明治天皇の世界史 六人の皇帝たちの十九世紀 (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
4.09
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569841571

作品紹介・あらすじ

なぜ近代日本に天皇が必要なのか。その核心を、明治天皇と19世紀の各国の皇帝たちとを比較することで明らかにする、壮大な意欲作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「19世紀世界」を歴史物語のように読み易くわかりやすく描いた本である。
    日露戦争直前のニコライ二世の対応など、歴史的には事実ではない史観もいくつか見受けられるが、それらを上回る面白さに満ちている。
    まるで「19世紀世界」を鳥瞰するかの様な思いを抱かせてくれる書である。
    日英同盟すらヨーロッパでの抗争のハレーションである構図などは、なかなか他の歴史書では読むことができない。
    読者によっては「独断と偏見に満ちている」との意見も出るかもしれないが、「六人の皇帝たちの十九世紀」との切り口からの世界観は秀逸とも思えた。

  • 今エンペラーは世界で天皇だけ!
    明治天皇と同世代の皇帝で世界をわかりやすく解説。明治は日本が文明国になろうと頑張った時代。先人の努力に感謝!

  • 憲政史家の倉山満の一冊。

    明治天皇を取り巻く6人の皇帝(英露独墺中)ということで、皇帝から見た近代史という視点が面白かった。
    また明治天皇について今までより深く知ることができた。

  • 明治政府が世界を睨み生き延びるため死にもの狂いだった19世紀を6人の皇帝の視点から紐解く
    全体を見守り戴いたのは明治大帝であり、安穏と生きている(=ボーッと生きてんじゃネーヨ!)わが身にすれば恥ずかしくて消え入りたい
    19世紀を理解するにはコレを読め!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

憲政史家。1973年、香川県生まれ。中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学。在学中より国士舘大学に勤務、日本国憲法などを講じる。シンクタンク所長などを経て、現在に至る。『並べて学べば面白すぎる 世界史と日本史』(KADOKAWA)、『ウェストファリア体制』(PHP新書)、『13歳からの「くにまもり」』(扶桑社新書)など、著書多数。

「2020年 『トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉山満の作品

ツイートする