北条義時 「武士の世」を創った男 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.35
  • (3)
  • (2)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569901329

作品紹介・あらすじ

2022年、大河ドラマの主人公、北条義時。伊豆の田舎侍が、幕府の為政者となるまでの成長と葛藤を描く。義時は独裁者? 戦を終わらせた英雄?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 良い。
    野蛮な時代。誰でも明日の命を保証されない。目まぐるしく主権者が変わる。この時代に生き残った北条はすごい。

  • 鎌倉幕府は、正式に権力を持つのは、執権政治になってからとわかった!

  • 2022/3/10 読了
     北条義時の生涯の主だった事件や転機を小説仕立てでわかりやすく描いている。突出した才能があるわけでもない義時が権力闘争を生き残り、承久の乱を制して北条の執権政治を確立できた理由は???平均的な人間で敵を作らないことが
    良かったのかどうなのかわからない。

  • 義時が来年の大河のメインらしい?ので読んでみました。
    源平ものは見る機会が多いものの、実朝以降のことはよく知らずあやふやでしたが、実朝から北条執権への政治の移り変わりが概ね腑に落ちました。

  • ◎青年知将で書かれていていいですね。承久の乱がもう少し欲しかった。

  • 初の武家政権を作り上げた執権北条義時の生涯。

  • 来年の大河ドラマらしいので興味本位。
    鎌倉幕府の初期、武士の政治の基礎を築いたとされる北条義時が主人公。
    源頼朝、頼家、実朝の知識は教科書レベルだったため改めて学んだ感じ。思った以上にドス黒い陰謀が多いのでドラマらしくなりそう。また陰謀の中に局も加担してるので豪華なキャストになるだろうなと。
    小説としては主人公が真面目というか堅苦しくてウソくさい。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

作家

「2022年 『若武者 徳川家康』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶋津義忠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×