外資系コンサル流・「残業だらけ職場」の劇的改善術 「個人の働き方」も「組織の体質」も変わる7つのポイント

著者 :
  • PHP研究所
3.33
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569836843

作品紹介・あらすじ

残業はでき(させられ)ない。でも仕事量は減らない……。悩めるビジネスマンに「外資系コンサル流・生産性劇的向上メソッド」を指南!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 微妙

  • 残業なし。

  • 個人でも使えるノウハウがたくさんあった。
    ましてや少人数でも部下を持つリーダーには示唆に富んでいると思う。

  • 時間を費やすのが良いアウトプット生み、良い仕事に繋がるとの固定観念の打破を皮切りにとても刺激的に始まります。
    無駄な業務は無いかと問いかけ、仕事を進める為のフレームワークとコミュニケーションの在り方を説きます。
    会議の効率化、資料を作らないあるいはシンプル化、仮説思考で早く回すPDCA、制約社員の条件の明確化など、多くの日本企業で連綿と続いている方式を鮮やかな切り口で是正を推進します。
    働き方改革を旗印にITの導入(ドローンで残業を監視するなどは論外ですが、真当なシステムを正しく導入すればこれはこれで有効ですが)を推進するポジショントークが横行する中、その前にできることをしっかり学べました。

  • 今月の1冊目。今年の3冊目

    この手の本は巷にあふれていて、どれも似たり寄ったりだと思います。私が読んだ中では、少しは現場目線のことも書いてありますが、やはり現場からの目線が少ないかなと思います。紹介されているケースの会社がいったいどういう感じなのか伝わってこないので、結局は色々やって解決しました、ということしか分かりません。紙面の関係もあると思いますが、これでは一般論に通じるところが少ないのではと思いました。

  • 読了20180401

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1998年にプライスウォーターハウスコンサルタント(現IBM)入社後、企業変革戦略コンサルティングチームのリーダーとして、新規事業戦略立案・展開プロジェクトをリード。

2005年に当時の社長から「強いプロフェッショナルを育ててほしい」と命を受け、コンサルティングサービス&SI事業の人材開発部門リーダーを務める。延べ3000人のコンサルタントの指導育成経験を持つ「プロを育てるプロ」として知られている。

2013年に独立。執筆・講演・研修を中心に活動を開始。年間4冊を超えるビジネス書の執筆や全国での講演・研修活動を行い、毎期売上を倍に成長させている。

2015年6月にダイバーシティ、ワーク・ライフバランスの実現支援を使命とする株式会社 AND CREATEを設立。創造性と生産性を向上させるスキルアップのプログラムを提供している。

著書に、『1時間の仕事を15分で終わらせる』(かんき出版)、『プロの課題設定力』『プロの資料作成力』『一流の学び方』(いずれも東洋経済新報社)などがある。

「2019年 『一生食えるプロのPDCA』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水久三子の作品

ツイートする