こうやって、考える。

著者 :
  • PHP研究所
3.69
  • (14)
  • (17)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 398
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569836157

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 他の本を読みたくなる。
    初めて読む外山さんの本がこれだとあまりピンと来ないかも?

    とにかく、忘れること、散歩すること、空白の時間を持つこと、談笑することを肝に命じます。(笑)

  • 簡単、明瞭に書かれている
    考えかたについての著者のアドバイス集
    読みやすく解りやすい
    実践するかどうかは読者次第(笑)
    過去に出版した本からの引用のところもある
    この本の目次の内容を覚えておくだけで
    間に合ってしまいそう
    こういう本は、そんなものだろう

  • 御年95歳?の長者からの教え的な。
    これまでの書籍の中から集められた各フレーズが、ずばり刺さるものもあり、ふふーんというものもあり。
    ”既存のものを忘れて新しいものを取り入れる”というのはなるほど!

  • 思考の整理学など色んな著作の寄せ集め再編纂。ところどころ本によって全然真逆のことを言っているところもあるのでそこは編集の際にどうにかしてほしかったけれど、一貫していた部分はこういったところ。至言ではある。

    ・創造は独創ではなく組み合わせから生まれる
    ・思考は知識からではなく生活から生まれる
    ・忘却による浄化(不要なもののふるい落とし)と昇華(抽象化)の必要性

  • 外山滋比古さんの知のエッセンスが、凝縮されている。肩の力を抜いて、気楽に読むのにちょうどいい。通読するだけではなく、パラパラとページをめくって目についたところを読むのもいい。
    考えることを急ぎすぎていた自分に気づいた一冊。

  • 読書家なら第五章の「思考につながる読書」は面白い。
    様々な著書を横断的にひっぱてきて、どのしょうも簡潔で読みやすい。

  • 久しぶりで箴言集を読んだ。ものすごく懐かしかった。我ながら知的生産性のない人間だったし、これからもそうだろうなあと深く納得した。

  • 「知の巨人」と言われている著者だが、平易で簡潔にまとめられており、エッセイ集のようで読みやすい。また、「考える」ために、読書の方法、生活スタイルなど、著者の実体験に即しており、取り入れるポイントが多いと思う。

  • 著者のこれまでの本のダイジェスト版のような本。一部、矛盾しているのではと思えるようなものもあった。

  • 飽きやすい人にオススメ。1ページずつに分けてあるので、好きなところから読めるし、出典が書いてあるため振り返って原作を探すこともカンタン。

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こうやって、考える。のその他の作品

こうやって、考える。 Kindle版 こうやって、考える。 外山滋比古

外山滋比古の作品

ツイートする