人生百年時代の「こころ」と「体」の整え方

著者 :
  • PHP研究所
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569837604

作品紹介・あらすじ

「病は『治す』のではなく、『治める』もの」など、70年以上も医者にかからずに健康を維持してきた著者が、その独自の養生法を紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 五木寛之さんの本はいくつか読んだことがありますが、どれも読みやすく優しく語りかけるような感じでほっこりします。
    今回も読みながら、私も常日頃感じていることと同じだなと思うことがいくつかあり、それをあえて文になっているのを読み、より心にストンと腑に落ちました。
    私もこころと体をうまく整えながら毎日を送れるよう心がけていきたいです。

  • 生きること、自分の体の声を聞くこと。

  • 心と体の自立もとても大切ですが、実はさらに大切なのは、精神の自立ではないかと思っているのです
    病気というのは不思議なもので、よし、共に生きていくぞと覚悟を決めた途端、おさまってくるなんてことがあります
    感情を揺り動かし、泣いて笑って生きることは、いかにも人間らしい生き方だと思います
    なくそうと努力するよりも、良いほうに転嫁できるようなしなやかな心と体をつくる

  • できないことがあったとしても、あなたの価値は変わらない。

  • 五木氏の人生観や養生の話はどの本でも同じことを書いてあるが、読むたびに腑に落ちる感がある。

    なんだか読むとホッとする本です。

  • 自分にはまだ早いかなぁ、と思える一冊。
    もう少し年を重ねたらもう一度手に取ろうかな。
    健康本のHow Toに拘らず自分の体に耳を傾けるという姿勢は大いに納得。

  • 五木寛之 著、2018.6発行。5つの章立てです。①人生百年時代の「今」を生きる ②自立して生きる喜び ③「こころと体」の動かし方 ④今からできる『養生」のヒント ⑤「一日の生」を楽しむ工夫。 心と体の連携について、60歳からは、飲むときは「これから飲むよ」、歩くときは「これから歩くよ」と体に呼びかけてからがいいそうですw。なるほどと納得です!

  • 百歳まで元気に生きるヒントが満載の1冊。 「六十歳になると、変化していく『こころ』と『体』に向き合わざるをえない瞬間が、一気に立ち現れてきます。五十代にはおぼろげで遠い世界のことのように思っていた『老い』が、我が身に訪れているということを、はっきりと実感するようになるのです。健康自慢の人であっても、何かしらの不調を感じ始めるでしょう。それを認めたくなくて誰にも言わずに抱え込んでしまうかもしれない。しかし不調のない人間などいない‼️⭐️悩みつつ生きる知恵。五木流「いい加減」養生法のススメ。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1932年、福岡県生まれ。作家。生後まもなく朝鮮半島に渡り幼少期を送る。戦後、北朝鮮平壌より引き揚げる。52年に上京し、早稲田大学文学部ロシア文学科入学。57年中退後、編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞、2010年『親鸞』で毎日出版文化賞特別賞受賞。ほかの代表作に『風の王国』『大河の一滴』『蓮如』『百寺巡礼』『生きるヒント』『折れない言葉』などがある。2022年より日本藝術院会員。

「2023年 『新・地図のない旅 Ⅱ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五木寛之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×