3びきのかわいいオオカミ

制作 : ヘレン オクセンバリー  Eugene Trivizas  Helen Oxenbury  こだま ともこ 
  • 冨山房
4.20
  • (156)
  • (124)
  • (71)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 985
レビュー : 183
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784572003331

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オオカミの優しさが、悪いブタさんの心を変えるのね…というお話。なんと寛容なオオカミたちなんでしょうか。尊敬。

  • 「ふうーっとふいて、ぷうーっとふいて」3びきのこぶたと同じ文句。パロディだよね。声に出して読むとリズムがあって面白い。終わり方もなかなか、おもしろい。

  • 「3びきの子ぶた」のパロディ・オオカミバージョン。
    途中まで容赦なく家をぶち壊すブタが怖い。
    過剰に守れば守るほど、より強固に破壊されるという過剰防衛に対する皮肉にも満ちている。
    「3匹の子ぶた」をよく理解している年齢以上の子供が読むことをおすすめします。

  • お馴染み「三匹のこぶた」の逆転版。ただ単に役割を入れ替えただけでなく、ストーリーも一味違います。本家「三匹のこぶた」も教訓的でいいけれど、こちらの結末の方が私としては平和的で好みです。『オオカミ=悪者』という先入観を忘れさせてくれます。

  • ぶたがとことん悪いヤツでびっくり!!
    そして、衝撃のラストにびっくり!!!

  • 有名な3びきのこぶたとは真逆のお話。3びきのかわいいオオカミが悪いおおぶたから逃げるため知恵を振り絞っておうちを作ります。3びきのこぶたとは異なるラストシーンは必見です。(ゆっきー)

  • 大好きな絵本の中の1冊です。
    かわいい三匹のオオカミとわるいブタの話。
    せっかく頑丈な家を作るのにとんでもない方法で破壊するブタの悪役っぷりに子どもだけでなく大人も笑ってしまうと思います。
    同じ文章を何度か繰り返しているんですが、その中でも
    「わるいのなんのって もう とんでもない わるブタ」
    というのが何度読んでも笑ってしまいます。
    タイトル通り、オオカミはとても可愛くて、三匹で仲良く遊んでいる様子もオオカミとは思えない可愛さです。
    ちょっと古いですが、オススメの絵本です。

  • タイトルのとおり、「三びきのこぶた」の逆転版。
    しかも、おおかみ、もとい、ぶたは
    「それはないだろう」という家の壊し方。
    そしてエンディングは…。
    大人でも子どもでも楽しめそうです。

  • 愉快で笑える本ですが、最後はこんなことでわかりあえちゃうところが深いです。

  • 5歳娘と9歳息子に読み聞かせ。

    昔話の悪い狼を知る前に、羽村動物園のかわいらしいオオカミを知っていた息子は、幼い頃、怖い狼が出てくるおはなしを初めて読んだときショックを受けてたなぁ、と思い出したよ。

    はむどうのオオカミも、おっきなわんこって感じで、優しい目をしていて、おっとりしていて、ほんとにかわいいけど、この3匹のオオカミもほんとにかわいらしい。
    黒いのなんてうちの真っ黒わんこそっくり!

    3匹のこぶたのおはなしの真逆で、豚が悪者。しかも、3匹のこぶたの悪いオオカミよりも何倍も悪いやつ。極悪非道。レンガのおうちもぶっこわす!

    だけど、最後は、優しい気持ちになってハッピーエンド。
    オオカミたちも、ブタを退治したりしない。ほんとにいいおはなしでした。

全183件中 21 - 30件を表示

3びきのかわいいオオカミのその他の作品

3びきのかわいいオオカミ (大型しかけえほん) 大型本 3びきのかわいいオオカミ (大型しかけえほん) ユージーン・トリビザス

ユージーン・トリビザスの作品

ツイートする