お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)

  • PHP研究所
3.55
  • (28)
  • (76)
  • (66)
  • (18)
  • (4)
本棚登録 : 697
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569842219

作品紹介・あらすじ

【発売前重版決定! 世界同時株安も予見していた「投資の神様」が
日本と世界の経済のゆくえを占う】

ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ。

ソロスと設立した「クォンタム・ファンド」は、10年で2400パーセントという驚異のリターンを叩き出し、伝説となった。

本書は、そんな「投資の神さま」ジム・ロジャーズが、初めて日本の読者に向けて語り下ろした1冊である。


伝説の投資家の目に、日本と東アジア経済の未来はどう映るのか。じつは、本書の取材を敢行した2018年夏の時点で、ロジャーズは「日米マーケットの好景気はうわべだけ。近いうちに破綻が訪れる」と断言していた。

2018年12月末に、その予言はある意味現実となった。「リーマンショック級」の株安が日米のマーケットを襲ったのだ。


ロジャーズはほかにも、リーマンショック、中国の台頭、トランプ当選、北朝鮮開国に至るまで、これまで数多くの「予言」を的中させてきた。

名門イエール大学、オックスフォード大学で歴史学を修めたロジャーズは、「私の投資の背骨には歴史がある」と述べる。歴史から大きな「お金の流れ」を掴むことで、数々の予測を的中させてきたというのだ。

このあと、お金の流れはどう動くのか?本書では、世界史を参照しつつ、短期・長期両方の視点から、日中韓の将来を鮮やかに論じる。

日本再興への道、朝鮮半島に訪れる刺激的で劇的な未来、中国のアキレス腱……「アジアの玄関口」シンガポールから世界を見つめる投資家の慧眼に映る、驚愕の未来予測。



序章 風はアジアから吹いている――ただし、その風には「強弱」がある

第1章 大いなる可能性を秘めた日本

第2章 朝鮮半島はこれから「世界で最も刺激的な場所」になる

第3章 中国――世界の覇権国に最も近い国

第4章 アジアを取り囲む大国たち――アメリカ・ロシア・インド

第5章 大変化の波に乗り遅れるな

第6章 未来のお金と経済の形

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • じいちゃんに読めと言われ読破。投資家の言うことって面白いな。未来が楽しみになってくる。

  • この本のポイントは以下の通り。
    ・歴史は繰り返されるので、過去に起こった歴史を理解する事
    ・今後伸びるのはアジア。特に北朝鮮と韓国。
    ・投資は他人の言う事は聞くな。自分の判断で自分の責任で行う事
    ・待つ事ができるのは重要な才能の一つ
    ・後1,2年で大きな経済的な減速がある

    北朝鮮が有望だとのコメントは流石にどうかと思ったが、他人から気が狂ったか?と言われた時が成功する時だとのコメントを見て、なるほどと思った。
    最近仕事にかける時間が大きくて、投資はあまり時間をかけないインデックスばかりに偏っているので、今後の投資を再度考え直してみたい。

  • ジム・ロジャーズのことは名前を聞いたことがあるくらいだったけれど、この本で一気にファンになった。歴史を学び、世界的な視野を持ってその時々に適切なものに投資する、というのは僕の理想とする投資スタイルにとても近い気がする。

    一見、あまり聞いたことのない視点だけれど、情報もしっかりとしているし、話の筋も通っている。世界に対してそんな見方ができる人になれれば、適切に投資することは難しくないのだろう、そんな気にさせてくれる。
    ただ、やはり世界の潮流を読みその流れには乗るが世界を作り上げていこうという意識は少し弱いように感じた。ジム・ロジャーズは投資家という職業がとても好きなのは伝わったが、お金を使って何かを成し遂げたいのかどうか分からなかった。
    次はそこをどう考えているかを知りたい。

