かいじゅうたちのいるところ

制作 : じんぐう てるお  Maurice Sendak 
  • 冨山房
3.95
  • (482)
  • (289)
  • (439)
  • (41)
  • (6)
本棚登録 : 3236
レビュー : 446
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784572002150

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢オチ
    娘は大好き
    絵の異国情緒

  • 不思議な 絵本だ…(^o^;) どういう風に 解釈してよいか 分からない!?

  • 読み聞かせに最高であって、読み込みにも最高。

  • イマイチ

  • 絵本ガイドでのサムネイル画像で気に入ったらしく、「かいじゅう、かいじゅう」と借りてこいコール。そこそこ気に入った様子。男子~

  • 幼稚園で読んでもらったと家で話していた本。園の事は興味が向かないと「わからない」と言って話さないので、印象深い絵本だったようだ。

  • 多分幼い頃も読んだんだけど、全く内容覚えてなかった。
    最近読んでみたけど、いまいち大した話じゃない。。記憶に残らなかったはずだ。
    主人公が反省しないのと、親が簡単に子供を許すのが、少し不愉快。

  • 2013/7/5 中休み HIR
    2015/4/28 1年生朝
    2016/4/19 朝1年生

  • 濃密な子どもの時間を扱っている。家庭回帰とだけ読むのはもったいない。

  • よく分からなかった(;´∀`)大人版の本も間違えて図書館で予約して手元にあるので、読んでみよ。

全446件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

モーリス・センダック Maurice Sendak (1928─2012)
アメリカ、ニューヨーク州生まれ。従来の絵本の枠組みを広げる多くの優れた作品を生みだした20世紀を代表する絵本作家。『かいじゅうたちのいるところ』でコルデコット賞、本書『父さんがかえる日まで』で全米図書賞を受賞。作品に『まよなかのだいどころ』『ロージーちゃんのひみつ』『ふふふん へへへん ぽん!』など多数。業績に対して、国際アンデルセン賞画家賞、ローラ・インガルス・ワイルダー賞、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞などが贈られている。

「2019年 『父さんがかえる日まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

モーリス・センダックの作品

ツイートする