文系の壁 理系の対話で人間社会をとらえ直す (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.35
  • (14)
  • (38)
  • (41)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 497
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569825335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文科省が国立大学に対して人文社会科学や教員養成の学部・大学院の縮小や統廃合などを求める通知を出したというニュースを見ました。これは、文学部出のわたしにはかなり気になるニュースで、大学は職業訓練の場ではないよねという大前提をさておいても理系学部であればそれだけで「社会のニーズ」とやらに応えられるのか?が謎。さらに人文系に分類される社会学や心理学は文学部からみるとかなり理系(というか数学)の要素が強いように見えるし理系に分類される情報系の学部は文系っぽくない?と思ったり…じゃあ「文系」と「理系」ってどんな違いがあるのか知りたく読んでみました。
    まえがきを読んで、かなりすっきり。本文は第二章が非常に面白かった。

  • 養老孟司氏が、4人の理系知識人と行った対談内容が書かれている。
    文系理系を対立構造と見るのではなく、「言葉」や「社会」など、文系のフィールドで研究されている概念について、理系的に考え話し合っている。

    4人との対談で共通して感じられるのは、「前提」に対する疑義の持ち方だ。思考をスタートさせた時の「前提」について、より深く見ていく必要があるということが再三再四書かれていたと思う。

  • へぇ、そうだったのか!森博嗣。

  • 森博嗣さんの本で、この対談集を知って購入しました。
    普段殆ど考えずにルーチンワークをこなす身としては、非常に劣等感を刺激される内容でした。
    ただ、専門家がその道を頑張っていることがわかりました。
    理系側の風景がわかって、良かったです。

  • 久々に養老先生の著作を読んだ、ここ最近よく読む森博嗣先生との対談を見つけて興味が湧いた。それをきっかけに藤井直敬、鈴木健、須田桃子という3人の新しい人を知ることが出来た。中でも鈴木健さんはスマートニュースの人なのに哲学や地域通貨のことなどの幅の広い研究対象に惹きつけられた。著作もいつか読んでみたい。こういうことをきっかけに新たな知見を得られることは対談を読む醍醐味でもある。日本人にとってノーベル賞がすごい影響があるというのはとても納得いく話だなあ。言われてみればそうだ。「理系・文系」のタテ割りと「〜の壁」と書くと売れやすいのと通底してる理屈があると思う。あと日本人は性善説を信じている。というのはそうなのかと思った。読み終わったあとにもっと他の本も読もうと思える良い本だ。

  • 知識の畑が耕されている人たちの会話は眺めていても楽しい。
    そしてストレスを溜め過ぎて死ぬことがないようにしなくては!

  • 今の自分が日常生活のなかで問題意識として感じていることが(特に第1章)、全くその通り書かれている。特に、「前提を吟味しない」「考えないで答えを探す」等。

  • タイトル通りの内容とは思えません。
    タイトルに「壁」を付けて養老先生の本を売らんとする出版社の根性が気に食わないです。

    副題は「理系の対話で人間社会をとらえ直す」ですが,本書の対談相手である2名の理系研究者と1名の元理系研究者ほどの人々であれば,間違いなく自分の研究が人間社会の中においてどのような位置にあるかを考えながら活動をしています。
    主題にせよ副題にせよ,本書の内容をズバリ捉えたものとは到底思えませんでした。

    しかし,養老先生の示唆に富んだご意見や,対談相手のフィールドの素晴らしさなど,知性溢れる対談本として魅力的な内容の一冊だと思います。

    でも,くどいですが,タイトルは大切ですよね。
    「よくわかった。だけど一体,この本は何が言いたいんだ?」と思案しながら読み進めるのは,それなりにストレスを感じるものです。

  • 養老さんの対談集。
    コミュニケーションは文系の領域、技術は理系の領域、などと区別するのはもはやナンセンスだと実感するお話ばかり。
    ハコスコの藤井さん、毎日新聞記者の須田さんのお話が特に面白かった。

  • おもしろかった。

著者プロフィール

解剖学者

「2019年 『世間とズレながら、生きていく。(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文系の壁 理系の対話で人間社会をとらえ直す (PHP新書)のその他の作品

養老孟司の作品

ツイートする