  • ジム ロジャースが書いた投資の本。というか、世界情勢の本。

    分析をした、というよりもただの私見です。その前提が理解出来ているのであれば、問題なく読めます。

    ただ、私有企業かない北朝鮮がこれからの投資先とか、ちょくちょくデフォルト起こすロシアが投資先だとか、個々の国に対する意見は、ぶっちゃけどうでもいいと思いました。

    それよりも、ジムの投資姿勢が垣間見えるところが良かったです。

  • 資本主義の社会で生きていく以上、世界に目を向け、日本に縛られない考え方は重要だと思う。
    資本主義における世界のマーケットをざっくりした情報を知るには良い本だと思う。ただ、もう少し踏み込んだ解説がほしい。

    移民政策や北朝鮮、中国、ロシアの動向を把握できてよかった。
    最近、中国マネーが日本市場を牛耳ることもあると日に日に感じる。
    そこで自分は何ができるか、その時に備えておく必要があると改めて危機感を感じた。

  • 内容が少し似てました

  • 2020/03/17;読了
     韓国と北朝鮮が次の投資先っていう、今までに公開してきた情報以上の内容はなかった。

  • 読み終えました。
    感想は
    筆者は世界的な投資家である。過去に全財産を失った事もある。
    ・中国は将来的に世界のトップに立つ。
    ・日本は少子化が進み、移民を入れない限り、反映はない。日本で、投資を行うなら、農業、古民家。
    ・言語は複数話せたらいい。中でも、中国語、韓国語を勧めている。
    ・韓国は将来統一されれば、有望な投資先になる。北朝鮮の証券市場が開設されれば、投資する。
    ・アメリカはすでに高値圏にあり、投資はしない。
    famga が、ダウ30な値上がり率のほとんどを占めている。
    ・ビットコインは投資でなく、投機。
    ・投資をするなら、勝てるとわかるまで、入念なリサーチを行う。誰も目をつけない、自分の知ってる分野に投資すべき。

  • リタイヤしてカネとヒマを手にしたら、お気楽ながらも貪欲に株で一儲けしたろ、なんてな間抜けな願望はあまりに儚いようだ。確かに一度も痛い目を負わずにひたすら成功する投資家もいないわけで、打ちのめされようとそれを糧として立ち上がることができ、大いなる野心を保てるだけの絶対的な若さが必要だ。ヒトとは違った発想ってのには自信もあったが、単にズレてるっていえばそうかもしれん。何より勉強になったのは、北朝鮮のポテンシャルだ。ここ数年で南北が統一されるという予測の真偽はさておき、その際の朝鮮半島の成長理論はうなずける。対して日本はどうやら救いがたく、移民を受け入れぬならば将来は日本人が移民にならざるを得ないと宣告されているような・・・

  • 歴史を学びバイクや車で世界を2周し、歳を重ねて、世界は少しづつ形を変えながら反復し続けていることが理解できるようになった。歴史に立脚して先を読み、人と同じことをせず、時代の変遷を肌で感じ、変化に順応することだ。

    中の人と外の人に見える風景のなんたる違い。反日反韓といった日常感覚とは別世界、日本の外から歴史の流れで見ると、全然違った世界像が見えてくるんだと。一人で儲けなくていいから、皆が干上がる井戸の中を意識して欲しいなあ。

全91件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1942年米国アラバマ州出身の世界的投資家。
イェール大学とオックスフォード大学で歴史学を修めたのち、ウォール街で働く。ジョージ・ソロスとクォンタム・ファンドを設立し、10年で4200%という驚異的なリターンを叩き出す。37歳で引退後はコロンビア大学で金融論を教えるなど活躍。2007年に「アジアの世紀」の到来に予測して家族でシンガポールに移住し、その後も数多くの投資活動と講演をおこなう。
主要著書に『冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 』『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見』(以上、日経ビジネス人文庫)、『世界的な大富豪が人生で大切にしてきたこと60』(プレジデント社)、『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する』(PHP新書)がある。

「2019年 『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジム・ロジャーズの作品

お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする