らす調理の仕方が載っていて、とても参考になりました。
    全てすることは無理でも、出来ることをしていこうと思いました。

  • 家庭でできる下ごしらえや洗浄など、かなり具体的に書いている。
    しかし、一読で全部はとても頭に入れられない。
    家で辞典のように使えばよいのか、と思ったが、もう少しまとまりのある内容だとよかったのかも。

    とりあえず、よく洗い、ゆでこぼし、漬けるのが大事なのかな。

    できることから。

  • ◆きっかけ
    野菜を洗いながらふと、水に浸してから流水で流す、この方法で、果たして農薬は流れ落ちているのか?また、残った農薬は食べても平気なのか?と、ふと思ったので、その疑問を解決すべく関連書を検索。2017/7/20
    ◆感想

  • 全部はできないなぁ。
    無農薬だけで生活することもできないし。

    とにかく、よく洗う。流水で洗う。それにつきる。

  • tsutayaで見た。ちょっといいなー。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

大正14年生まれ。元東京都消費者センター試験研究室長。食品の安全問題を研究して45年以上。90歳の今でもスーパーに足しげく通い、常に一般的で身近な食品の「いま」を調査し続けている。通称「食の生き証人」。

「2016年 『【最新ポケット版】農薬・添加物はわが家で落とせた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

増尾清の作品

ツイートする