賢者のおくりもの

制作 : リスベート・ツヴェルガー  矢川 澄子 
  • 冨山房
4.26
  • (39)
  • (14)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 250
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784572002778

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大切な人の為には自己犠牲も厭わないという人を、
    ‘賢者’と表現することには少々違和感を覚える。
    ではどう表現すればいいかと考えると、良い日本語訳は浮かんでこない。

    それを単純に言葉の壁と言ってしまえるのかわからないけど、
    同作品の訳者を変えて何冊か読んでみたら
    やはり訳し方で読了感はかなり変わったものになった。

    個人的にはこの作品よりも、作者の経歴に興味がわいてしまった。

  • 某漫画に出てきたのを図書館でふと思い出して・・・。(笑

    あらすじは知ってましたが、

    ちゃんと読んだ事がなかったので改めて読んでみました。

    お互いがお互いを思いやってすれ違うのが

    何とも言えないです。

    何年かして読むと考え方がかわって、

    また違った感想になりそうです。

  • なるほど、と思った。経済的に貧窮しているのに、それでも愛する人にプレゼントを贈りたいという気持ちが美しいと思った。自分の一番大切にしているものを失ってまで相手へのプレゼントにしてしまう。私にはできそうにないので、びっくりした。

  • リスベート・ツヴェルガーの挿絵が本当に綺麗です。繊細な線と色使いにほれぼれします。

  • お金のない夫婦が自分の大切なモノを売って相手のクリスマスプレゼントを買うあのお話。とても心温まる一作。

  • ツヴェルガーは大好きな絵描きの1人です。繊細で緻密な絵。この絵本は原画の再現性が高いので好き。

オー・ヘンリーの作品

ツイートする