未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか(世界の知性シリーズ) (PHP新書)

  • PHP研究所
3.65
  • (17)
  • (47)
  • (43)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 442
感想 : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569841069

作品紹介・あらすじ

リンダ・グラットン、ジャレド・ダイアモンドら世界の知の巨人は今何を考えているのか。AIから国際情勢、人生戦略まで、未来を見通す一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 8人の知の巨人が、怒涛の変化を続ける21世紀について未来を推測する
    前段は、高齢化、AI 後段は、技術、格差、そして現在のUSA
    気になったのは、次です。
    ①ジャレット・ダイアモンド
    ・日本は最高齢社会なのに、定年退職制がのこっているのはおかしい
    ・経済性多様性、人間の多様性ともに少ない日本にはイノベーションが起きにくい
    ②ユヴァル・ノア・ハラリ
    ・社会の急激な変化のため、21世紀にあった政治システムは現れていない
    ・AIが生み出す「役立たず階級」が多量に発生する
    ③リンダ・グラットン
    ・人生100年時代は、労働問題の解決(定年の廃止)と、生涯学習が必要
    ⑦ジョーン・C・ウィリアムズ
    ・米白人で親の代より稼いでいる人は半分以下で、アメリカンドリームから乖離
    ・アメリカのエリートは、生まれたときには、すでに三塁にいた
    ・トランプは、つよい白人の象徴
    ⑧ネル・アーヴィン・ペインター
    ・米白人は、自分たちを犠牲者としてみている
    ・トランプが勝てたのは、白人の怒りの結果
    ・新世代のフェミニストは、ヒラリーに我慢できない。なぜなら母を思い出すから

  • やっと読了σ^_^;
    オムニバス形式でインタビューが続きます。

    ハラリさんの
    近い将来、「役立たず階級」が大量発生する
    という章はなかなかショッキングでしたね。
    AIが人の代替をした後の世界は今の教育では救えない。
    いや掬えない。

    それこそ学校教育ができてからは社会に出た後の実学を教えることができたと思います。
    でもAI後の未来は今誰も見通せないんですよね。

    ここに挙げられた「知の巨人」でもデストピアとユートピアが甲論乙駁するんですから。

    息子にAI好きやなあと言われます。
    でもこれからはAIがわかってないと生きていけない時代が来るでしょう。
    さあどうする…

  • ふむ

  • 知の巨匠たちによる、将来の予測のきっかけになる本。コロナ前に書かれたものだが、コロナ禍でも通じる考え方(感情ではなくデータを重視する、人々の分断)もあり非常に参考になる。
    また、ネル・アーヴィン・ペインターの、アメリカの分極化の話は面白かった。白人の中流階級の人たちが差別をされていると感じているとは思っていなかったので、目から鱗だった。

  • ダイアモンド、ハラリ、グラットン、コーエン等の研究者へのインタビュー集。
    今、世界が抱えている問題について、それぞれの立場から語られる。編者の大野は、特に共通する要素としてAIと格差を挙げているが、必ずしもその二つが最重要というわけではない。

  • 何人かが短く書いているので
    読みやすいが、逆にもっとその人の考えを知りたくなる。つまり浅い気がしてしまう。

  • ●アメリカの多様性。アメリカの50の州はそれぞれ独自の権限を持っている。政府が行う政策の50通の実験場といってもいい。
    ●アメリカのノーベル賞受賞者は、人口比と不釣り合いなほどに移民が多い。彼らは科学的クリエイティビティーが突出しているのです。
    ●アメリカの対外援助は利他的な理由。新興感染症やテロリズム、移住を減少させる面において。
    ●伝統的社会で、例えば自分が飼っている豚が行方不明になったとします。その豚を持っている人が見つかったら、まず使者を送ります。伝統的社会では死ぬまでその人を相手にしなければならないため、完全な「敵」にしないように対処すると言う知恵が働くのです。とりあえず感情面をクリアにすることが最優先となります。紛争解決の素晴らしい側面だと思います。
    ●現実か虚構なのかを区別する方法。「対象とするものが、苦痛を味わうだろうか」と考えること。例えば国は苦痛を感じません。
    ●イスラエルと言えば戦争やテロのニュースを耳にするが、統計では戦争やテロ、犯罪で亡くなった人の数よりも自殺する人の方が多いのです。「人間は豊かになった、しかし幸せとは限らない」
    ●トランプが気候変動の問題を無視し、テクノロジーやAIについて全く話さなかったり否定的な態度を取ったりするのは、国家のレベルではこうしたグローバルな問題に対する答えがないことを理解しているからです。
    ●中東で戦争が行われるのは、石油を獲得すると言う「モノ」の奪い合い。一方先進国は知識経済だ。戦争をしても得るものが小さく、失うものが大きい。これが戦争に発展しない正当な理由。
    ● AIが代替えできない「第3の能力」は存在するのか?まだわかっていません。30年後の労働市場で何のスキルが必要なのかわからないので、何を教えるべきかがわからない。
    ●ベーシックインカムが成功したとしても、単に食料と住居を提供すれば良いのではなく、何らかの「人生の意味」も提供しなければなりません。
    ●今、臨床医の仕事の90%は診断が占めていますが、これはAIにとって変わられるでしょう。
    ●「結婚が良い取引ではない」と言う意識。男性にかかるプレッシャーが原因。一生自分が養わないといけないと言うプレッシャーは相当なものです。女性が働いていないと言うことで、最大の損失を被るのは男性なのです。
    ●カーツワイルの予測の間違い。人間がコンピューターに勝つためにコンピューターそのものになることではない。
    ●新しい医学は、早く死にすぎないようにするのが目的であって200歳まで生きることが目的ではない。
    ● 20世紀においてWASPは確かに自分たちの優越性を当然だと思っていた。しかし興味深い事に、2016年くらいから白人の間に「自分たちが犠牲者である」と言う意識が広がっていた。特に共和党の支持者が大半の人が「自分たちが差別されている」と思っている。

  • 考察が浅い

  • グローバルでベストセラーの著者たちがAIが押し寄せる中わたしたちに未来を忠告し、そこからどう解決していくのか、SDGs的な内容で読みやすいです。

  • 「苦痛はこの世でもっともリアルなものです。しかし国は苦痛を感じません。」ハラリ氏の金言

    国や企業はたまたイデオロギーごときに、人間が苦痛をうける馬鹿らしさ。

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

カリフォルニア大学ロサンゼルス校地理学教授
1937年ボストン生まれ。ハーバード大学で生物学、ケンブリッジ大学で生理学を修めるが、やがてその研究領域は進化生物学、鳥類学、人類生態学へと発展していく。カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部生理学教授を経て、同校地理学教授。アメリカ科学アカデミー、アメリカ芸術科学アカデミー、アメリカ哲学協会会員。アメリカ国家科学賞、タイラー賞、コスモス賞、ピュリツァー賞など受賞多数。

「2020年 『危機と人類(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャレド・ダイアモンドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジェームス W....
ジャレド・ダイア...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×