「具体⇄抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問 (PHPビジネス新書)

著者 :
  • PHP研究所
4.06
  • (67)
  • (44)
  • (20)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 1517
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569845999

作品紹介・あらすじ

「具体」と「抽象」を往復することで、発想が豊かになり、コミュニケーション・ギャップも解消! そんな思考法をクイズとともに紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【感想】
    「抽象的<具体的」という考えを捨てよう!
    普段、「抽象的」というフレーズはえてして揶揄されるフレーズとして用いられる事が多いが、本書を読んでみて「具体と抽象」の両立がとても大切であるということだけは分かった。
    両立できなくては、どちらかに偏った考えや意見しかできないという事もすごく納得できた。
    考えの中に「抽象⇒具体⇒抽象」というサイクルを用いて、より明確化することの大切さが本書を通して理解できた気がする。

    ただ、文面が全体的に学術的で、少々読んでいて頭に入りにくかった・・・
    筆者の言葉を借りるのであれば、本書の内容はやや抽象的だったのかもしれない(笑)

    何とか理解はできたが、「具体と抽象」という軸を実践ベースで落とし込めるかどうかは、訓練が必要な気がする。
    読み応えのある1冊でした!


    【内容まとめ】
    1.そもそも抽象化とは?
    ごく少数の言葉や図形で森羅万象を説明すること。
    なるべくシンプルで、かつ多くのものを「一つの図で説明する」こと。

    2.具体的であることはわかりやすい反面、実は本当に大事なことを表現できない場面が往々にしてあります。
    「具体的はわかりやすく、抽象はわかりにくい」という一面的な見方だけを持つのはやめましょう。

    3.具体と抽象の行き来による問題解決
    「具体→抽象→具体」という抽象化と具体化を組み合わせた「根本的な問題解決」
    まずは現実の事象を具体的に捉え、それを一度抽象化して根本的課題を追求したのちに、その解決策を実践に導くために再度具体化をする。

    4.抽象化は「why」、具体化は「how」
    手段(具体の代表)と目的(抽象の代表)の関係を考えると、手段から目的を考えるのがwhyで、目的から手段を考えるのがhowです。



    【引用】
    p6
    ・そもそも抽象化とは?
    ごく少数の言葉や図形で森羅万象を説明すること。
    なるべくシンプルで、かつ多くのものを「一つの図で説明する」こと。


    p25
    ・「抽象的でわからない」は本当か?
    「具体と抽象」と言った時に誤解されているのが、抽象という言葉に対するイメージでしょう。
    ピカソやクレーといった画家の描く「抽象画」や、日常でよく聞くような「あの人の言っていることは抽象的すぎてわからない」など。
    いずれの場面でも共通するのは、「理解できない」ことの代名詞に「抽象」という言葉がなっていることです。
    確かに具体的であるものは、目に見えたり形になったりしているので、誰にも分かりやすいことは明らかです。

    ただ、本当にそれだけで良いのでしょうか?
    具体的であることはわかりやすい反面、実は本当に大事なことを表現できない場面が往々にしてあります。

    「具体的はわかりやすく、抽象はわかりにくい」という一面的な見方だけを持つのはやめましょう。


    p34★
    ・「具体→抽象→具体」という抽象化と具体化を組み合わせた「根本的な問題解決」
    具体と抽象の行き来による問題解決。
    まずは現実の事象を具体的に捉え、それを一度抽象化して根本的課題を追求したのちに、その解決策を実践に導くために再度具体化をする。


    p54
    知識社会自体が終わりを告げる可能性が出てきています。
    大きな影響を与えているのが、AIをはじめとするテクノロジーの飛躍的な発展です。
    言うまでもなく、単なる知識を詰め込み、情報量で勝負する世界であれば、人間より機械の方が勝っていることは明白です。

    「単に大量の事象を知っていること」の付加価値は急速に下落しており、人間の知的能力のあるべき姿について大きな問題提起がなされているのです。


    p121
    ・抽象化は「why」、具体化は「how」
    手段(具体の代表)と目的(抽象の代表)の関係を考えると、手段から目的を考えるのがwhyで、目的から手段を考えるのがhowです。


    p266
    本書で強調したいのは、「具体と抽象」という軸を私たちの考え方に組み込むと言うこと。
    コミュニケーションギャップが生じる原因は、「具体化や抽象化ができるかどうか」ではなく、そもそも「具体と抽象という視点を持てるかどうか」、そして「その中で今行われていることがどこなのか、その軸上にマッピングできるかどうか」ということ。

