フォークナー全集 16 行け、モーセ

  • 冨山房
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (465ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784572008121

作品紹介・あらすじ

対黒人問題、荒野という2つのテーマを持つ7つの短篇から成り、最初の6篇はマッキャスリン家の三代目アイクを主人公にし、最後の1篇は、1人の黒人を主人公にした物語である。全体の中核をなすのは「熊」で、黒人に対する過去の罪悪と、現実の頽廃に目覚めたアイクは、荒野の美徳の体現者として、黒人問題に対決する。黒人に対する不正と荒野の消滅という南部社会の縮図がマッキャスリン一族の変遷を通して描かれる、20世紀短編小説の最傑作である。

ウィリアム・フォークナーの作品

フォークナー全集 16 行け、モーセを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする