星のふる夜に When Stardust Falls…

著者 :
  • 冨山房
3.64
  • (5)
  • (10)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 98
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784572003324

作品紹介・あらすじ

深い森のなかに、親子のシカが住んでいました。ある晩、子ジカが流れ星を追いかけて、見知らぬ世界に迷いこみます。それは、一夜の出来事とは思えないくらいふしぎな冒険でした。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 深い森の中に、親子のシカが住んでいました。ある晩、子ジカが流れ星を追いかけて、見知らぬ世界に迷い込みます。それは、一夜の出来事とは思えないくらい、不思議な冒険でした・・・ ★この後、ストーリに文字はありません 絵だけでも、じーんとしちゃった!夜空いちめんに、星いっぱい!そこに、ひとつの流れ星☆森の中を、とぼとぼ寂しそうに 歩く背中の、哀愁が、文字がなくとも、絵だけでびんびんに、小ジカの気持ち伝わってくる!/★すごい絵本です☆おススメ!

  • 文字のない絵本。

    水面に映る星々や、夜明けの朝焼けの森…
    絵が美しく、見入ってしまう。

  • 滝の絵で有名な千住博さん。
    これは、文字のない絵だけの絵本。

    『深い森のなかに、親子のシカが住んでいました。ある晩、子ジカが流れ星を追いかけて、見知らぬ世界に迷いこみます。それは、一夜の出来事とは思えないくらいふしぎな冒険でした………』

    小さく、子ジカが今いる場所の地図も描かれているので、なんとなく応援をしたくなる。
    心細いよね、そこ。。
    寂しいよね、そこ。。
    頑張れ、もう少しだよ。
    よかったね。。

    絵を眺めながら、色々なストーリーが浮かぶ。

    ふと、見覚えのある絵に気づく。
    数年前に千住博美術館で見た絵だと思い出す。
    あー、この原画を見ていたのかー。。と、なんとなく嬉しい気分になった。

  • 千住博美術館は美術館そのものが作品と一体化していて、しかも軽井沢のイメージとも一体化したアートな空間でした。ここで、絵本「星のふる夜に」を原画で見ることができます。贅沢です♪ 千住はイマジネーションのある絵本を作りたかったそうですが、言葉のない絵本です。言葉で伝える必要のない感動が、そこにはありました。

  • 水面の線が消える幻想的な夜。戸張が明けてほのかに山吹色に変わってゆく色彩の美しさ。

  • 文字のない絵本。


    絵が心にじーんとしみいります。

  •  世界で活躍している画家の千住博氏が描いた絵本。

     文字が一切ない。すべて絵だけで構成されている。描き手のイマジネーションをどう受けとるかは受け手のイマジネーションに委ねられている。


    一応ストーリーはある。森に棲む小鹿が川沿いを下って行くうちに家族とはぐれ、人間の住む街へ迷い込んでしまう。しかし、また上流へ遡るうちに家族と無事に再会するというもの。


     この鹿が、どういう気持ちで川を下り、街中で彷徨ったのか。それも受け手の想像に委ねられる。不安そうであるけれども、もしかしたらワクワクしていたかのかもしれない。家族のもとに戻った時に、もう遠出はこりごりだと思ったかもしれないし、また行ってみたいと思ったかもしれない。どう受けとってもいい。


     軽井沢の千住博美術館には原画が展示されている。滝の絵で有名な千住氏だが、この絵本の原画も素晴らしい。
     
     表紙の絵を見てもらえばわかる。夜空の星の瞬きが湖面に鏡像として映り、天地の境を消している。湖畔で佇む小鹿の寄る辺のない心象風景が美しく描かれている。
     それに引き換え街中の描写は、高層建築の並ぶ近代都市のように見えるが、どこか寂れている雰囲気で、客足の遠のいた温泉街のようだ。静寂な森の美しさと、近代都市の殺伐さが対比されている。(と自分が感じるというだけで、どう感じるかはもちろん自由)


     自分ごときがぐだぐだ書いてもたぶん作品の良さは伝わらないから、ぜひ原画を見て欲しいと思う。


     絵本とは関係ないが、美術館の設計はルーブル別館や金沢21世紀美術館の設計をした、世界的に有名な建築ユニットSANAAの西沢氏が担当した。建物自体も美術品には天敵である自然光を取り入れた、いい意味で非常識なもので、美術作品としても大変素晴らしいので、こちらもぜひ見てもらいたい。 
     

  • まぁまぁかなぁ

  • きれい。
    シーンとする。

  • 私は基本的に絵本は読みませんが、この絵本は素敵です。中でも私の一番好きな絵は、水面に映る星空を見つめる水辺に佇むシカの構図のページです。あっ、要するに「表紙と同じ絵」というのがわかりやすい説明でした。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。82年東京藝術大学美術学部卒業。87年東京藝術大学大学院博士課程修了。ヴェネツィア・ビエンナーレで東洋人初の名誉賞受賞。大徳寺聚光院の襖絵、羽田空港第二ターミナルの壁画、APEC JAPAN2010の会場構成など。革新的な日本画が国際的な評価を得ている。

「2015年 『千住博全版画カタログレゾネ1988-2015』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千住博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
ばーじにあ・りー...
ジョン・クラッセ...
ユリー・シュルヴ...
ビバリー ドノフ...
ガブリエル バン...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×