  • ワタシが敬愛する“書評家”楠木建が『戦略読書日記』や『室内生活』で繰り返し強調する「具体と抽象の往復」の意味するところが、実はいまひとつピンときていなかった。そこへ、そのものズバリのタイトルを持った本。書店で見かけて即買い。で、腹落ち。そして、これは本から本への正しいリレーの好例ではないかと独りごちた。

    独りよがりの前置きはさておき、やはり本書でも出てきた「試験問題には正解があるが、現実の問題には正解がないことがほとんど」という指摘。これは先日読んだ『答えより問いを探して』でも出てきた問題提起で、昨今では「AIにはできないこと」という文脈で多く取り上げられている点。本書でもイントロの部分で触れられている。
    AIとの生存競争を煽るようなビジネス本の惹句はいかがなものかと思うけれど、結果としていろいろな思考法に触れて自分の引き出しを充実させることができるのなら、この惹句に乗っかってみるのも悪くないかもしれない。

  • この本を一行で言うと、

    「具体と抽象の軸を持ち自分の頭で考えること」


    なぜこの本を読もうと思ったのか?

    1.著者の「具体と抽象」を読んだが、この本で問いに答えることで「具体と抽象」の思考力をさらに深めるトレーニングができるのではないかと思った。

    2.自分の頭で考えているつもりでも、具体化と抽象化の軸が定まらず、自分が今考えていることの抽象レベルもあやふやな現状があったので、この本でしっかり「具体と抽象」の考え方を身につけようと思った。

    3.インターネット・スマホ・SNSによる知的能力の「扁平化」によって、AIによって知的活動分野が乗っ取られないためにも、「具体と抽象」を軸とした考え方が必要だと思ったので。


    この本で何を学んだか?

    1.時代の安定期には、具体的な知識力の量がものを言っていたが、現在のような変革期には、抽象化能力が必要となっている。

    2.具体的なものしか見えていない人と、抽象化してメタレベルで見えている人との間には断絶があり、コミュニケーションの行き違いの原因となっている。

    3.「抽象化」とは「Whyを問うこと」で「具体化」とは「Howを問うこと」である。


    この本の読んで今後自分はどうするか?

    1.人より多い知識量がよしとされていた価値観に自分もそまっているため、ついネットで必要以上に情報を集めたり、より多く本を読もうとしてきたが、大事なのは知識量ではない。「人より知っていること」自体にはすでに価値がなく、いずれAI取ってかわられる。
    それよりも、抽象化していかに自分の頭で考えられることが大事だという認識ができた。
    多くの情報や本を求めるより、自分がどれだけ抽象化して考えられるか意識して知的活動をしていきたい。

    2.情報を得たり、人とコミュニケーションするとき自分と相手がどの抽象レベルにいるか常に意識することで、誤解や行き違いを避けて行こうと思う。

    3.「具体と抽象」の往復で自分なりの発想でアウトプットしていく。
    また、情報をインプットするときも「具体と抽象」のレベルを意識していく。

      

  • まさに読んでよかった一冊。日々のコミュニケーションの違和感なんかを払拭できると思う。具体と抽象概念に対してロジックツリーが多用されており、人によって言葉の定義や価値観が異なるものだと改めて認識することができた。とはいっても、人ごとにわかりやすく噛み砕いて説明すること自体が難しいのではあるが。今後もトレーニングを積み不毛な議論などせず、円滑なコミュニケーションを醸成していきたい。

  • 具体化すること、抽象化することが、良い悪いではない。両者を把握して行き来する事で本質的問題やコミュニケーションギャップを解決できると理解した。ただし抽象化は難しいので鍛える必要あり。そのトレーニングが本書にはある。

  • 「そうそう、わかるわ~」と感じさせてくれる本。

    他人とのコミュニケーションギャップや、
    総論賛成各論反対の仕組みに言及。

    「具体的か抽象的かは相対的に決まる。」
    「"本質"とは目的と経験に基づいた主観でしかない。」
    「具体と抽象の間にはマジックミラーの壁がある。
     (具体視点しかない人には抽象視点の世界は見えない)」

    上記のことを理解している人にとっては、
    本書は至極当然のことを語っている本であり、
    「なるほど!開眼した!」とはならない。
    ただし、私より格段に表現力のある著者が言語化することで、
    「こんな表現方法があったか」と学べる点は多かった。

    一方で、上記を理解していない人が本書を読んでも、
    「なるほど!開眼した!」となる可能性は、
    極めて低いんだろうなと感じていた。
    なぜなら、そこにはマジックミラーがあるから。

