こうやって、考える。

著者 :
  • PHP研究所
3.69
  • (14)
  • (17)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 398
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569836157

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知識は有力であり、適当に使えば「力」であるけれども、困ったことに、知識が多くなると、自分で考えることをしなくなる。知識があれば、わざわざ自分で考えるまでもない。知識をかりてものごとを処理、解決できる。知識が豊かであるほど思考力が働かない傾向になる。極端なことを言えば、知識の量に反比例して思考力は低下する、と言ってよいかもしれない。『「マイナス」のプラス』p55

    創造的忘却
    頭をきれいにする、はたらきやすくすることで、忘却は記憶以上のことをすることができる。知識によって人間は賢くなることができるが、忘れることによって、知識のできない思考を活発にする。その点で、知識以上の力をもっている。これまできらわれてきた忘却に対して、こういう創造的忘却は新忘却と呼ぶことができる。これからますますこの新忘却が大きな力をもつようになるだろう。p78

  • いそぎすぎず、焦らない。忙中閑有。私語かもしれませんが、座右の銘にしたいです。

  • 20170907 タイトル通りの内容。テーマ別にまとまっているのも読みやすい。流して読んでも面白いが読み終わって、辞書的に使いたい気持ちになっている事に気づいた。

  • 過去の著作からの抜粋をテーマごとに並べた本である。気軽につまみ食いする感覚で読める。たまに手に取って読むのに適している。

  • 簡潔でよかった

  • 著者のこれまでの作品から抜粋されている作品である。
    テーマごとに抜粋されているので、仕方ないといえば仕方ないが似たような文章が多かったように思う。
    ただ、1ページの文字数は少ないので、読みやすさはあった。

  • ずっと本屋で平積みされていて、気になっていた本。
    外山さんの本は「思考の整理学」から何冊か読んでいて、買ったものも図書館で借りたものもある。
    ぱらっと立ち読みしたときは、今までの本の中からエッセンス的に拾って再構成したものだと思ったので、なんとなく読むのを先延ばしにしていた。
    ふと図書館で見つけてしまったので(セレンディピティだったと思う)借りて帰って、一時間足らずで読んでしまった。

    というのも、やはり今までの本から抽出したものを再構成し読みやすくしているからだと思う。
    今まで読んだ本の中で、そういえばこんなこと書いてあったなと思い出しながら読む。
    そしていろんな著書の中から似たものを整理しているので、外山さんの言葉や思考を横断というか斜め読みできる本だった。

    外山さんの語り方は基本的に好きだ。
    「ですます」ではなく「だである」で書かれている言葉はもっと好き。おじいちゃんと話をしている気分になるからだろうか…(失礼?)

    今回読んだ中で、もっと深く読みたいなとか、こんな本あったんだと思ったものはまたセレンディピティに任せて読んでみたいと思う。

  • 多くの著書を書かれた外山滋比古さんが、その思考法、読書法、知性を磨く方法などについて、著書の中からエッセンスをピックアプしたもの。「発想の面白さは、化合の面白さ」「書く衝動を逃さない」「そよ風の如く読む」「分析は破壊であり、元に戻す(=元の認識のままでいる)ことはできない」など、なるほどと思わせる箴言が150個。参考になることが多いが、批判的に読んでいくと矛盾する主張もあり、自分のアタマで考える良いトレーニングにもなる。

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こうやって、考える。のその他の作品

こうやって、考える。 Kindle版 こうやって、考える。 外山滋比古

外山滋比古の作品

ツイートする