鉄道会社はどう生き残るか (PHPビジネス新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.00
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 54
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569852508

作品紹介・あらすじ

人口減少によって経営の悪化が確実視されていた鉄道事業は、コロナ禍によって大きな追い打ちを受けた。鉄道会社が生き残る道とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もっと今の鉄道会社の生き残りのための色々な施策や技術の話かと思ったけど、歴史なぞるだけだった印象。
    イギリスの鉄道運営の話はへぇーってなったけど、それぐらいしか面白い話なかったかな。

  • 鉄道会社の生き残り方を学ぶには少し物足りなさがあり、もう少し最新の鉄道会社の多角化についても触れてほしかった。一方で、海外含めた鉄道事業の成り立ちを学ぶには良い本だと感じた。

  • 第1章 地方鉄道が生き残る道はどこにあるのか/第2章 新型コロナの衝撃を乗り越えろ!/第3章 コロナ禍前から将来へと続くトレンド/第4章 ヨーロッパで起こった鉄道事業の新自由主義化/第5章 規制緩和の波が日本へ/第6章 これからの鉄道網ー経済の起爆剤になるか/第7章 鉄道をめぐるあらたな政策課題/第8章 日本の鉄道会社を支える「小林一三モデル」

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1956年、東京都江戸川区生まれ。亜細亜大学講師、一般社団法人交通環境整備ネットワーク相談役・会長、NPO法人全国鉄道利用者会議(鉄道サポーターズネットワーク)顧問、公益事業学会、日本交通学会会員。専攻・交通政策論、日本産業論。「鉄道ジャーナル」に論考を執筆するほか、著書に『鉄道会社の経営』『新幹線の歴史』『通勤電車のはなし』『鉄道と政治』(中公新書)、『JR北海道の危機』『JR九州の光と影』(イースト新書)、『鉄道会社はどう生き残るか』(PHPビジネス新書)などがある。

「2023年 『日本のローカル線 150年全史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤信之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×