    つまり、本書が刺さる人は少ない(=本書の評価は高くない)
    と思いながら読み進めていたが・・・
    なんと!終盤ににそこまで著者は言及していた。
    "本書自身が「壮大な独り言」ともいえる"と。

    一般的に読書は一方的なコミュニケーションになりがちだけど、
    著者と会話(雑談)をしながら読み進められた気分で、
    楽しい時間を過ごせました。
    (今の私には見えないさらに抽象的な世界がある気もしますが・・・)

  • 【要約&感想】
    本書では「具体化することと抽象化すること」とはどうゆうことかを、日常生活のうえでイメージしやすいケースに置き換えて述べている。
    そこらじゅうで言われているが、今後の世界ではAIが発展していき、”何も考えずに働く仕事”をAIに奪われる。このような時代で生き残っていくには、自分で考える力が必要となる。
    本書では、「具体」と「抽象」に関して、たくさんの具体例が出てきたが重要だと思うことだけ抽出して要約する。
    「具体」とは、言われたことしかできないことを指す。言い換えると、AIやロボットでもできるようなことである。より詳細なもので、明確であり「HOW(どうやって)」を問う。どうやってやるかの方法論や手段である。単なる手段というものはたくさんある。つまりは「情報量の広さ」である。
    「抽象」とは俯瞰的に全体を見ることである。言い換えると「一言で表現できること」常に「WHY(なぜそうなるのか)」を問い続けて、目の前の物事に対する次元を上げていく。表面上から法則を発見し、1を聴いて、10を知ることができる人はこの「抽象化」が得意である。
    「抽象」を理解することは現状のみに基づいて考えるのではなく、目の前にあることの背景も把握して考えていく。メタ認知が大切だ。つまりは、「物事の深さ」をどれだけ理解できるかである。
    本書では、説明だけでなく、演習問題もついているので、自分なりの考えを引き出しながら読み進めていくことができる。そうすることによって頭の中で、よりわかりやすく落とし込むことができ、理解が深まる。自分なりの考えを生み出すことによって、考える癖を今後も付けていこう。
    本を読むときでも、自分だったらどう考えるのか、常に向き合う。
    「具体」と「抽象」に関しては、あらゆる事象に対してこれに置き換えることができる。

    【アクションプラン】
    目の前のことに対して、そのままを見ることに注意を払う。
    ちゃんと背景も理解し、把握する。SNS上での不毛な論争や誹謗中傷が繰り広げられているが、SNS上では自分の軸としている考えが異なる人が様々に存在する。その為、意見が食い違うことは当たり前なのだ。SNSでの不毛な論争には耳を傾けない。
    他にも、全く違う事象であっても、その2つの間には共通点や類似するものが存在するはずだ。考え方1つでものの見方は変化していくだろう。世の中に対して、「なぜ」そうなるのかを自分の中で納得いくまで落とし込んでいく。行動するにしても「なぜ」そのような行動を他人はするのかを考えて、他人と接するときこそ具体的に落とし込む。自分自身は一般的な目線で、俯瞰的に観察すればいい。

  • 前例(具体)→背景/理由(抽象)→新たな解決策(具体)を導き出せる質問はwhyだけ。

  • 目的から考える、虫の目・鳥の目のような話と同じ話です。ただ、具体的でとても分かり易いです。

    誰にも「あの人は言われたことしかやらない」と不満を持った経験があると思いますが、それも相手と期待値がズレている証拠と思います。

  • 『「仕事ができる」とはどういうことか』を読んだ流れで読んでみた。
    『ジョブ理論』とか『イシュードリブン』とかで言われてるようなことを実践する上で参考になると思った。つまり、課題の発見とか抽出を行う上で参考になると思った。『メモの魔力』で少し言及されていたことを詳しく解説してもらえた感じ。
    座標軸って大事なんだなと思った。あと、DoubRing、折り曲げの法則も意識してみようと思った。

全66件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ほそやいさお
1964年、神奈川県生まれ。東京大学工学部卒業後、東芝でエンジニアとして勤務後、アーンスト&ヤング・コンサルティング(クニエの前身)に入社、ビジネスコンサルタントの世界へ。2009年よりクニエのマネージングディレクター、2012年より同社コンサルティングフェロー。現在は問題解決や思考に関する講演やセミナーを国内外の大学や企業などに対して実施している。 『地頭力を鍛える』(東洋経済新報社)、『具体と抽象』(dZERO)、『メタ思考トレーニング』(PHPビジネス新書)などベストセラー多数。

「2020年 『問題発見力を鍛える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細谷功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
メンタリストDa...
出口 治明
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

「具体⇄抽象」トレーニング 思考力が飛躍的にアップする29問 (PHPビジネス新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×