帝国ホテル建築物語

著者 :
  • PHP研究所
3.91
  • (8)
  • (14)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569842769

作品紹介・あらすじ

日本を代表するホテルを! 世界的建築家フランク・ロイド・ライトによる帝国ホテル本館建設を巡る、男たちの闘いを描いた長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 帝国ホテルライト館をめぐっての人間の執念のドラマが描かれている。
    ロイド・ライトは、個人の中に、狂気が宿っているのかもしれない。
    建築家というこだわりよりも、芸術家としてのこだわりが強い。
    日本びいきで、日本の良さをどう自分のものにするのか?
    帝国ホテルで、ロイド・ライトがチャレンジしたのは、
    ライトの中にある「日本」というもののこだわりだった。
    黄色のスクラッチブリックとテラコッタ。
    スクラッチブリックを常滑で作り、帝国ホテルが直営のレンガ工場を作る。
    それが、伊奈製陶に発展して行く。
    穴のある軽い石 大谷石を選ぶこだわりと彫刻ができる。
    ある意味では、日本人の匠の技量に期待すぎている面があるが、やり遂げる。
    スクラッチブリックとテラコッタと大谷石で、
    組み立てて、そのままコンクリートを流し込む。
    子供の頃の積み木が好きな ロイド・ライトらしい発想。
    そして、浮き構造によって、地震対策をする。卓越した能力。
    それにしても、こだわることで、建設費はどんどん増えて行くが、
    あまり気にしていない胆力が素晴らしい。

    ロイド・ライトと知り合った 林愛作。
    この男、セレンディピティに優れている。
    京都のたばこ王、村井吉兵衛に連れられて、アメリカに渡る。
    アメリカの富豪 ミスリチャードソンと会い、奨学金など援助を受ける。
    山中商会の創業者、山中定次郎とばったりあって、入社する。
    そして、ロイド・ライトと知り合いとなる。
    渋沢栄一と大倉喜八郎に、帝国ホテルの支配人として要請される。
    赤字の帝国ホテルを立て直し、ロイド・ライトに帝国ホテルの建築を依頼する。
    人の繋がりでは、どんどんと引き上げられて行く。
    芸術家ロイド・ライトを守るために、全力をあげる。
    覚悟を決めて、リスクを負うことで、困難を突破する。
    別館の火災、本館の火災にあって、結局は帝国ホテルを辞することになる。

    遠藤新の生き方も、西洋建築の模倣に飽き足らず、
    それをどう突破するのか、悩んでいたことが、林愛作そしてロイド・ライト
    に師事し、タリアセンで学ぶことで、西洋と日本のハイブリッドが理解できるようになる。
    谷口吉郎と土川元夫が、同級生で、帝国ホテルライト館を保存することに
    奔走して行く。そして、明治村に 様式を再現させる。
    帝国ホテルの魔力みたいなものを感じる。

    丁寧な作品作りで、どっしりとしている。熱が伝わった。

  • 物語は、フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテルが取り壊されることになり、明治村に移築する、という話が浮上した1967年からはじまる。

    そこから一気に時代は巻き戻り、日本の良いものを外国に伝えたい、という思いから、フランク・ロイド・ライトに新たに帝国ホテルを設計してもらおう、という動きがはじまる大正まで遡る。

    遠藤新、林愛作、というふたりの情熱を持った男が主人公となり、いかにして帝国ホテルが作り出されたかが語られる。

    建築が好きで、ライトはもちろん遠藤新のことも、帝国ホテルが紆余曲折ありながら建てられたこともなんとなく知ってはいたけれど、それにしても改めてその建築の道程を知ると、艱難辛苦とはこのことか、と思う。
    事実は小説より奇なり、とはよく言ったもので、これが完全なるフィクションだったら「話ちょっと盛り過ぎでは」という山谷があるのだけれど、それが史実に基づいているというのだからすごい。もうなんか、よく建ったな、という気持ちになる。この時代の日本人の意地のようなものを感じた。

    建物好きには面白い一冊だった。

  • 明治村が好きで何回か帝国ホテルを見ていたが、
    こんなに色々な人間模様や苦労があったとは
    知らなかった。ライトが最後まで日本で帝国ホテル
    を見る事が無かった事が残念だ。
    こんなにも明治村で最も愛される建物になるとは
    ライトが知っていたらきっと感激するだろう。

  • 2019年7月西宮図書館

  • 大正時代に建てられた帝国ホテルライト館。
    その建設に関わった男達の熱い戦いを描く物語。

    予備知識なし。
    帝国ホテルは今の姿しか知らず、ライト館のような建物があったことも知らず、映像を調べ、その美しさに魅了されながら読み進めました。

    経営陣と現場の人間、建築家達の気持ちの食い違いや葛藤が興味深かったです。
    ライトと愛作が、最後まで関わることが出来ず、ライト館の勇姿を見ることもなかった可能性を考えると複雑な気持ちになります。
    後世に残るものを作ることの素晴らしさをしみじみ感じながらの読書でした。
    明治村に行き、移築されたライト館を見てみたいです。

  • GWに明治村で、帝国ホテルのファサードの移築されているのを見て興奮!したので、大変に興味のある内容だった。

    なんでこの正面玄関部分エリアだけの移築なのか、本当に勿体無いわ!と思っていたが、あれはある意味あるべき姿でいて、その部分だけでも残っていること自体とても意味のあることだったのだ。

    もう一回、明治村に行って見たら、また違う見え方があるんだろう。
    あー 犬山まで行かねばならない。

  • 明治村の帝国ホテル玄関を見たのは昭和54年。当時の彼女がぜひ見たいと言う事で行ったのだが、このような背景があったのか、というのがやっと理解できた。
    フランク・ロイド・ライトという妥協を許さない設計者とそれに応える職人達の努力の結晶であり、火事と関東大震災にも耐えたホテルだった。

  • 有名どころのいろんな方々が関わっていたんですね
    美しく物語は描かれていて読んでよかったーって思いましたが
    実際はちがっていたんでしょうね
    志なかばで去っていったライト氏が気の毒です

    生きた建築として保存活用されている建物もありますが
    ライト館は、過去の時代のものとして保存になってしまったんだなぁ
    明治村では過去の空気が流れていたよ
    それもいいのかな
    これからもずっと手を入れながらそこにあってほしいです

  • 初出2017〜18年の月刊「歴史街道」
    さすが植松三十里。感動の長編。

    大正年間に建設された帝国ホテルライト館は、外国人をもてなす日本の迎賓館とすべく、日本古美術商の山中商会ニューヨーク店の林愛作を支配人に引き抜き、日本美術に深い理解があるアメリカ人ロイドに設計を頼み、ロイドに深く傾倒し東大の建築科を出たばかりの遠藤新を助手にして多くの時間と資金を費やして進められた。

    大谷石がもてはやされるきっかけとなった石材のこだわり、黄色いレンガの特注の話も面白く、関東大震災を耐えた建物が、多くの日本人職人のプライドをかけたものであったことにも感動する。現在も評判の帝国ホテルのクリーニングの始まりのエピソードや、自由学園との係わりも面白い。

    明治村への移転話はおまけだが、大きな仕事へのリスペクトもすがすがしい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

歴史小説家

「2019年 『梅と水仙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植松三十里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小野寺 史宜
池井戸 潤
砥上 裕將
横山 秀夫
今村 昌弘
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×